青木 孝平

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
青木 孝平
 
アオキ コウヘイ
所属
鈴鹿医療科学大学(SUMS)
部署
保健衛生学部 放射線技術科学科
職名
教授
学位
法学修士(早稲田大学), 博士(経済学)(東北大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1984年
早稲田大学 法学研究科 民事法学(法社会学)
 
 
 - 
1975年
早稲田大学 法学部 
 

Misc

 
分析派マルクス主義の批判的検討-宇野原理論の社会哲学的再構成に向けて
九州大学経済学研究   68巻, 2, 3号    2001年
所有権法の物神化メカニズム
経済評論   33(9)    1984年
法のフェティシズム批判-マルクス所有権論の再興
法社会学   38    1986年
戦後法社会学のアルケオロジー
法社会学   41    1989年
「資本家のいない資本主義」の所有論
情況   3(8)    1992年

書籍等出版物

 
コミュニタリアニズムへ家族・私的所有・国家の社会哲学
社会評論社   2002年   
ポスト・マルクスの所有理論-現代資本主義と法のインターフェイス
社会評論社   1992年   
天皇制国家の透視-日本資本主義論争
社会評論社   1990年   
資本論と法原理
論創社   1984年   
法社会学研究(共著)
三嶺書房   1985年   

Works

 
廣松渉著『唯物史観と国家論』(講談社)解説
1989年
対談「法学と経済学のあいだ」カフ-ツ(自順社)創刊号
1990年

競争的資金等の研究課題

 
現代資本主義と財産権の変動
現代資本主義と世界農業問題
コミュニタリアニズムの社会哲学