工藤 和男

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/23 19:46
 
アバター
研究者氏名
工藤 和男
 
クドウ カズオ
所属
なし
学位
博士(哲学)(同志社大学), 文学修士(同志社大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
   
 
同志社大学 名誉教授
 
2000年4月
 - 
2016年3月
同志社大学大学院 文学研究科 博士課程後期課程教授
 
1994年4月
 - 
2016年3月
同志社大学 文学部 教授
 
1997年4月
 - 
2000年3月
同志社大学大学院 文学研究科 博士課程前期課程教授
 
1987年4月
 - 
1994年3月
同志社大学 文学部 助教授
 
1983年4月
 - 
1987年3月
同志社大学 文学部 専任講師
 
1982年4月
 - 
1983年3月
同志社大学文学部 文学部 助手
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1982年3月
同志社大学 文学研究科 哲学および哲学史専攻
 
1976年4月
 - 
1978年3月
同志社大学 文学研究科 哲学専攻
 
1971年4月
 - 
1975年3月
同志社大学 文学部 文化学科哲学及倫理学専攻
 

委員歴

 
2002年9月
 - 
現在
Societas Philosophiae Doshisha  委員
 
2007年6月
 - 
2011年5月
日本哲学会  委員
 
2001年11月
 - 
2017年3月
日本現象学会  委員
 
1999年11月
 - 
現在
関西倫理学会  委員
 
2007年10月
 - 
2016年10月
関西哲学会  委員
 

論文

 
理性の近代を問う理性 — 超克されるべきは何か
工藤 和男
同志社哲學年報   (38) 1-18   2015年9月   [招待有り]
フッサールと徳倫理学
工藤 和男
文化学年報   (64) 31-52   2015年3月   [査読有り]
懐かしい未来 — 近代の完成へ
工藤 和男
哲學論究   (27) 1-17   2013年8月   [招待有り]
自由と自然の両立 — 生世界からの解明
工藤 和男
文化学年報   (62) 31-47   2013年3月   [査読有り]

Misc

 
工藤 和男
同志社哲学年報   0(34) 1-20   2011年9月
現象学の起点と展望
工藤 和男
同志社哲学年報   (34) 1-20   2011年
工藤 和男, 江口 聡, 神崎 宣次
倫理学研究   (41) 44-54   2011年
工藤 和男
文化學年報   58(58) 99-118   2009年3月

書籍等出版物

 
いのちとすまいの倫理学 改訂版
晃洋書房   2010年   ISBN:ISBN978-4-7710-2164-
くらしとつながりの倫理学
晃洋書房   2006年   ISBN:4-7710-1714-X
いのちとすまいの倫理学
晃洋書房   2004年   ISBN:4-7710-1581-3
フッサール現象学の理路―『デカルト的省察』研究―
晃洋書房   2001年   ISBN:4-7710-1211-3
意志と人格
有福孝岳編 エチカとは何か(ナカニシヤ書店)   1999年   ISBN:4-88848-520-8 C3012

Works

 
共訳 L.アルワイス『フッサールとハイデガー — 世界を取り戻す闘い』(晃洋書房)
工藤 和男   その他   2012年11月
共訳 D.ザハヴィ『フッサールの現象学』(晃洋書房)
2003年12月
共訳 E.W.オルト『フッサール〈危機〉書の研究』(晃洋書房)
工藤 和男   芸術活動   2000年12月
共訳 A.アグィーレ『フッサール現象学-現在の解釈と批判の照明』(法政大学出版局)
1987年
共訳 H.リュッベ『歴史における意識』(晃洋書房)
1988年

競争的資金等の研究課題

 
フッサールの超越論的現象学
現代の倫理的課題