堀川 徹

J-GLOBALへ         更新日: 09/01/21 00:00
 
アバター
研究者氏名
堀川 徹
 
ホリカワ トオル
所属
京都外国語大学
部署
外国語学部
職名
教授,国際言語平和研究所長
学位
文学修士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1976年
 - 
1981年
京都大学 助手
 
1981年
 - 
1985年
京都外国語大学 講師
 
1985年
 - 
1991年
京都外国語大学 助教授
 
1991年
   
 
-   京都外国語大学 教授
 
1999年
   
 
-  京都外国語大学 国際言語平和研究所長
 

学歴

 
 
 - 
1975年
京都大学 文学研究科 東洋史学(西南アジア史)
 
 
 - 
1973年
京都大学 文学部 西南アジア史学専攻
 

委員歴

 
1994年
 - 
1997年
日本オリエント学会  理事
 
1997年
   
 
西南アジア研究会  監事
 
1995年
   
 
日本中東学会  評議員
 
1994年
   
 
内陸アジア史学会  理事
 
1993年
 - 
2007年
地中海学会  常任委員
 

Misc

 
シャイバーニー・ハンとアルクーク城
史林   62(6)    1979年
シャイバーン朝とオスマン帝国-文書史料に見る交通路の変遷-
西南アジア研究   34    1991年
ティムール朝末期の内訌をめぐって
東洋史研究   35(4)    1977年
一四八八年のチール河畔の戦について
山川出版社
内陸アジア・西アジアの社会と文化   255-273   1983年
中央アジアにおけるウズベク族支配時代のイクター
オリエント   25(2)    1983年

書籍等出版物

 
パクス・イスラミカの世紀(共著)
講談社   1993年   
イスラム都市の変容〔アンカラの都市発達と地域構造〕(共著)
古今書院   1994年   
世界に広がるイスラーム(編・共著)
栄光教育文化研究所   1995年   
京都外国語大学付属図書館所蔵アラビア語写本目録(共編)
京都外国語大学付属図書館   1998年   
中央アジア史(アジアの歴史と文化8,共著)
同朋舎   1999年   

Works

 
オスマントルコ帝国末期以降の都市発展に関する地理学的研究
1987年 - 1988年
旧オスマン帝国領における都市空間とその機能の変容に関する地理学的研究
1989年
西ドイツとトルコの都市空間に及ぼすトルコ人移民の社会地理学的研究
1990年
西ヨーロッパ諸国とトルコの都市空間構造に及ぼすトルコ移住民に関する社会地理学的研究
1992年
ウズベク諸ハーン国に関する古文書の歴史学的研究
1995年 - 1997年

競争的資金等の研究課題

 
ウズベク民族史研究
中央アジア-オスマン帝国関係史研究
中央アジア古文書研究
研究期間: 1992年