田本 健一

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/21 23:37
 
アバター
研究者氏名
田本 健一
 
タモト ケンイチ
eメール
tamotovega.aichi-u.ac.jp
URL
http://taweb.aichi-u.ac.jp/tamoto/
所属
愛知大学
部署
国際コミュニケーション学部 英語学科(元言語コミュニケーション学科)
職名
教授
学位
文学修士(上智大学), 博士(文学)(上智大学)
科研費研究者番号
40163703

プロフィール

都留文科大学では、三上泰永先生に伝統文法を徹底して教わりました。卒業論文はA Study of Adverbialsでした。早稲田の専攻科では、特に英語史に興味を持つようになりました。私立柏日体高校で初めて教壇に立ちました。英語の先生というより、少林寺拳法の先生といった感じでした。都立竹の台高校に移った時は、同時に上智大学で大学院生として研究することになりました。指導教授は生地竹郎先生で、Chaucerの関係代名詞構文について修士論文を書きました。終了する前に生地先生が他界されたことは、大変なショックでした。渡部昇一先生がありがたくも、指導を引き継いでくださいました。急遽、授業に出るためにドイツ語を独学することになりました。修士論文はぎりぎりの4年間で書き上げ、なんとか終了できました。それから一年後、秋田の聖霊女子短期大学に専任講師として赴任することになりました。4年間の赴任期間でしたが、キリスト教について肌で学んだような気がします。そして、御縁がありまして、愛知大学に着任することとなり、現在に至っております。英語の教科書をもって、教壇に立つこと、今年で45年になります。愛知大学には述べ3年間のオクスフォード大学での研究の機会を与えていただき感謝の至りです。オクスフォード留学を機に、古期英語の文献を研究するようになりました。Prof. Malcolm Goddenには、tutorialまでしていただき、Anglo-Saxon studiesを一から教えていただきました。Doctral Dissertationに着手し始めたのはこの頃からでした。それはまた、写本研究へも繋がってきました。Bodleian Library MS Auctarium D.2.19, 通称Macregol Gospels,またはRushworth Gospelsという写本のprinted edition作成に取りかかることになりました。Prof. Godden, Dr. R. Jayatilaka, 並びに図書館のDr Barker-BenfieldやDr Kaufmannという方々のおかげさまで、2013年5月15日、John Benjamins社から出版できました。今、そのglossary作成に取り組んでおります。一方で日本の神話にも興味があり、古事記を勉強しております。日本にくる留学生に日本文化の一面を英語で紹介できればと思っております。もうすぐ69歳になります。まだまだやることがあると思っております。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
現在
- 愛知大学 教授
 
1997年4月
 - 
現在
- Aichi University, Professor
 
1988年4月
 - 
1997年3月
愛知大学 助教授
 
1988年4月
 - 
1997年3月
Aichi University, Associate Professor
 
1987年4月
 - 
1988年3月
愛知大学 講師
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2008年2月
オックスフォード大学 英語文学部 
 
1993年7月
 - 
1994年7月
オクスフォード大学 キャンピオン・ホール 
 
1992年7月
 - 
1993年6月
オクスフォード大学 英語文学部 
 
1978年4月
 - 
1982年3月
上智大学 文学研究科 英米文学
 
1978年4月
 - 
1982年3月
Sophia University Graduate School, Division of Letters 
 

委員歴

 
2015年11月
 - 
現在
愛知大学  常務理事・副学長(教学担当)
 
