奥田 隆男

J-GLOBALへ         更新日: 03/12/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
奥田 隆男
 
オクダ タカオ
所属
名古屋外国語大学
部署
国際経営学部 国際経営学科
職名
教授
学位
経済学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

Misc

 
現われの意識-ジンメルの場合-
ユスティティア   2    1991年
リッカートとランプレヒト論争
京都大学経済論叢   136    1985年
『ロッシャーとクニース』における理解論
社会思想史研究   10 
マックス・ウェーバーにおける理解社会学の形成
京都大学経済論叢   123    1981年
ジンメルにおける生の問題(1)
日ノ本学園短大研究紀要   19    1991年

書籍等出版物

 
家族論の移り変わり
『家庭の立場』所収   1992年   
世紀転換期における人間科学の革新
社会思想史を学ぶ人のために (共著)   1994年   
現代家族論(共著)
化学同人   
子どもと家族(共著)
児童福祉総論(保育出版社)   1998年   
思想史は物語か
歴史と方法編集委員会編『歴史と方法3-方法としての丸山真男』青木書店   1998年   

Works

 
ドイツ社会国家の成立・変遷とそれを巡る論争および学説
2003年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
ゲオルク・ジンメルにおける〈生〉概念の研究
映画やテレビ・ドラマに見られる日本の家族の変容の研究