三浦 佳世

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/24 11:02
 
アバター
研究者氏名
三浦 佳世
 
ミウラ カヨ
URL
http://www.psycho.hes.kyushu-u.ac.jp/~lab_miura/
所属
九州大学
部署
大学院人間環境学研究院 人間科学部門 心理学講座
職名
教授
学位
学術博士, 文学修士

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2016年
九州大学 人間環境学研究院 教授
 
1998年
 - 
2000年
九州大学大学院人間環境学研究科 教授
 
1996年
 - 
1998年
神戸芸術工科大学芸術工学部 助教授
 
1991年
 - 
1996年
樟蔭女子短期大学人間関係科 助教授
 
1979年
 - 
1981年
日本学術振興会 奨励研究員
 

学歴

 
 
 - 
1979年
大阪大学 文学研究科 心理学
 
 
 - 
1974年
大阪大学 文学部 哲学科・心理学専攻
 

委員歴

 
2015年6月
 - 
現在
日本心理学会  理事
 
2009年2月
 - 
現在
日本基礎心理学会  常務理事
 
2013年7月
 - 
2015年7月
日本心理学会  監事
 
2007年11月
 - 
2015年6月
日本心理学会  代議員
 
2005年6月
 - 
2015年6月
日本認知心理学会感性学研究部会  代表
 
2003年6月
 - 
2015年6月
日本認知心理学会  理事
 
2009年2月
 - 
2013年2月
日本基礎心理学会  理事
 
2010年4月
 - 
2012年6月
日本認知心理学会  将来構想委員
 
2009年7月
 - 
2011年7月
日本心理学会  国際賞選考委員
 
2009年7月
 - 
2011年7月
日本心理学会  理事
 
2009年7月
 - 
2011年7月
日本心理学会  国際委員会委員長
 
2009年4月
 - 
2010年3月
日本心理学会  優秀論文賞選考委員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本人間工学会  評議員
 
2007年11月
 - 
2011年11月
日本心理学会  編集委員
 
2007年11月
 - 
2009年6月
日本心理学会  国際委員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会  国際誌編集委員
 
2005年4月
 - 
2008年3月
日本心理学会  広報委員
 
2004年5月
 - 
2009年4月
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究専門委員会  副委員長
 
2003年7月
 - 
2004年6月
日本心理学会  代議員
 
2003年6月
 - 
2012年6月
日本認知心理学会  制度委員
 
2002年6月
 - 
2009年6月
日本基礎心理学会  編集委員
 
2002年6月
 - 
2009年2月
日本基礎心理学会  理事
 
1999年5月
 - 
2015年7月
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会  専門委員
 
1998年11月
 - 
2000年10月
日本心理学会  モノグラフ委員
 
1998年4月
 - 
2000年3月
日本人間工学会  評議員
 

受賞

 
2015年11月
日本基礎心理学会 優秀発表賞 密集体への不快感は空間周波数に基づくのか?
受賞者: 佐々木 恭志郎・山田祐樹・ 黒木 大一朗・三浦佳世
 
2015年11月
日本基礎心理学会 優秀論文賞 視覚的触感に触覚情報が及ぼす影響.
受賞者: 山本健太郎・崔原齊・三浦佳世
 
2014年6月
日本認知心理学会 優秀発表賞 法と空間心理学―法廷配置と利き手が生み出す量刑判断バイアス―
受賞者: 山田祐樹・佐々木恭志郎・三浦 佳世
 
2013年12月
日本基礎心理学会 優秀発表賞 感情形成における画像認知と身体動作の遡及的統合.
受賞者: 佐々木恭志郎・ 山田祐樹・三浦 佳世
 
2012年11月
日本基礎心理学会 優秀発表賞 数の大きさの経時的変化は時間知覚を変容させる.
受賞者: 佐々木恭志郎・山本健太郎・三浦佳世
 
2010年8月
日本視覚学会 ベストプレゼンテーション賞 高次視覚段階における運動処理は時間知覚を伸張させる.
受賞者: 山本健太郎・三浦佳世
 
2007年8月
日本感性工学会 日本感性工学会出版賞(分担単著) 都甲潔・坂口光一(編)「感性の科学-心理と技術の融合」, 朝倉書店.
 
