大平 祐一

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/06 10:34
 
アバター
研究者氏名
大平 祐一
 
オオヒラ ユウイチ
学位
博士(法学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
立命館大学 法学部法学科 教授
 
1976年4月
 - 
1983年3月
立命館大学法学部助教授
 
1983年4月
 - 
2011年3月
立命館大学法学部教授
 
2011年4月
 - 
2016年3月
立命館大学法学部特別任用教授
 

学歴

 
 
 - 
1968年3月
東北大学 法学部 
 

委員歴

 
1994年
   
 
法制史学会  理事
 
1999年
 - 
2000年
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2003年
 - 
2005年
日本学術会議  基礎法学研究連絡委員会委員
 
2008年
 - 
2014年
日本学術会議  連携会員
 
2012年12月
 - 
2013年11月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 

論文

 
桑原朝子「近松門左衛門『大経師昔暦』をめぐって―貞享改暦前後の日本の 社会構造―」(「北大法学論集」64巻第2号、第3号)
大平祐一
「法制史研究」   (64)    2015年3月
江戸の司法
大平祐一
創文   (14)    2014年7月
『近世日本の訴訟と法』を出版して
大平祐一
立命館ロー・ニューズレター   (76)    2014年3月
越訴取扱の変化と『訴訟』制度の評価
大平祐一
法制史研究   (63)    2014年3月
坂本忠久「近世江戸の都市法とその運用・施行に関する一試論ーー『類集撰要』巻七・巻八を素材としてーー」(「法学」76巻4号)
大平祐一
「法制史研究」   (63)    2014年3月

書籍等出版物

 
法学ことはじめ
生田勝義、大平祐一、倉田玲、河野恵一、佐藤敬二、徳川信治、松本克美
法律文化社   2015年3月   ISBN:978-4-589-03662-9
近世日本の訴訟と法
創文社   2013年12月   ISBN:987-4-423-74106-1
近世の非合法的訴訟
創文社   2011年7月   
『日本型社会論」の射程』(桂島宣弘氏と共編)
桂島宣弘・大平祐一
文理閣   2005年3月   
目安箱の研究
創文社   2003年6月   

講演・口頭発表等

 
史料紹介 江戸幕府評定所民事判例集
近世法史研究会   2013年3月27日   
非合法の「訴訟」ーー背景とその機能
法政研究会   2010年12月21日   
『法の流通』合評会報告
法制史学会   2010年5月   
「出入」の終結ーー江戸時代の民事訴訟手続
日本近代法制史研究会   2009年11月21日   
判決が出たあとーー江戸時代の「訴訟社会」像ーー
「東アジア史上における中国訴訟社会の研究」研究会   2009年10月10日   

担当経験のある科目