2015年4月
 - 
2015年11月
愛知大学国際交流センター  所長
 
2014年4月
 - 
2015年11月
学校法人愛知大学  評議会委員
 
2014年4月
 - 
2016年8月
日本私立大学連盟  国際連携委員会副委員長
 
2010年4月
 - 
2015年11月
学校法人愛知大学  常務理事補佐
 

論文

 
Vocabulary Acquisition--English Place-Names; Britain, England and UK (2)
田本 健一
愛知大学語学教育研究室紀要『言語と文化』   (39) 1-22   2018年7月   [査読有り]
Palaeographical Researches into the Macregol Gospels: The Scribe of Folio 126r, Marginal Notes and Drawings
田本 健一
The Pleasure of English Language and Literature   347-360   2018年   [査読有り][招待有り]
Vocabulary Acquisition--English Place-Names: Britain, England and UK (1)
田本 健一
愛知大学語学教育研究室「言語と文化」   (37) 21-38   2017年7月   [査読有り]
中世前期極彩色写本ーヒベルノ・サクソン写本の系譜ー
田本 健一
ことばを考える   (7) 55-76   2015年3月   [査読有り]
Originality and Boldness of Farman the Glossator of the Rushworth Gospels
田本 健一
FOCUS(愛知大学英米文学研究会会誌)   (23) 55-67   2012年8月
学生国際交流
田本 健一
『大学時報』, 日本私立大学連盟   (336) 48-53   2011年1月   [査読有り][招待有り]
Manuscript Culture in Anglo-Saxon England
愛知大学英米文学研究会FOCUS   (22) 87-106   2009年
Manuscript Culture in Anglo-Saxon England
Kenichi Tamoto
FOCUS (A Bulletin of the Society of English and American Literature, Aichi University)   (22) 87-106   2009年
MS Junius 76 (S.C.5187)
Literary Symposium: The Bulletin of the Literary Association, Aichi University   (137) 198-218   2008年   [査読有り]
Cultural or Social Knowledge as an Instrument for Language Acquisition
Civilization 21: The Bulletin of the Association for International Communication, Aichi University   (20) 41-55   2008年   [査読有り]
Is There Any Special Type of English?
Language and Culture: The Bulletin of the Institute for Language Education, Aichi University   (19) 21-40   2008年   [査読有り]
Is There Any Special Type of Eng;ish?
愛知大学語学教育研究室「言語と文化」   (19) 21-40   2008年
Cultural or Social Knowledge as an Instrument for Language Acquisition
愛知大学国際コミュニケーション学会編『文明21』   (20) 41-55   2008年   [査読有り]
Reading at Duke Humfrey's Library
愛知大学英米文学研究会編FOCUS   (21) 54-72   2008年
MS Junius 76 (S.C.5187)
Kenichi Tamoto
愛知大学文学論叢   (137) 198-218   2008年   [査読有り]
MS Auct D 2 19 and MS Junius 76
SOUNDINGS Newsletter, published by Soundings English Literary Association   56   2007年
Sectional Survey of Language Communication and Its Studies
Kenichi Tamoto (ed.)
Civilization 21 (Special Edition): The Bulletin of the Association for International Communication, Aichi University   1-20   2007年   [査読有り]
MS Auct D 2 19 and MS Junius 76
Kenichi Tamoto
SOUNDINGS Newsletter (東京:サウンディングズ英語英米文学会委事務局)   (56)    2007年   [査読有り]
Importance of Researches into Personal Names
愛知大学国際コミュニケーション学会編『文明21』   (18) 39-52   2007年
Sectional Surveys of Language Communication and Its Studies
Kenichi Tamoto
Civilization 21 (Special Edition) (The Association for International Communication, Aichi University)   1-20   2007年   [査読有り]
Three Days at Blackwell's, Oxford
田本健一
FOCUS Association English and American Literature, Aichi University   (20) 49-64   2007年
"Oil Lamp; Philological Research and Study" in Aichi University Folk Utensil Exhibition Room Research Report
田本 健一
   2006年   [招待有り]