2006年8月
日本認知心理学会 優秀発表賞 運動物体の通過時間予測と素朴物理学-地面と摩擦すると遅くなる-.
受賞者: 山田祐樹・三浦佳世
 
2006年6月
日本基礎心理学会 優秀発表賞 運動物体の通過時間予測と素朴物理学−上ると長い,下ると短い−.
受賞者: 山田祐樹・山口舞・三浦佳世
 
2006年4月
日本感性工学会 出版賞  心理学と感性-知覚と表現の実証研究を通して.都甲潔・坂口光一(編)「感性の科学-心理と技術の融合」.朝倉書店
 

論文

 
Can spatial frequency filtering of visuo-somatic information.
Sasaki, K., Yamada, Y., Kuroki, D. & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   35(2)    2016年9月   [査読有り]
Sasaki, K, Yamada, Y, & Miura, K
Acta Psychologica   163 97-106   2016年4月   [査読有り]
When a silhouettea appears male: Ibserver's own physical fitness governs social categorization of sexually ambiguous stimuli.
Kishimoto, R., Sasaki, K., Gibaram A., Ojiro, Y., Nam, G., Miura,K., & Yamada,Y.
Letters on Evolutionary Behavioral Science   7(1) 14-17   2016年3月   [査読有り]
Two replications of “Hierarchical encoding makes individuals in a group seem more attractive (2014; Experiment 4)”.
Ojiro, Y., Gobara, A., Nam, G., Sasaki, K., Kishimoto, R., Yamada, Y., & Miura, K.
The Quantitative Methods for Psychology   11(2) r8-r11   2015年5月   [査読有り]
Sasaki K, Yamada Y, Miura K
Proceedings. Biological sciences / The Royal Society   282(1805)    2015年4月   [査読有り]
Sasaki, K., Taya, S., & Miura, K.
International Journal of Affective Engineering.   13 279-284   2014年12月   [査読有り]
時間と空間の知覚と表現-写真のミニチュア効果・フォトコラージュ、絵画の時間研究を通して-
三浦 佳世
モルフォロギア   36 2-22   2014年10月   [査読有り]
視覚的触感に触覚情報が及ぼす影響
山本健太郎・崔原齊・三浦 佳世
基礎心理学研究,   33(1) 9-18   2014年4月   [査読有り]
Yamada, Y., Harada, S., Choi, W., Fujino, R., Tokunaga, A., Gao, Y-Y., & Miura, K.
Frontiers of Psychology.      2014年4月   [査読有り]
Yamada, Y., Sasaki, K., & Miura, K.
Perception   43 223-225   2014年4月   [査読有り]
Sasaki K, Yamamoto K, Miura K
Perception   42 198-207   2013年   [査読有り]
Yamada Y, Kawabe T, Miura K
Neuroscience letters   531 96-98   2012年12月   [査読有り]
Yamamoto K, Miura K
Experimental brain research. Experimentelle Hirnforschung. Experimentation cerebrale   223 311-319   2012年11月   [査読有り]
Qian K, Kawabe T, Yamada Y, Miura K
Attention, perception & psychophysics   74 1020-1032   2012年7月   [査読有り]
Yamamoto K, Miura K
Journal of vision   12    2012年4月   [査読有り]
Sasaki, K., Seno, T., Yamada, Y., & Miura, K.
Perception   41(7) 875-877   2012年   [査読有り]
児玉優子, 三浦佳世
心理学研究   82(3) 277-282   2011年8月   [査読有り]
Yamada Y, Miura K, Kawabe T
Journal of vision   11    2011年5月   [査読有り]
Miura K.
Japanese Psychological Research   53(4) 341-348   2011年   [査読有り]
Miura, K., Sukemiya, H. and Yanaguchi, E.
Japanese Psychological Research   53(3)    2011年   [査読有り]
Taya,S.&Miura,K.
Attention, Perception, & Psychophysics   72(7) 1930-1937   2010年   [査読有り]
Kawabe, T., Qian, K., Yamada, Y.,& Miura, K.
Perception   39 573-576   2010年   [査読有り]
Yamada, Y., Ariga, A., Kawabe, T., & Miura, K.
Advances in Cognitive Psychology   6 35-46   2010年   [査読有り]
Representational momentum modulated by object spin
Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   28 212-220   2010年   [査読有り]
Kawabe, T., Shirai, N., Wada, Y., Miura, K., Kanazawa, S., Yamaguchi, M. K.
PLoS ONE   5(3) e9503   2010年   [査読有り]
Qian, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K.
Perception   38(8) 1172-11282   2009年   [査読有り]
Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K.
Psychological Research/Psychologische Forschung   72(3) 273-280   2008年   [査読有り]
Kawabe, T., Miura, K., & Yamada, Y.
Acta Psychologica   128(2) 249-254   2008年   [査読有り]
Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K.
Psychologia   51(3) 206-213   2008年   [査読有り]
Kawabe, T., & Miura, K.
Experimental Psychology   55(4) 228-234   2008年   [査読有り]
Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K.
Consciousness and Cognition   (16) 374-380   2007年   [査読有り]
Taya, S. & Miura, K.
Perception   36(1) 3-16   2007年   [査読有り]
Kawabe, T., Miura, K.
Vision Research   47(7) 913-918   2007年   [査読有り]
Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K.
Visual Cognition   15(3) 305-321   2007年   [査読有り]
酒井 歩, 河邉 隆寛, 三浦 佳世
基礎心理学研究   25(1) 1-8   2006年9月   [査読有り]
This study examined how a three-dimensional (3D) background depicted by pictorial cues serves as a context in a visual search task. The task was to search for a target cube differentiated from distractor cubes by a perceptual slant. The reaction t...
Kawabe, T., Miura, K.
Experimental Brain Research   175(2) 372-375   2006年   [査読有り]
Effects of the orientation of moving objects on the perception of streaming/bouncing motion displays.
Kawabe, T., & Miura, K.
Perception & Psychophysics   68(5) 750-758   2006年   [査読有り]
Kawabe, T.,& Miura, K.
Psychological Research/Psychologische Forschung   70(5) 375-383   2006年   [査読有り]
Kawabe, T., & Miura, K.
Psychologia   48(3) 155-170   2005年   [査読有り]
Kawabe. T., & Miura, K.
Vision Research   (45) 373-379   2005年   [査読有り]
Miura, K.
Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science   23(6) 299-301   2004年   [査読有り]
Kawabe. T., & Miura, K.
Experimental Brain Research   158(3) 391-395   2004年   [査読有り]
Kawabe, T., & Miura, K.
Spatial Vision   17(3) 187-200   2004年   [査読有り]
Kawabe, T., & Miura, K.
Perception   (33) 601-614   2004年   [査読有り]
Miura,K., & Koike, M.
Japanese Psychological Research   45(4) 209-220   2003年   [査読有り]
陰影に基づく図地の割り当て
河辺隆寛・三浦佳世
基礎心理学研究   22(1) 10-17   2003年   [査読有り]
河邉 隆寛, 三浦 佳世
心理学評論   45(2) 180-191   2002年   [査読有り]
荒生 弘史, 三浦 佳世
基礎心理学研究   19(1) 14-20   2000年9月   [査読有り]
Two chord-priming experiments employing the in-tune/out-of-tune decision task examined whether facilitation or disruption is dominant at brief inter-stimulus intervals (ISIs) (Experiment 1), and whether each component tone of prime chords triggers...
衣服における縞模様の錯視的効果
崔玉珠・三浦佳世・佐々木煕
ファッション環境   (7) 44-47   1997年   [査読有り]
三浦佳世・難波精一郎・桑野園子・村石喜一・大川平一郎
人間工学   (32) 11-19   1996年   [査読有り]
三浦 佳世
鉄鋼大学誌   p25-34   1986年3月   [査読有り]
空間周波数選択的機構の加重と抑制
三浦佳世
心理学評論   29(3) 278-301   1986年   [査読有り]
三浦 佳世
光学   13(4) p270-279   1984年8月   [査読有り]
Change in detection threshold caused by peripheral gratings: Dependence on contrast and separation.
Ejima, Y., & Miura, K.
Vision Research   24(4) 367-372   1984年   [査読有り]
三浦佳世・江島義道
光学   11(4) 397-405   1982年   [査読有り]
三浦佳世・江島義道
光学   11(4) 389-396   1982年   [査読有り]
Color aftereffects contingent on Mackay complementary regular patterns.
Yasuda, K.
Japanese Psychological Research   20(3) 115-123   1978年   [査読有り]

