MATSUMIYA Takaaki

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 02:44
 
Avatar
Name
MATSUMIYA Takaaki
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
School of Law
Job title
Professor
Degree
Master of Laws, Doctor of Laws(Ritsumeikan University)
Other affiliation
Ritsumeikan University

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1976
Shiga Prefectural Torahime High School
 
 
 - 
Mar 1980
Faculty of Laws, Kyoto University
 
 
 - 
Mar 1985
Graduate School, Division of Law, Kyoto University
 

Published Papers

 
背任罪における「財産上の損害」,「任務違背」,「図利加害目的」の関係
立命館法学   (363・364) 2166ー2190   Mar 2018
「目的犯」と危険運転致死傷罪における「通行妨害目的」
市民的正義のための市民的熟議と刑事法   339-359   Mar 2018
井戸田「公訴権濫用論」について
季刊 刑事弁護   (93) 117-124   Jan 2018
再審請求審および再審公判と『訴因変更』
刑法雑誌   57(1) 34-49   Dec 2017
ギュンター・ヤコブスの刑法理論と日本刑法学
『山中敬一先生古稀祝賀論文集』   上    Apr 2017

Books etc

 
「共謀罪」を問う 法の解釈・運用をめぐる問題点
法律文化社   Sep 2017   ISBN:978-4-589-03867-8
刑法総論講義(第5版)
成文堂   Mar 2017   ISBN:978-4-7923-5196-0
刑法各論講義(第4版)
成文堂   Mar 2016   ISBN:978-4-7923-5178-6
リーディングス刑法
伊東研祐
法律文化社   Sep 2015   ISBN:978-4-589-03696-4
ハイブリッド刑法総論(第2版)
法律文化社   May 2015   ISBN:978-4-589-03681-0

Conference Activities & Talks

 
福島原発事故と刑事責任
国際犯罪学会2011年大会   9 Aug 2011   
量刑に対する責任、危険性および予防の意味
日独シンポジウム「量刑法の基本問題」   12 Sep 2009   
組織犯罪対策に見る『自由と安全と刑法』――共謀罪立法問題を含む――
日本刑法学会第86回大会   17 May 2008   
犯罪体系論再考
西原春夫教授の刑法理論国際シンポジウム   2 Mar 2008   
今日における犯罪論と刑罰論の関係
「グローバル化時代の刑法理論新体系」国際討論会   Oct 2007   

Teaching Experience