アングロ・サクソン時代の文献学
田本健一
『ことばを考える 5』、愛知大学言語学談話会、(愛知: 株式会社あるむ)    (5) 185-208   2006年7月   [査読有り][招待有り]
Oil Lamp:文献学的調査・考察
田本健一
愛知大学民具陳列室「研究報告」第一輯、オイルランプとサモワール一生成と伝播をめぐる文化人類学的研究 (愛知:愛知大学フォークライフ研究会)   (1) 41-78   2006年
Is Language Communication Beneficial for Tourists?
Kenichi Tamoto
『FOCUS』(愛知:愛知大学英米文学研究会 2006)   (19) 44-72   2006年
English Studies
Kenichi Tamoto
愛知大学英米文学研究会FOCUS   (18) 109-185   2005年
Communication Gaps Found or Experienced in London
田本 健一
『文明21』、愛知大学国際コミュニケーション学会   (13) 141-146   2004年12月   [査読有り]
The Old English hagusteald as the First Element of the Place-Names Hexham and Hestercombe
Literary Syposium: The Bulletin of the Literary Association, Aichi Universiy   (129) 110-30   2004年   [査読有り]
The Old English hagusteald as the First Element of the Place-Names "Hexham" and "Hestercombe"
The Bulletin of the Literary Association, Aichi Unioversity   129, 110-130    2004年   [査読有り]
Merits of Reading Greek and Latin Classics in English Translation
FOCUS: A Jounal of the Society for the Study of English and American Literature, Aichi University   (17) 1-17   2003年
Language, Culture and Communication
Civilization 21   10, 61-72    2003年   [査読有り]
Merits of Reading Greek and Latin Classics in English Translation
愛知大学英米文学研究会『FOCUS』   17, 1-17    2003年
Language, Culture and Communication
愛知大学国際コミュニケーション学会『文明21』   10, 61-72    2003年   [査読有り]
The Old English Words for the Concepts "Virgin" and "Virginity"
Civilization 21   (4) 75-87   2000年   [査読有り]
Semasiological Development of the OE ┣DBhagosteald(/)-┫DB (2)
Literary Symposium   (122) 166-178   2000年   [査読有り]
THE OLD ENGLISH WORDS RENDERING ┣DBVIRGO(/)-┫DB, ┣DBVIRGINITAS(/)-┫DB AND ┣DBPUELLA(/)-┫DB IN THE ANGLO-SAXON GOSPELS : Their Semasiological Background in Anglo-Saxon Literature
Ph. D. Dissertation, Sophia University   xii+799+41   2000年   [査読有り]
Semasiological Development of the OE ┣DBhagosteald(/)-┫DB (2)
愛知大学文学会『文学論叢』   (122) 166-178   2000年   [査読有り]
Semasiological Development of the OE ┣DBhagosteald(/)-┫DB (1)
愛知大学国際コミュニケーション学会編『文明21』   (5) 47-59   2000年   [査読有り]
The OE Glosses for ┣DBvirgo(/)-┫DB and ┣DBvirginitas(/)-┫DB in the Lindisforne and Rushworth Gospels
愛知大学語学教育研究室編『言語と文化』   (3) 1-13   2000年   [査読有り]
The Old English Words for the Concepts "Virgin" and "Virginity"
愛知大学国際コミュニケーション学会編『文明21』   (4) 75-87   2000年   [査読有り]
The Editions of the Lindisfarne Gospels―Henshal's Edition of 1807
Kenichi Tamoto
イギリス国学協会編ASTERISK      1999年   [査読有り]
Crosscultural Background of Anglo-Saxon Society -(]E83A5[)lfric's Rendition-
Civilization 21 (Aichi Univ.)   (1) 1-10   1998年   [査読有り]
Crosscultural Background of Anglo-Saxon Society -(]E83A5[)lfric's Rendition-
愛知大学国際コミュニケーション学会編『文明21』   (1) 1-10   1998年
Archaeological Findings Related to the Accounts about "Reading" in Anglo-Saxon Documents
Bulletin of General Education, Aichi Univ.   (12) 1-8   1997年
"Children's Literature-The World of Beatrix Potter"-a lecture delivered by Professor Julia Briggs-
Bulletin of Institute for Language Education   (24) 107-119   1997年
