SATOMI Jun

J-GLOBAL         Last updated: Jun 16, 2017 at 13:29
 
Avatar
Name
SATOMI Jun
Degree
Others

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Ritsumeikan University College of Life Sciences, Department of Biomedical Sciences
 

Education

 
 
 - 
1974
Faculty of Physical Education, Tokyo University of Education
 
 
 - 
Mar 1976
Exercise Physiology, "Graduate School, Division of Physical Recreation", Juntendo University
 
 
 - 
1985
Sport medicine, "Graduate School, Division of Sports Science", German Sport University cologne
 

Published Papers

 
Konishi Y.,Koosaka Y.,Maruyama R.,Tanida M.,Satomi J. et al.
Brain Res Bull   111 48-52   Apr 2015
Tanida M.,Imanishi K.,Satomi J. et al.
Experimental Biology and Medicine   (239) 477-483   Feb 2014
シンポジウム報告:トレーニングは「何」をトレーニングするのか(Part3)国際レベルでの活躍を目指した競技力向上の課題 -オリンピックでの活躍を目指すボート競技指導者の紹介-
里見潤
現代スポーツ研究   (12) 61-66   Nov 2011
Tanida M. and Satomi J.
Neurosci Lett   491 211-215   Sep 2011

Books etc

 
Lactate,an efficient energy source
編著:八田秀雄(執筆者17名)
杏林書院   Mar 2008   ISBN:978-4-7644-1097-8
Physiology of Rowing
青木純一郎ら編著(執筆者32名)
市村出版   Nov 2001   ISBN:4-9900743-3-5
『健康トレーニング』(Strauzenberg 著)
倉書館   May 1993   
クレストフニコフ  スポーツの生理学
不昧堂出版   1980   
Lauf dich gesund!
ISHIKO Toshihiro
Fumaidoushuppan   Sep 1979   ISBN:0275-10121-7431

Conference Activities & Talks

 
アメリカンフットボールにおける試合期とオフ期の血中hsCRP濃度の比較
第69回日本体力医学会大会   Sep 2014   
グルコース摂取後の低強度運動開始のタイミングが血中グルコース濃度の動態に及ぼす影響
第69回日本体力医学会大会   Sep 2014   
血中hsCRP濃度測定によるアスリートのコンディション把握の可能性の検討 - トライアスロンを対象にして -
第68回日本体力医学会大会   Sep 2013   
マラソン完走後の回復過程における血中hsCRP濃度の動態 - ランニング愛好者の事例 -
第68回日本体力医学会大会   Sep 2013   
100kmマラソンが心拍変動解析指標に及ぼす影響
第22回ランニング学会 [ランニング学研究,(2010),22,64-65]   Mar 2010   

Teaching Experience