築山 修道

J-GLOBALへ         更新日: 10/02/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
築山 修道
 
ツキヤマ シュウドウ
所属
旧所属 大谷大学短期大学部 文化学科
職名
教授
学位
文学修士(大谷大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1973年
大谷大学 文学研究科 哲学
 
 
 - 
1967年
大谷大学 文学部 英文学
 

委員歴

 
1980年
   
 
キェルケゴール協会  理事辞任(1997、3月)
 

Misc

 
キェルケゴールの実存思想に対する西田哲学と田辺哲学
『キェルケゴール研究』   21    1991年
「自己」究明をめぐる東西の宗教思想-西田幾多郎とキェルケゴール(一)-
『比較思想研究』   13    1987年
宗教と実存(一)-キェルケゴールにおける実存の根本形式とその宗教性-
大谷大学『哲学論集』   32    1986年
キェルケゴールにおける人間実存と不安
『キェルケゴール研究』   15    1985年
キェルケゴールにおける「瞬間」の構造と宗教的意味
『大谷学報』   64(1)    1984年

書籍等出版物

 
田辺元の「懺悔道としての哲学」とキェルケゴールの実存思想
『キェルケゴールと日本の仏教・哲学』所収,東方出版   1992年   
「瞬間」
『キェルケゴールを学ぶ人のために』(世界思想社)   1996年   

競争的資金等の研究課題

 
宗教的時間(性)
研究期間: 1995年 - 2005年
E.M.フォースターの芸術・文学・文化観
研究期間: 1996年 - 2004年