OKUDA Hiroshi

J-GLOBAL         Last updated: Jun 14, 2018 at 14:46
 
Avatar
Name
OKUDA Hiroshi
Degree
Doctor of Economics(Kyoto University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Ritsumeikan University College of International Relations, Department of International Relations
 

Education

 
 
 - 
Mar 1977
Graduate School, Division of Economics, Kyoto University
 
 
   
 
Doshisha University
 

Published Papers

 
「経常収支,財政収支の基本的な把握―「国民経済 計算」的視点の意義と限界―」
『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会   26(2) 219-238   Oct 2013
「現代国際通貨体制の分析と諸範疇の明確化」
『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会   25(3) 51-72   Mar 2013
「香港での人民元取引と対外的な人民元決済の限界」
『立命館国際地域研究』立命館大学国際地域研究所   (36) 79-102   Oct 2012
「ユーロ危機、対米ファイナンス、人民元建貿易などについて―現代国際通貨体制をめぐるいくつかの検討課題」
『立命館国際研究』立命館国際関係学会   25(1) 91-119   Jun 2012
「ユーロ危機と現代国際通貨体制-論点整理への1つの準備」
『経済科学通信』基礎経済科学研究所   128 12-19   Apr 2012

Books etc

 
代田純『ユーロと国債デフォルト危機』(税務経理協会、2012年)
『経済学論集』駒澤大学経済学会   Sep 2012   
『現代国際通貨体制』
日本経済評論社   Feb 2012   
『現代国際金融 第2版』
法律文化社   Mar 2010   
『円とドルの国際金融 ―ドル体制下の日本を中心にー』
ミネルヴァ書房   Nov 2007   
『現代国際金融』第2章「外国為替と国際通貨」3章「為替相場と円高・円安」12章「東アジアの為替制度とドル・円・人民元」
共編著
法律文化社   Apr 2006   

Conference Activities & Talks

 
「金融危機後のドル体制」
国際経済学会 関西支部 特別シンポジウム   17 Dec 2011   
「現代国際金融とドル体制の現局面」
比較経済体制学会   24 Oct 2009   
90年代日本の対外投資の諸特徴-80年代と対比しながら-
国際経済学会関西支部研究会   May 2003   
国際収支構造の変化と本邦為替銀行の対外ポジション
信用理論研究学会   Jun 1993   

Teaching Experience