Misc

 
オノマトペが交差・反発知覚に及ぼす影響
郷原皓彦・山田祐樹・三浦佳世
電子情報通信学会技術報告   115(149) 77-82   2015年7月
The effects of culture-based visual experience on the evaluation of Japanese and Chinese historic buildings.
Luo, W., & Miura,K.
Kyushu University Psychological Research   15 1-8   2015年3月   [査読有り]
Emotion formed by postdictive integration of visuo-somatic information.
Sasaki, K., Yamada, Y., & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   33 129-130   2014年11月
Temporal change in numerical magnitude influences time perception.
Sasaki, K., Yamamoto, K., & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science. (abstract)   32 133-134   2013年12月
Sasaki, K., Taya, S., & Miura, K.
Proceedings of 2013 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering.      2013年7月
絵画の中の視線・鑑賞者の視点-感性認知学からのアプローチ-
三浦佳世
臨床描画研究   28 24-43   2013年6月
山本健太郎, 三浦佳世
基礎心理学研究   31(2) 215   2013年3月
内山 朋美, 佐々木 恭志郎, 中間 直子, 大塚 規史, 荒砂 精伍, 武 濰揚, 葉 欣, 楊 晨曦, 三浦 佳世, Uchiyama Tomomi, Sasaki Kyoshiro, Nakama Naoko, Otsuka Norihito, Arasuna Seigo, Wu Weiyang, Ye Xin, Yang Chenxi, Miura Kayo, ウチヤマ トモミ, ササキ キョウシロウ, ナカマ ナオコ, オオツカ ノリヒト, アラスナ セイゴ, ウー ウェイヤン, イェ シン, ヤン チェンシー, ミウラ カヨ
九州大学心理学研究   14 19-24   2013年3月
It is known that positive or negative feedback influences task performance. However, it is unclear which type of feedback is effective under what case. Therefore, this study investigated whether the effectiveness of both types of feedback depends ...
佐々木 恭志郎, 山本 健太郎, 三浦 佳世
基礎心理学研究   31(2) 215   2013年3月
葉 欣, 三浦 佳世
基礎心理学研究   31(2) 221   2013年3月
佐々木恭志郎, 田谷修一郎, 三浦佳世
Vision   25(1) 57   2013年1月
山本健太郎, 山本健太郎, 三浦佳世
Vision   24(1) 14   2012年1月
安藤花恵, 三浦佳世, 田泓明日香
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.O3-3   2012年
佐々木恭志郎, 山本健太郎, 山本健太郎, 三浦佳世
Vision   23(3) 172   2011年7月
山本健太郎, 三浦佳世
基礎心理学研究   29(2) 183   2011年3月
脳研究と感性心理学
三浦 佳世
日本生体磁気学会誌特別号   24(1) 72-73   2011年
オノマトペによる速度感
三浦佳世
Proceedings of the 25th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence   1Ca-OS4a-1 1-2   2011年
三浦 佳世
電気学会研究会資料. EDD, 電子デバイス研究会   2010(76) 19-24   2010年11月
三浦 佳世
基礎心理学研究   28(2) 239-240   2010年3月
山本 健太郎, 三浦 佳世
基礎心理学研究   28(2)    2010年3月
銭 昆, 河邉 隆寛, 三浦 佳世
基礎心理学研究   28(2) 269-270   2010年3月
児玉 優子, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   109(470) 253-258   2010年3月
本研究では,ドットパターンの体制化の仕方(ドットがいくつの群にまとまって見えるか)とパターンに対するよさ評定の関係を検討することを目的とした.実験1・2では,主体的な体制化とよさ評定の関係を検討した.その結果,参加者は同じパターンを観察しても,少ないまとまりで体制化をした場合によりよいと評定した.実験3では,受動的な体制化とよさ評定の関係を検討した.その結果,参加者は多いまとまりで体制化をした場合によりよいと評定し,実験1・2と矛盾する結果が得られた.この矛盾を解決するために,実験4で情報...
感性認知学の視座―アイステーシスの実証科学として―ドラフト
三浦佳世
九州大学大学院人文科学研究院創立85周年記念論文集   645-674   2010年3月
