OKUBO Shiro

J-GLOBAL         Last updated: May 20, 2014 at 10:47
 
Avatar
Name
OKUBO Shiro
Degree
Master of Laws(Waseda University)
Other affiliation
Ritsumeikan University

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Ritsumeikan University School of Law
 

Education

 
 
 - 
1967
Faculty of Laws, Waseda University
 
 
 - 
1972
"Graduate School, Division of Law", Nagoya University
 

Published Papers

 
国公法事件上告審で何が問われるか
法と民主主義(日本民主法律家協会)   (453) 27-33   Nov 2010
「長谷川憲法学と基本的人権論」
法律時報(日本評論社)   82(09) 78-81   Aug 2010
「刑事裁判官の時代認識・自己認識-公務員の政治活動をめぐる二つの東京高裁判決」
法律時報(日本評論社)   82(8) 1-3   Jul 2010
韓国の法制度改革と法学専門大学院―韓勝憲 前司法制度改革推進委員長に聞く 2008
韓勝憲・大久保史郎
法律時報 80/4, 58-66 2008   80(04) 58-66   Apr 2008
日本の公務員制度と公務員の政治的自由
国公法調査時報   (533) 18-28   May 2007

Books etc

 
Human Security, Transnational Crime and Human Trafficking
Louise Shelley
Routledge   Jan 2011   ISBN:978-0-415-43701-1
警察国家への衝動と現代日本の司法
森英樹編『現代憲法における安全』日本評論社   Feb 2009   
人権の体系
杉原泰雄編『新版・体系憲法事典』青林書院   Jul 2008   
法人の人権
杉原泰雄編『新版・体系憲法事典』青林書院   Jul 2008   
『人間の安全保障とヒューマン・トラフィキング』(講座「人間の安全保障と国際組織犯罪」第3巻)
日本評論社   Oct 2007   ISBN:978-4-535-00177-0

Conference Activities & Talks

 
東アジアの平和。安全保障論の転換を求めて
第1回東アジア専門家会議   Mar 2007   
「《座談会》事件・公判と一審判決をどう見るか」
法律時報創刊『新たな監視社会と市民的自由の現在』30-53頁,日本評論社   Oct 2006   
「『立法事実』論からみた国公法102条1項。人事院規則14-7、110条1項19号の違憲性」
法律時報創刊『新たな監視社会と市民的自由の現在』114-133頁,日本評論社   Oct 2006   
「国公法・社会保険事務所事件判決と治安・監視国家の現段階」
民科法律部会・憲法分科会・夏期合宿   Aug 2006   
「Freedom from Fear and Want and the Right to Live in Peace」
The International Conference on Human rights, International Relations and Globalization, Universidad Alfonso X el Sabio,Madrid, Spain   Mar 2006   

Teaching Experience

 

Works

 
「日本における国際組織犯罪研究の現状」組織犯罪集団と国際組織犯罪国際会議
The Others   Nov 2007
私論公論・集団自決・軍関与の記述削除
The Others   Oct 2007
憲法改正の動向と日中関係の課題
The Others   Sep 2007