野村 伸夫

J-GLOBALへ         更新日: 10/02/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
野村 伸夫
 
ノムラ ノブオ
所属
京都女子大学
部署
発達教育学部 児童学科 真宗学、キリスト教神学
職名
教授
学位
文学修士(龍谷大学), 神学修士(ハーヴァード大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
ハーヴァード大学大学院  キリスト教神学
 
 
 - 
1977年
龍谷大学 文学部 真宗学
 

委員歴

 
1989年
   
 
国際真宗学会  会計担当運営委員
 

Misc

 
念仏と偶像崇拝
印度学仏教学研究   38(2)    1990年
称讃浄土経と阿弥陀経流布
真宗研究   36    1992年
親鸞の信と証
真宗研究   38    1994年
親鸞の往生観の課題
宗教研究   68(303) 322   1995年
親鸞の「往生」思想と課題
印度學佛教學研究   44(1) 150-155   1995年

書籍等出版物

 
自力念仏・他力念仏
信楽峻麿教授還暦記念論集   1986年   
真宗の独自生-宗教的対話をとおして見た場合-
親鸞と人間   1992年   
真宗用語英訳グロッサリー(和語篇) 共同研究
龍谷大学・仏教文化研究所   1995年   
唯一者としての阿弥陀仏
瓜生津隆真博士退職記念論集 仏教から真宗へ   2003年3月   
「浄土真宗倫理攷」『日本浄土教の形成と展開』
法蔵館   2004年   

講演・口頭発表等

 
Religious Life in Jodo Shinshu and Secular Life
International Association of Shin Buddhist Studies   2007年   

Works

 
真宗用語英訳研究(共同研究)
1991年
親鸞とその浄土教(共訳)
1983年

競争的資金等の研究課題

 
大乗仏教的信とさとりの関係
言語と宗教
信の自己展開
国家と宗教
親鸞思想の立場から、個人の宗教と国家との関連、世俗的権威に対する宗教的立場の考察
仏教の死生観