高次視覚段階における運動処理は時間知覚を伸長させる
山本健太郎・三浦佳世
VISION   22(4) 207-210   2010年
三浦 佳世, 上村 俊介
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   109(345) 97-101   2009年12月
マンガなどで、対象の運動方向や軌跡、様態、速度印象などを効果的に伝える表現技法に、モーション・ラインがある。この技法はオノマトペ(擬音語・擬態語)と組み合わせて、より明確な情報を伝えるように工夫されていることが多い。しかし、絵画情報(モーション・ライン)と言語情報(オノマトペ)が、どのように選択・統合されて、単一の印象を提供しているかを定量的に検討した研究は殆どない。本研究は、速度印象を指標に、マグニチュード・エスティメーション(ME)法のデータに基づき、重回帰分析を行って、この点を検討し...
情価の異なる漢字二字熟語の検出に及ぼす気分状態の影響
原口恵・中西悟・原田佑規・松本周子・三浦佳世
九州大学心理学研究   11    2009年12月
三浦 佳世
映像情報メディア学会技術報告   33(45) 41-46   2009年10月
実写なのに模型を写したように見える写真作品がある。こうした作品は、三つの観点で興味深い。ひとつには、大きさ-距離判断という知覚の観点からである。どのような知覚要因が判断の誤りに関与しているのだろうか?二つめには、リアリティ判断の観点からである。私たちは何に基づき、リアルな実体という判断を下すのだろうか?三つめには、こうした作品が注目される社会的背景からである。写真の記録性が技術的には高まる一方、それを否定する写真が楽しまれる背景に何があるのだろうか?ここでは1番目の知覚的観点に焦点をあて、...
山田 祐樹, 三浦 佳世, 河邉 隆寛
映像情報メディア学会技術報告   33(45) 51-56   2009年10月
定位標的に先行して標的近辺に手がかり刺激が呈示された場合,知覚される標的位置は手がかり位置から遠ざかる(注意反発).一方で,標的は手がかり方向に偏って誤定位されることもある(注意牽引).また手がかりが呈示されなくとも,標的は中心窩方向へ偏って定位される傾向にある(中心窩バイアス).本研究では,これら3つの現象が標的消失後の保持期間の長さに従って個別に生じる空間定位の歪みであると考え,これらがどのような順序で生起するかを検討した.具体的には,プローブによる相対位置判断課題を用い,標的・プロー...
山本 健太郎, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   109(261) 109-114   2009年10月
同じ呈示時間でも,速く動く対象を観察した時間は,それよりも遅いもしくは静止した対象を観察した時間よりも長く知覚される(時間拡張).本研究では,静止画の速度印象が実際の運動と同様に時間拡張を引き起こすかどうかを検討した.実験1では時間再生課題を用い,0.5s,1.0s,1.5sという呈示時間で,キャラクタの姿勢から得られる速度印象の影響を検討したところ,速度印象は知覚された時間に影響しなかった.しかし,実験2で時間二等分課題(temporal bisection task)を用い,0.5s以...
注意による視空間歪曲の時間的遷移
山田祐樹・三浦佳世・河邉隆寛
電子情報通信学会技術研究報告   109(261) 51-56   2009年10月
河邉 隆寛, 三浦 佳世
感性工学   8(2) 248-252   2009年1月
アイステーシスの科学としての感性研究
三浦佳世
感性工学   8(2) 232-239   2009年
山本 健太郎, 児玉 優子, 東 まどか, 清久 雄大, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   108(356) 65-70   2008年12月
本研究では静止画における速度印象が時間知覚に影響するかどうかを検討した.実験1では3種類のチーター写真を用い,背景に画像処理を施して速度印象を操作して時間再生課題をおこなった.その結果,速度印象の最も高い水平ブラーを施した刺激の再生時間が,他の刺激よりも短かった.しかし,チーターの姿勢の躍動感から生じた速度印象は再生時間に影響しなかった.これらの違いは,テクスチャ処理と形態処理の違いが影響した可能性が考えられるため,実験2ではアクションラインを用いて形態情報から推定される速度印象の影響を検...
三浦 佳世, 上村 俊介
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   108(356) 59-64   2008年12月
対象の運動や速度感を伝える絵画的手法にモーション・ラインがある。とりわけ,マンガで多用されるこの技法は,オノマトペ(擬音語・擬態語)と併用されて,より効果的に用いられることが多い。本研究では,様々なモーション・ライン(絵画情報)と,モーション・ラインから喚起されるオノマトペに対し,マグニチュード・エスティメーション法を用いて,それぞれの速度感を測定し,「表現」と「印象」との関係を分析するとともに,絵画情報と言語情報という異なる処理経路に基づく感性表現の関係性について考察した。その結果,直線...
児玉 優子, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   108(356) 47-52   2008年12月
本研究では体制化の仕方がパターン(ドットの配置)のよさ判断に与える影響を検討した.7つの黒いドットをランダムに配置した刺激を用いた.参加者の課題は,パターンに対してどのくらい「よい-悪い」という印象を感じるかを評定すること(よさ評定課題)と,よさ評定課題の際に,ドットがどのようなまとまりを持って見えていたかを報告すること(まとまり作成課題)であった.その結果,同じパターンに対するよさ判断をおこなったにも関わらず,よさ評定値は体制化の仕方によって異なった.さらに,体制化の際のまとまりの数とい...
