満田 久義

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/05 00:00
 
アバター
研究者氏名
満田 久義
 
ミツダ ヒサヨシ
URL
http://www.bukkyo-u.ac.jp/
所属
佛教大学
部署
社会学部 公共政策学科 社会学部 公共政策学科
職名
教授
学位
農学修士(京都大学), 農学博士(京都大学 )

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1978年
京都大学 農学研究科 農林経済学専攻
 

委員歴

 
1997年
 - 
1997年
環境経済・政策学会  学会誌編集委員
 
1997年
 - 
2006年
国際農村社会学会,International Rural Sociological Association  評議員とプログラム委員
 
1992年
 - 
1997年
国際社会学会,International Sociological Association  研究委員会理事(RC24)
 

Misc

 
大学創造と都市活性化
日本計画行政学会関西支部年報   5-8   1999年
環境社会学とはなにか―米国でのパラダイム論争再考―
環境社会学研究   1(1) 53-71   1995年
Imperiled Parks and Imperiled People : Lessons from Japan's Shiretoko National Park 
Environmental History Review   16(2)    1992年
ネオ・ルーラリズム論再考
佛教大学社会学部論集   (32) 65-81   1999年
持続可能な社会と地球環境のための研究
消費生活研究所      1999年

書籍等出版物

 
Community and Forestry:Continuities in the Sociology of Natural Resources
Westview Press, Boulder   1989年   
MALARIA CONTROL PROGRAM:Collecting Beseline Data and Epidemiological/ Sociological Survey: PROGRESS REPORT
Medical School of Mataram University   2007年   
ECOLOGICAL MODERNIZATION THEORY
Wageningen University Press   2000年   
(翻訳)C・R・ハムフェリー、F・H・バトル著『環境・エネルギー・社会-環境社会学を求めて-』
ミネルヴァ書房   1991年   
経済・経営の構造変化と対応策-日本と西ドイツの比較研究-
名古屋大学出版会   1987年   

講演・口頭発表等

 
社会主義と環境問題―ブルガリアの環境問題と環境政策―
筑波大学「日本社会学会大会報告要旨集」   1991年   
Environmentalism and Modernization of Japanese Society
The 31th World Congress of International Institute of Sociology   1993年   
Environmental Policy and Public Evaluation in Japan
第9回名古屋大学フライブルグ大学共同研究会   1985年   
Social Impact of Economic Decline in Natural Resources Based Communities:International Comparisons
Rural Sociology Seminar,Washington Sate University   1987年   
湖水環境の住民評価に関する日米比較研究
第60回日本社会学会大会   1987年   

Works

 
グローバル環境主義の構造--日・米・欧の比較--
1998年
「知床の自然と住民生活」に関する環境社会学的研究
1998年
インドネシア・ロンボック島における持続可能な開発
2000年3月 - 2000年3月
米国ニューヨーク州アディロンダック土地所有者調査
1983年
ブルガリア・ロドピー山地における環境と文化の保全に関する研究
1995年

競争的資金等の研究課題

 
途上国における新しい農村貧困
途上国における持続可能な開発
研究期間: 2005年   
途上地域における持続可能な発展戦略に関する研究
研究期間: 2006年   
持続可能な発展戦略としてのエコツーリズム