The Editions of the Lindisfarne Gospels : Astle's Facsimiles of 1803(1st ed. 1784)
Asterisk   VI(2) 1-5   1997年   [査読有り]
"Hexham Road in the City of Reading-┣DBHexham(/)-┫DB Derived from AngloSsaxon ┣DBHagustaldesham(/)-┫DB-
Literary Symposium   (115) 149-156   1997年   [査読有り]
The Editions of the Lindisfarne Gospels―Astle’s Facsimiles of 1803 (1st ed. 1784)
Kenichi Tamoto
イギリス国学協会ASTERISK      1997年   [査読有り]
"Hexham Road in the City of Reading-┣DBHexham(/)-┫DB Derived from Anglo-saxon ┣DBHagustaldesham(/)-┫DB-
愛知大学文学会『文学論叢』   (115) 149-156   1997年
"Children's Literature-The World of Beatrix Potter"-a lecture delivered by Professor Julia Briggs-
愛知大学外語研紀要   (24) 107-119   1997年
Archaeological Findings Related to the Accounts about "Reading" in Anglo-Saxon Documents
愛知大学教養部『一般教育論集』   (12) 1-8   1997年
Editions of the Lindisfarne Gospels-Introductory Survey of the Manuscript-
Asterisk   V(4) 227-248   1996年   [査読有り]
┣DBLilia(/)-┫DB Not Mentioned in (]J0901[) lfric's Homily on Judith
Literary Symposium   (112) 113,192-204   1996年   [査読有り]
Editions of the Lindisfarne Gospels―Introductory Survey of the Manuscript
Kenichi Tamoto
イギリス国学協会編ASTERISK      1996年   [査読有り]
┣DBLilia(/)-┫DB Not Mentioned in (]J0901[) lfric's Homily on Judith
愛知大学文学会『文学論叢』   (112) 113,192-204   1996年
An Essay from "Reading"
愛知大学英文会『愛知大学英文会文集』   155-164   1996年
Passages Rendered "on ure wisen" in AE1fric's Homily on Judith
愛知大学大学会『文学論叢』   (111) 59-74   1996年
Japanese Studies in England
愛知大学外語研紀要   (20) 123-132   1995年
英国における日本及び日本語の研究(共著)
外語研紀要(愛知大学外国語研究室)   (20) 123-132   1995年   [査読有り]
1992年“Yield Hall ―A Variant of Guildhall”
Kenichi Tamoto
愛知大学英米文学研究会FOCUS   (14)    1992年
Orthographical or Phonological Differences among MSS of Chaucer's ┣DBBD(/)-┫DB and ┣DBPF(/)-┫DB(1)Spellings of ┣DBthor(o)gh(/)-┫DB
Literary Symposium (Literary Association, Aichi University)   (86)    1987年
Orthographical or Phonological Differences among MSS of Chaucer's ┣DBBD(/)-┫DB and ┣DBPF(/)-┫DB(1)Spellings of ┣DBthor(o)gh(/)-┫DB
愛知大学文学会『文学論叢』   (86)    1987年   [査読有り]
┣DBP(/)-┫DB and ┣DBth(/)-┫DB in Manuscript Tanner 346
SOUNDINGS   (11)    1985年
Variations of the Words with ┣DBth(/)-┫DB in the Manuscripts of Chaucer's Works
Sophia English Studies   (10)    1985年
The Graphemes ┣DBth(/)-┫DB and ┣DBP(/)-┫DB in Thynne's Edition
Bulletin of Seirei Women's Junior College   (13)    1985年
The Graphemes ┣DBth(/)-┫DB and ┣DBP(/)-┫DB in Thynne's Edition
聖霊女子短期大学紀要   (13)    1985年
Variations of the Words with ┣DBth(/)-┫DB in the Manuscripts of Chaucer's Works
上智英語文学研究   (10)    1985年   [査読有り]
Restrictive and Non-restrictive Relative Clauses in ┣DBthe Canterbury Tales(/)-┫DB
Sophia English Studies   (7)    1982年
Restrictive and Non-restrictive Relative Clauses in ┣DBthe Canterbury Tales(/)-┫DB
上智英語文学研究   (7)    1982年   [査読有り]
The definite relatives that, which and who in Chaucer's Canterbury Tales
上智大学修士論文      1982年   [査読有り]
「カンタベリ物語」における関係詞節の二用法
上智英語文学研究   (7)    1982年   [査読有り]

