TAKEUCHI Takao

J-GLOBAL         Last updated: Jun 4, 2019 at 13:38
 
Avatar
Name
TAKEUCHI Takao
Degree
Master of Arts(Kobe University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Ritsumeikan University College of International Relations, Department of International Relations
 

Education

 
 
 - 
1972
Sociology, Department of Philosophy, Faculty of Literature, Waseda University
 
 
 - 
1974
Sociology, Graduate School, Division of Letters, Kobe University
 

Published Papers

 
タイ家族の構造再考
竹内隆夫
立命館国際研究   27(04) 293-315   Mar 2015
東北タイの農村工業
竹内隆夫
立命館国際研究   26(04) 45-67   Mar 2014
「東北タイにおける稲作経営の変化」
『立命館国際研究』   25(2) 17-35   Oct 2012
「東北タイ農村の持続可能性―伝統とその変容からみえるもの―」
平成19年度~平成22年度科学研究費補助金(基盤研究A)研究成果報告書   271-289   2011
「東北タイにおけるローイエット県の位置」
『東アジアにおける「地方的世界」の基層・動態・持続可能な発展に関する研究』平成19年度~平成22年度科学研究費補助金(基盤研究A)研究成果中間報告書(平成21年度)   223-232   2010

Books etc

 
東アジア「地方的世界」の社会学
晃洋書房   Jun 2013   ISBN:978-4-7710-2451-9
「家族・親族」「家族計画」「屋敷地共住集団」「ローイエット」
日本タイ学会編『タイ事典』めこん   Sep 2009   
東南アジアの工業化と地域社会の変容
『東南アジアの工業化と地域社会の変容』   Mar 2001   
続・タイ農村の構造と変動
赤木攻・北原淳
勁草書房   Feb 2000   
「イエ」の意味とその変容
日商岩井『Tradepia』   May 1998   

Conference Activities & Talks

 
農村工業の展開と生活の変化―東北タイのむらの事例から
日本タイ学会第16回研究大会   6 Jul 2014   
東北タイ農村の兼業化とその持続性への展望
日本村落研究学会   Oct 2003   
タイ国東部における都市・農村の構造連関
アジア社会研究会(第4回研究大会)   Nov 1994   
女性の地位の変化と家族
タイ・セミナー(第5回大会報告)   Jul 1994   
コミュニティの形成と移住の特徴
第61回日本社会学会大会   Oct 1988   

Teaching Experience

 

Works

 
村研発足60周年記念座談会 先人の足跡を今に活かす
The Others   Apr 2014