中田 博

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/02 02:46
 
アバター
研究者氏名
中田 博
 
ナカダ ヒロシ
所属
京都産業大学
部署
総合生命科学部 生命システム学科 京都産業大学 総合生命科学部生命システム学科
職名
教授,教授
学位
薬学博士(京都大学), 薬学修士(京都大学), 薬学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1977年
 - 
1982年
 関西医科大学 生理学教室 助手
 
1982年
 - 
1986年
  同   講師 
 
1986年
 - 
1989年
 京都産業大学 国土利用開発研究所 助教授
 
1989年
 - 
1994年
 京都産業大学 工学部 助教授
 
1994年
 - 
2010年
 京都産業大学 工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年
京都大学大学院 薬学研究科 製薬化学
 
 
 - 
1972年
京都大学 薬学部 製薬化学
 

委員歴

 
1994年4月
   
 
日本生化学会評議員 1994年4月-
 
1999年4月
   
 
日本糖質学会評議員 1999年4月-
 
 
   
 
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業
 
2003年
 - 
2008年
 (糖鎖の生物機能の解明と利用技術) 研究代表者 2003-2008
 
2005年
   
 
新エネルギ−・産業技術綜合開発機構 分担研究者 2005-
 

Misc

 
The isolation and characterization of glycopeptides from plasma membranes of an ascites hepatoma, AH 66.
Funakoshi I, Nakada H, Yamashina I.
Journal of Biochemistry.   76(2) 319-333   1974年
The isolation and characterization of glycopeptides and mucopolysaccharides from plasma membranes of an ascites hepatoma, AH 130.
Nakada H, Funakoshi I, Yamashina I.
Journal of Biochemistry   78(5) 863-872   1975年
Nakada H, Funakoshi I, Yamashina I.
Biochemical and Biophysical Research Communications   79(1) 280-284   1977年
Release of glycopeptides and mucopolysaccharides from ascites hepatoma cells by tryptic treatment.
Nakada H, Yamashina I.
Journal of Biochemistry   83(1) 79-83   1978年
Biosynthesis and insertion of a hepatic binding protein specific for asialoglycoproteins into endoplasmic reticulum membranes.
Nakada H, Sawamura T, Tashiro Y.
Journal of Biochemistry   89(1) 135-141   1981年

書籍等出版物

 
新基礎生化学実験法;1巻10章(ミクロゾーム分画、粗面・活面小胞体、リボゾームゴルジ体の分離)
丸善   1987年   
新生化学実験講座3;糖質I糖タンパク質(上)(フッ化水素(HF)、トリフルオロメタン酸(TFMS)によるO-グリコシド結合の切断)
東京化学同仁   1990年   
新生化学実験講座3;糖質I糖タンパク質(下)(N-アセチルガラクトサミニルトランスフェラーゼ)
東京化学同仁   1990年   
新生化学実験講座3;糖質I糖タンパク質(下)(ムチン型抗原)
東京化学同仁   1990年   
新生理学大系;細胞内小器官の生理学6巻
医学書院   1991年   

講演・口頭発表等

 
ムチンによるマクロファージの活性化
第21回日本糖質学会年会   2000年   
腸癌組織において発現亢進の見られるGalNAc転移酵素と癌関連糖鎖抗原の発現との関連
第59回日本癌学会総会   2000年   
ムチン型糖鎖のクラスター形成に関与するUDP-GalNAc: polypeptide GalNAc-T3について
第59回日本癌学会総会   2000年   
ムチン型糖鎖のクラスター形成に関与するUDP-GalNAc: polypeptide GalNAc-T3について
第73回日本生化学会大会   2000年   
ムチンによるヒト末梢血単球の活性化
第73回日本生化学会大会   2000年   

競争的資金等の研究課題

 
上皮性癌細胞の産生するムチンの生物学的意義
科学研究費補助金
研究期間: 1990年 - 2020年
癌組織微小環境において、上皮性癌細胞の産生するムチンは、様々なレクチンと相互作用する。その作用により癌細胞の増殖や浸潤能の亢進、あるいは免疫細胞の機能の抑制に働き、腫瘍の悪性化をもたらしている。これらのレクチン-ムチンのネットワークの分子機構を明らかにする。

特許

 
B細胞障害抑制剤
特開2008-105953
活性化T細胞の検出方法、T細胞の活性化制御方法、及びマーカーのための使用
特願2012-69764
卵巣癌の検出方法、卵巣癌と子宮内膜症との識別方法、並びにキット
特開2012-154881