Misc

 
The Faculty of International Communication: Foundation in 1998, Relocation in 2012 and Future Prospects
田本 健一
Civilization 21   (Special Number) 2-2   2018年11月   [依頼有り]
The Faculty of International Communication: Foundation in 1998, Relocation in 2012 and Future Prospectiveness
田本 健一
文明 21      2018年   [査読有り][依頼有り]
We Will Never Forget
田本 健一
文明 21   (Special Number) 10-10   2018年11月
My Work in These 20 Years
田本 健一
文明 21   (Special Number) 45-46   2018年
アングロ・サクソン法を古期英語で読む
田本 健一
Aichi University Lingua   (11) 3-4   2017年12月
恩師・渡部昇一先生
田本 健一
Soundings   (43) 7-8   2017年10月   [依頼有り]
知的付き合い上手
田本 健一
Asterisk   XXVI(1) 44-45   2017年9月   [依頼有り]
『天地創造』をメインに三本立て
田本 健一
Aichi University Lingua   (10) 2-3   2017年7月   [依頼有り]
英米・国名都市名物語
田本 健一
Mikawa Navi: 東三河懇話会会報誌   (74) 14-15   2017年4月
ピーター・ラビットとビアトリクス・ポターの世界
田本 健一
Lingua   (9) 1-2   2016年12月   [査読有り][依頼有り]
外国語学習の醍醐味―我が語学学習の遍歴―
田本 健一
Lingua   (8) 8-9   2016年7月
『リンディスファーン福音書』英国八世紀初頭の極彩色写本
田本 健一
『韋編』、愛知大学図書館報   (36) 3-4   2009年11月   [依頼有り]
私の推薦する図書小坂井澄著『人間の分際』
田本 健一
『韋編』、愛知大学図書館報   (35) 10-11   2008年11月   [依頼有り]
Good-bye, Professor Uchida
Civilization 21   10, 1-2    2003年   [依頼有り]
Professor Kimura's Comprehensive Researches in English Linguistics
Language and Culture (Aichi Univ.)   (4) 15-16   2000年   [依頼有り]
BedeとAldhelm
サウンディングズ英語英文学会   (41) 3-4   2000年   [査読有り]
Bede とAldhelm
田本 健一
Soundings Newsletter, No. 41      2000年   [依頼有り]
Professor Ike's Historical Researches into English Education in Japan
Bulletin of Institute for Language Education   (27) 15-16   1999年   [依頼有り]
理想の書斎?
サウンデイングズ英語英米文学会   9   1999年   [依頼有り]
A Lecture on King Alfred by Professor Godden
Soundings Newsletter   2   1996年   [査読有り]

