中島 俊克

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/03 10:57
 
アバター
研究者氏名
中島 俊克
eメール
nakajrikkyo.ac.jp
URL
http://www.rikkyo.ne.jp/univ/nakaj/
学位
経済学修士(一橋大学), 歴史学・文明学第3課程博士(パリ第四大学、1985年)(パリ第4大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
立教大学 
 
1986年4月
 - 
1987年3月
一橋大学経済学部 助手
 
1987年4月
 - 
1989年3月
京都産業大学経済学部 専任講師
 
1989年4月
 - 
1996年3月
京都産業大学経済学部 助教授
 
1996年4月
 - 
1998年3月
立教大学 経済学部 経営学科 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年3月
一橋大学 経済学部 
 
 
 - 
1979年3月
一橋大学 経済学研究科 経済史・経済政策専攻
 
 
 - 
1985年6月
パリ第4大学 歴史・人類学研究科 
 
 
 - 
1986年3月
一橋大学 経済学研究科 経済史・経済政策
 

委員歴

 
1995年1月
 - 
2006年12月
社会経済史学会  評議員
 
2007年1月
 - 
2018年12月
社会経済史学会  理事
 
2006年1月
 - 
2017年12月
社会経済史学会  編集委員
 
1995年1月
 - 
1998年12月
経営史学会  幹事
 
1999年1月
 - 
2002年12月
経営史学会  評議員
 

論文

 
19世紀前半のフランスにおける小規模製鉄工場へのパドル炉の普及
中島 俊克
社会経済史学   46(3) 322-350   1980年9月   [査読有り]
19世紀フランス製鉄業発展の特質
中島 俊克
原輝史編『フランス経営史』   194-224   1980年9月
Industrie mecanique de Paris 1947-1914
Toshikatsu Nakajima
   1985年6月   [査読有り]
19世紀後半~20世紀初頭におけるパリ機械工業の展開
中島 俊克
土地制度史学   (111) 38-55   1986年6月   [査読有り]
19世紀パリ機械工業における技術変化と技能養成
中島 俊克
社会経済史学   52(6) 61-79   1987年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
フランス近代史
服部 晴彦,谷川 稔,中島 俊克 他   (担当:共著, 範囲:第3章Ⅲ:工業化の振興と経済の変容、第4章Ⅲ:フランス国民経済の変容)
ミネルヴァ書房   1993年1月   ISBN:4-623-02209-9
経済史
老川 慶喜,小笠原 茂,中島 俊克 他 (担当:共著, 範囲:第2章:前資本主義経済の特質、第9章:戦後の世界経済)
東京堂出版   1998年2月   ISBN:978-4-490-20340-0
外国経営史の基礎知識
湯沢 威,中島 俊克 他
有斐閣   2005年2月   ISBN:4-641-18303-1
近代フランスの歴史
谷川 稔,渡辺 和行,中島 俊克 他 (担当:共著, 範囲:第11章:フランス「国民経済」の発展と変容)
ミネルヴァ書房   2006年2月   ISBN:978-4-623-04495-5

講演・口頭発表等

 
19世紀末=20世紀初頭のパリ地域における中小機械工業の再編―自動車工業の発達との関連において―
中島 俊克
土地制度史学会1985年度秋季学術大会   1986年10月26日   土地制度史学会
大戦間期フランス自動車工業の生産構造
中島 俊克
社会経済史学会近畿部会12月例会   1987年12月12日   社会経済史学会近畿部会
18世紀フランスの機械製作―書斎から工場へ―
中島 俊克
関西フランス史研究会第75回例会   1988年5月7日   関西フランス史研究会
20世紀前半のパリ郊外における労働者の意識
中島 俊克
日本西洋史学会第39回大会   1989年5月14日   日本西洋史学会
第一次大戦期のパリ機械工業―戦時利得税文書の検討を中心に―
中島 俊克
社会経済史学会第72回全国大会   1993年10月16日   社会経済史学会

Works

 
「書評:古賀和文『20世紀フランス経済史の研究--戦間期の国家と経済』」『経営史学』24(4)、1990.01
その他   1990年1月
(翻訳)ルネ・ジロー(Rene Girault)、作道潤・中島俊克訳「欧州統合と戦後フランスの対外政策--フランス経済の「近代化」との関連において」『社会経済史学』58(3)、1992.09
その他   1992年9月
「書評:大森弘喜『フランス鉄鋼業史--大不況からベル・エポックまで』」『社会経済史学』62(5)、1997.01
その他   1997年1月
「 書評:広田功『現代フランスの史的形成--両大戦間期の経済と社会』」『経営史学』33(1)、1998.06
その他   1998年6月
「 書評:竹岡敬温『世界恐慌期フランスの社会--経済 政治 ファシズム』」『経営史学』45(1)、2010.06
その他   2010年6月

競争的資金等の研究課題

 
戦後フランス経済史
パリ機械工業における経営戦略・企業間関係の変化の量的分析:1918-1950
科学研究費助成事業
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月