平田 純一

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/05 00:00
 
アバター
研究者氏名
平田 純一
 
ヒラタ ジュンイチ
所属
立命館アジア太平洋大学
部署
国際経営学部
職名
教授
学位
経済学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1973年
埼玉大学 経済学部 経済
 

Misc

 
基礎科目学習の所得形成への影響
西村和雄, 八木匡, 浦坂純子
伊藤隆敏, 西村和雄編『教育改革の経済学』日本経済新聞社      2003年
日本の貿易構造を考えるために―貿易データの取得と基本的な動向(改訂版)
別冊立命館経済学   56-80   2009年
数学教育が人材を作る
西村和雄, 八木匡, 浦坂純子
『「本当の生きる力」を与える教育とは』日本経済新聞社   第3章, 教育が危ない   2001年
都道府県別・政令指定都市別小売商業動向-1985年以降の商業統計データによる分析
社会システム研究   (5) , pp. 1-30   2002年
数学学習と大学院教育・所得・昇進-「経済学部出身者の大学教育とキャリア形成に関する実態調査」に基づく実証分析
浦坂純子, 西村和雄, 八木匡
日本経済研究   No. 46, pp. 22-43   2002年

書籍等出版物

 
Excelによる情報処理入門
朝倉書店   1996年   
ロータス1-2-3による経済・経営の情報処理
朝倉書店   1993年   
大学の経済的波及効果に関する調査
『立命館地域研究』   1991年   
経済系学部の情報処理入門
学術図書出版   2000年   
経済学のエッセンス
中央経済社   1999年   

講演・口頭発表等

 
Basic Macro Balances on Chinese Economy in the Year 2000: Conclusions Based on an Econometric Forecast
地域学会第5回世界大会   1995年   
On Liquidity Preference -Again: Reply
Monetary and Financial History Workshop (Rutgers University)   1984年   
貨幣需要関数の安定性 -昭和40年代と50年代の対比を中心に
第27回計量経済学会議(琵琶湖コンファレンス)   1989年   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
中国のマクロ計量経済モデル
日本と東南アジアの金融制度比較
日本の消費・生産構造の実証分析