書籍等出版物

 
The Macregol Gospels or The Rushworth Gospels: Edition of the Latin text with the Old English interlinear gloss transcribed from Oxford Bodleian Library, MS Auctarium D. 2. 19
田本 健一
John Benjamins   2013年5月   ISBN:902721204X
This work is composed of two parts. The first or introductory part, contains a palaeographical discussion about Bodleian Library, MS Auctarium D.2.19, that is to say, the MacRegol Gospels or the Rushworth Gospels, edited by Kenichi Tamoto, and whi...
Linguistic Insights 129; Multiple Perspectives on English Philology and History of Linguistics—A Festschrift for Shoichi Watanabe on his 80th Birthday
田本 健一 (担当:共著, 範囲:Palaeographical Facts and Conjectures about the Rushworth Gospels (Oxford, Bodleian Library, MS Auct. D. 2. 19))
Peter Lang   2010年10月   ISBN:3034304803
Learning in Mediaeval England (600-1100): A Medley of Philological Studies in Anglo-Saxon Literature
田本 健一
VDM Verlag Dr. Müller   2010年6月   ISBN:3639265491
Philologists have been attracted by the language and literature of the Anglo-Saxons; among them are counted earlier scholars, such as Archbishop Parker, William Lambarde, Lawrence Nowell, Francis Junius. They have handed down the torch of Anglo-Sa...
Learning in Mediaeval England (600-1100): A Medley of Philological bStudies in Anglo-Saxon Literature
VDM Verlag Dr. Muller   2010年   ISBN:978-3-639-26549-1
Virgin, Virginity and Maiden in Old English: The Old English Words Rendering Virgo, Virginitas and Puella in the Anglo-Saxon Gospels: Their ... Anglo-Saxon Literature (Multilingual Edition)
田本 健一
VDM Verlag   2009年8月   ISBN:3639164830
The present work contains etymological and semasiological researches into the terms for Latin virgo, virginitas and puella which were employed by the glossators of the Lindisfarne Gospels and the Rushworth Gospels, and by the translator of the OE ...
The first Series of the Presentations at the Meetings of the Society for the Study of English and Communication, Civilization 21 (Special Edition)
The Association for International Communication, Aichi University   2007年   ISBN:978-4-901674-37-9
The First Series of the Presentations at the Meetings of the Society for the Study of English and Communication, Civilization 21 (Special Edition) (I edited this edition)
The Association for International Communication, Aichi University   2007年   
"Philology in the Anglo-Saxon Age" in Insight into Language
田本 健一
Language Colloquium, Aichi University/ Arumu pub. co.   2006年   
The Old English Words Rendering Virgo, Virginitas and Puella in the Anglo-Saxon Gospels: Their Semasiological Background in Anglo-Saxon Literature
Yushodo   2006年   ISBN:978-4-8419-1192-3
The Old English Words Rendering Virgo, Virginitas and Puella in the Anglo-Saxon Gospels: Their Semasiological Background in Anglo-Saxon Literature (996 pages in two volumes)
Yushodo   2006年   
"What I learned from the Lindisfarne MS" in Philologia
田本 健一
Taishukan Shoten   2001年   
基本英語表現法(共著)
成美堂   1996年   
Basic Skills in English
成美堂   1996年   
Basic Skills in English(I wrote pp. 1-70, and Teacher's Manual, 37 pages)
Seibido   1996年   
小学館ランダムハウス英和大辞典ー第2版(項目執筆)
小学館   1993年   
小学館ランダムハウス英話大辞典―第2版―
小学館   1993年   
Shogakukan Randon House English-Japanese Dictionary(2nd ed.)(I wrote etymology of lemmata of "R")
Shogakukan   1993年   
ことばコンセプト事典(項目執筆)
第一法規出版株式会社   1992年   
「価格」、「貨幣」、「権力」、「財産」、「差別」、「数学」、「生活」、「地方」、「都市」、「富」、「奴隷」、「平等」、「物理学」、「民主主義」、「推論」、「政治」、「花」、「欲望」、「類推」
第一法規出版『ことばコンセプト辞典』   1992年   
"Price","Money","Power","Property","Discrimination","Mathematics","Life","District","City","Wealth","Slave","Eguality","Physics・・・
Conceptican : An Encydopaedic Diationary of Words and Concepts (Diichi Hokipub.co.)   1992年   
"Price","Money","Power","Property","Discrimination","Mathematies","Life","District","City","Wealth","Slave","Eguality","Physics","Democracy","Inference","Politics","Flower","Desire","Analogy"
英語における語彙の変遷ー貨幣の場合
ことばを考える第2集(駿河台出版社)   1990年   
Vocabulary Change in English--Words meaning or Related to "Money" in Insight into Laguage, 2nd series
田本 健一
Language Colloquium, Aichi University/ Arumu pub. co.   1990年   
関係代名詞ーwhich(項目執筆)
話題源英語(東京法令出版株式会社)   1989年   
「関係代名詞―which」
東京法令出版『話題源英語』   1989年   
Relative Pronoun - which
Sources of Topics in English Classes (Tokyo Horei Pub. Co.)   1989年   
基本英文法作文演習(共著)
成美堂   1986年   
BUILDING UP ENGLISH SKILLS! ーTraining in Basic Grammar and Composition
成美堂   1986年   
大学生のための英単語(共著)
八重岳書房   1981年   

