伊坂 忠夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/28 03:02
 
アバター
研究者氏名
伊坂 忠夫
 
イサカ タダオ
URL
http://www.ritsumei.ac.jp/~isaka/
所属
立命館大学
部署
スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科
職名
教授
学位
体育学修士(日本体育大学大学院), 博士(工学)(立命館大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
1990年3月
日本体育大学体育研究所・助手
 
1990年4月
 - 
1991年3月
日本体育大学体育専攻科・非常勤助手
 
1991年4月
 - 
1992年3月
日本体育大学・非常勤講師
 
1992年4月
 - 
2003年3月
立命館大学理工学部・助教授
 
1995年4月
 - 
1996年3月
ジョージア工科大学・客員研究員 [国外]
 

学歴

 
 
 - 
1985年
立命館大学 産業社会学部 産業社会
 
 
 - 
1987年
日本体育大学大学院 体育学研究科 体育学
 

委員歴

 
1993年4月
   
 
(社)日本ウエイトリフティング協会 スポーツ医科学委員会委員
 
2002年4月
 - 
2012年3月
滋賀県体育協会理事
 
2002年4月
   
 
財)日本オリンピック委員会強化スタッフ
 
2004年6月
   
 
特定非営利活動法人びわ湖健康・福祉コンソーシアム 理事
 
2006年4月
   
 
滋賀県立草津東高等学校 学校評議員
 

受賞

 
2014年11月
第27回日本トレーニング科学会大会 「トレーニング科学研究賞奨励賞」
 
2014年5月
日本学術振興会 平成26年度ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
 
2011年12月
日本トレーニング指導者協会 第6回日本トレーニング指導者協会指導者研修・交流会 第1回研究・実践発表 優秀研究賞
 
2011年11月
第24回日本トレーニング科学会大会 「トレーニング科学研究賞大賞」
 
2008年12月
SI2008優秀講演賞(第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会)
 

論文

 
Tsukamoto H, Suga T, Ishibashi A, Takenaka S, Tanaka D, Hirano Y, Hamaoka T, Goto K, Ebi K, Isaka T, Hashimoto T
Nutrition   46 90-96   2018年
高尾憲司,濱口幹太,上野弘聖,松生香里,伊坂忠夫
体力科学   67(3) 227-235   2018年3月
Hiromasa Ueno, Tadashi Suga, Kenji Takao, Takahiro Tanaka, Jun Misaki, Yuto Miyake, Akinori Nagano, Tadao Isaka
Int J Sports Med   39(04) 275-281   2018年2月
Nobuaki Fujibayashi,Mitsuo Otsuka,Shinsuke Yoshioka,IsakaTadao Isaka
J Sports Med Phys Fitness      2017年10月
Association between hand muscle thickness and whole-body skeletal muscle mass in healthy adults: a pilot study
Akio Morimoto, Tadashi suga, Nobuaki tottori, Michio Wachi, Jun Misaki, Ryo tsuchikane, Tadao Isaka
The Journal of Physical Therapy Science   29 1644-1648   2017年9月

書籍等出版物

 
Achilles Tendon and Ankle Injuries: Chapter 2 Evaluation of achilles tendon length changes in human
共著(Arthur Adams ら11名と共著) Chapter2 Atsuki Fukutani, Akinori Nagano, and Tadao Isaka
Nova Science Publishers, Inc.   2015年   ISBN:978-1-63483484-1
スポーツアナトミー 人体解剖生理学
塩田清二,竹ノ谷文子 編、岡尻貞三,伊坂忠夫他
丸善   2014年   
スポーツ運動科学-バイオメカニクスと生理学- (第39章パワーリフティング,ウェイトリフティング運動のバイオメカニクス)
総監訳:宮永豊,監訳:阿江通良,河野一郎,髙松薫,徳山薫平
西村書店   2010年   
スポーツサイエンス入門
田口貞善,矢部京之助
丸善   2010年   
ロボティクス概論
有本 卓,他9名
コロナ社   2007年   

講演・口頭発表等

 
MORPHOLOGICAL AND FUNCTIONAL CHARACTERISTICS OF 110M HURDLERS: VOLUME AND ISOMETRIC STRENGTH OF THE HIP FLEXOR AND EXTENSOR MUSCLES
41st Annual Meeting of the American Society of Biomechanics   2017年8月9日   
EFFECTS OF LOCAL MUSCLE FATIGUE ON DYNAMIC POSTURAL CONTROL: A PILOT STUDY
41st Annual Meeting of the American Society of Biomechanics   2017年8月9日   
RELATIONSHIP BETWEEN TRUNK ANGULAR KINEMATICS AND CLUB HEAD SPEED IN GOLFERS USING
The XXVI Congress of the International Society of Biomechanics 2017   2017年7月26日   
EFFECT OF FRONT LEG EXTENSION TIMING DURING KICK-START ON SWIMMING START PERFORMANCE
The XXVI Congress of the International Society of Biomechanics 2017   2017年7月26日   
DIFFERENCES IN PERFORMANCE OF SPRINTING IN A SIDEWAYS DIRECTION BETWEEN THE USES OF FORWARD AND COUNTER STEP TECHNIQUES
The XXVI Congress of the International Society of Biomechanics 2017   2017年7月26日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
身体のミクロからマクロの世界へ~最先端研究に触れ自らの身体を深く理解しよう~
独立行政法人日本学術振興会 平成22年度 研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~
研究期間: 2011年 - 2011年
立命館大学 スポーツ健康科学の最先端研究に触れてみよう!
独立行政法人日本学術振興会 平成22年度 研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~
研究期間: 2010年 - 2010年
滋賀県提案公募型産学官新技術開発事業「IT活用型健康サポートサービスシステムの開発」
滋賀県産業支援プラザ
研究期間: 2008年 - 2008年
「現場の声が創る!」健康・福祉産業創出支援事業調査委託事業「健康サービス事業のニーズ調査ならびに将来を探る調査」
滋賀県産業支援プラザ
研究期間: 2007年 - 2007年
滋賀県提案公募型産学官新技術開発事業「IT活用型健康サポートサービスシステムの開発」
滋賀県産業支援プラザ
研究期間: 2007年 - 2007年

特許

 
2016-202612  : 下肢トレーニング装置
特開2016-47219 : 身体動作の練習支援システム
特開2010-259607 : トレーニング装置
第4956808号 : 筋力訓練装置及び筋力特性評価方法
特開2005-198818 : 身体動作の学習支援システム及び学習方法