講演・口頭発表等

 
Methodologies of Old English Reseaches Applied to Vocabulary Acquisition of Place-Names: Britain, England, UK, and London [招待有り]
田本 健一
ERA (広島英語研究会)   2019年1月12日   
In Commemoration of the 20th Anniversary of the Faculty of International Communication [招待有り]
田本 健一
The Commitee for the 20th Anniversary of the Faculty of International Communication   2018年12月2日   
Beowulf at Hiroshima [招待有り]
田本 健一
ERA (広島英語研究会)   2018年5月12日   
Marginal Notes and Drawings in the Macregol Gospels: in Comparison with Those in the Lindisfarne Gospels [招待有り]
田本 健一
ERA (広島英語研究会)   2017年11月11日   
英語が国際語に成長した訳 [招待有り]
田本 健一
愛知大学同窓会安城支部総会講演   2017年9月23日   
英米・国名都市名物語 [招待有り]
田本 健一
第388回 東三河産学官交流サロン   2017年2月21日   
Workmanship of Celtic art and Illustration on the Hiberno-Saxon Manuscripts [招待有り]
田本 健一
広島英語研究会月例会   2016年12月17日   
ケルト人の文化:職人の芸術と写本装飾
田本 健一
第15回イギリス国学協会年次コロキウム研究発表会   2016年10月16日   
1500年前の英語とその文化史的背景 [招待有り]
田本 健一
愛知大学同窓会安城支部総会講演   2016年9月24日   
Celtic Art: 8~9世紀のヒベルノ・サクソン装飾福音書
田本 健一
イギリス国学協会第14回年次コロキウム   2015年10月25日   
マクレゴル福音書のeditionに対する批判
田本 健一
愛知大学言語学談話会、第40回公開講座   2015年5月23日   
Hiberno-Saxon Illuminated Manuscripts in the Seventh Century
田本 健一
ERA (広島英語研究会月例会)   2015年4月18日   
Celtic Art: Insular Scriptorium から現代まで
田本 健一
イギリス国学協会   2014年11月16日   
西洋中世前期極彩色写本 [招待有り]
田本 健一
2014年度愛知大学大学院リレー講演会   2014年11月8日   
7~9 世紀のアイリシュ系写本と英国系写本について [招待有り]
田本 健一
Aichi University Linguistic Colloquium   2014年5月31日   
「7~9 世紀のアイリシュ系写本と英国系写本について」 [招待有り]
田本 健一
愛知大学公開講座「言語」   2014年5月   
田本 健一
ERA広島英語研究会   2013年11月   
1.Full titleについて:
The Macregol Gospels or the Rushworth Gospels Edition of the Latin text with the Old English interlinear gloss transcribed from Oxford Bodleian Library, MS Auctarium D. 2. 19
(Amsterdam / Philadelphia: John Benjamins Publishing...
The Macregol Gospels または the Rushworth Gospels の出版について
田本 健一
愛知大学言語学談話会   2013年6月8日   
田本 健一
愛知大学公開講座[言語]   2013年6月   
田本 健一
イギリス国学協会第11 回年次コロキウム   2012年11月   
田本 健一
Aichi University Language Colloquium   2012年6月16日   
田本 健一
イギリス国学協会   2012年   
田本 健一
イギリス国学協会第10回年次コロキウム   2011年11月   
ラシュワース写本最終フォリオのコロフォンと写字者~文字形態と写字者の関係~
田本 健一
イギリス国学協会   2011年3月20日   
田本 健一
ERA,   2010年12月18日   
AΠΟΛΟΓΙΑ ΦΙΛΟΛΟΓΙΑΣ:APOLOGYOF PHILOLOGY [招待有り]
田本 健一
ERA広島英語研究会   2010年12月   
田本 健一
ERA, The English Research Association of Hiroshima   2010年8月13日   
A Brief Survey of Anglo-Saxon Studies, from the 16th Century to the 21st Century
The Research Association of Hiroshima   2010年   
田本 健一
イギリス国学協会   2009年11月   
国際化と日本の英語力
田本 健一
愛知大学後援会中国・四国合同支部総会、記念講演会   2009年7月12日   
田本 健一
2009年度トラム総合講座「言葉と文化」   2009年   
英国オクスフォード大学・ボドレイアン図書館とその蔵書
豊橋市トラム総合講座「言葉と文化」   2009年   
ラシュワース福音書、folio 169vとfolio 170rについて
イギリス国学協会第9回年次コロキウム   2009年   
Tamoto Kenichi
ERA (English Research Association of Hiroshima)   2009年   
田本 健一
2008年度市民大学トラム「ことばと文化」   2008年11月20日   
ラシュワース写本とジュー二アスの転写
田本 健一
イギリス国学協会第8回年次コロキウム   2008年10月12日   
田本 健一
愛知大学言語学談話会、第33回、公開講座「言語」2008   2008年5月10日   
Hiroshima Society for English Study, Monthly Meeting (21 June, 2008)   2008年   
ラシュワース写本とジューニアスの転写
イギリス国学協会第8回年次コロキウム   2008年   
写本のエディション作成にかかわる諸問題
愛知大学言語学談話会第33回公開講座「言語」2008   2008年   
「ヒーローとしてのキリスト―中世英文学の作品において―」 [招待有り]
田本 健一
豊橋市連携講座「トラム」   2006年11月17日   
田本 健一
"Tram", cooperative lectures of Aichi University and toyohashi City   2006年10月23日   
田本 健一
イギリス国学協会   2006年10月   
ことばと文化―アジアと中欧 [招待有り]
田本 健一
第31回愛知大学言語学談話会公開講座「言語」2006   2006年5月6日   
ヒーローとしてのキリストー中世英文学の作品において
2006年国際コミュニケーション学部・豊橋市連携講座「トラム」   2006年   
ラシュワース写本のエディションについて
イギリス国学協会第6回年次大会   2006年   
ことばと文化―アジアと中欧ー
愛知大学言語学談話会―第31回―公開講座「言語」   2006年   
田本健一
平成17年度豊橋市生涯学習市民大学<生活社会学>講座   2005年   
Communications Gaps Found or Experienced in London [招待有り]
田本 健一
愛知大学国際コミュニケーション学会   2004年12月   
地名に映る英国史 [招待有り]
田本 健一
愛知大学言語学談話会―第29回―公開講座「言語」2004   2004年5月   

競争的資金等の研究課題

 
Aichi University: Grant for Publishing a Book
研究期間: 2012年4月 - 2013年5月    代表者: 田本 健一
Japanese Literature or Culture Explained in English
Private project
研究期間: 2013年4月       代表者: 田本 健一
アングロ・サクソン文学における語彙研究
アングロ・サクソン文学研究史
中世英文学