山田 祐樹, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   108(356) 37-40   2008年12月
他者の視線移動は観察者の視覚的注意を自動的にシフトさせる.本研究はこの視線駆動の注意シフトが運動物体の最終位置の再生に影響するかを検討した.被験者には,水平にスムース運動する標的と,それを追跡するような視線刺激が呈示された.標的は突如消失し,視線刺激の追跡最終位置は標的の消失位置の後方から前方まで5段階設けられた.被験者は標的の消失位置をマウスポインティングによって再生するよう求められた.結果として,再生位置は視線の最終位置による有意なバイアスを受けた.この結果は,視線駆動の注意シフトによ...
安藤 花恵, 三浦 佳世
日本教育心理学会総会発表論文集   (50)    2008年9月
古賀 靖子, 三浦 佳世
学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境   2008 133-134   2008年7月
助宮 治, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   108(26) 47-52   2008年5月
We investigated the perception of other's gaze directed to an auditory or a visual target using two tasks: localizing the perceived point where the gaze was directed and discriminating between direct and averted gazes to a target. The gaze to an a...
銭 〓, 山田 祐樹, 河邉 隆寛, 三浦 佳世
基礎心理学研究   26(2)    2008年3月
山田 祐樹, 河邉 隆寛, 三浦 佳世
基礎心理学研究   26(2)    2008年3月
助宮 治, 中溝 幸夫, 三浦 佳世, Sukemiya Haru, Nakamizo Sachio, Miura Kayo, スケミヤ ハル, ナカミゾ サチオ, ミウラ カヨ
九州大学心理学研究   9 19-26   2008年
The present study estimated the location of the origin of spatial coordinates in the human auditory localization system, which is called the auditory egocenter. A standard sound was presented from one of eight loudspeakers located at 30, 60, 120 a...
他者の視線による運動知覚の変調
山田祐樹・三浦佳世
電子情報通信学会技術研究報告   108(356) 37-40   2008年
銭 こん, 山田 祐樹, 河邊 隆寛, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   107(369) 27-31   2007年11月
本研究は,きらめき格子錯視(Scintillating grid illusion)の生起メカニズムを明らかにするために,錯視図形の格子の交差点上に重ねる幾何学図形の大きさ,形状及び方位に着目し,これらがきらめき格子錯視に及ぼす影響を検討した.その結果,きらめき格子錯視の生起には交差点に重ねる幾何学図形の形状そのものではなく,大きさと方位が影響していることが示された.したがって,きらめき格子錯視には大きさと方位に関する視覚処理が関与していることが示唆された.
児玉 優子, 三浦 佳世, 河邉 隆寛
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   107(369) 39-42   2007年11月
カニッツァ縮小錯視の先行研究において,両眼網膜像差を与えて遮蔽面が飛び出して見えるように図形を呈示すると錯視が消失することが示されている.しかしながら,従来の研究では,錯視消失の原因が単眼遮蔽領域そのものにあるのか,それとも知覚的な奥行き感にあるのかは検討されていない.そこで本研究では、色立体視を用いて単眼遮蔽領域の要因と知覚的な奥行き感の要因を分離することで,錯視消失の原因はどちらにあるのかを検討した.結果,縮小錯視の消失の原因は単眼遮蔽領域の存在であることが示された.これは,カニッツァ...
荻内 康雄, 古賀 靖子, 三浦 佳世, 田上 健一
学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境   2007 127-128   2007年7月
Naive physics alters time-to-passage judgments.
Yamada, Y., Yamaguchi, M., & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   25(2) 271-272   2007年
助宮 治, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   106(410) 141-144   2006年11月
本研究では,様々な位置に提示された音源へのポインティング課題を用いて,他者の視線手がかりが聴覚定位に及ぼす影響を調べた.実験では,視線手がかりとして右か左に視線を向けた顔のアニメーション画像を用い,ターゲット音(ホワイトノイズ,50dB)を視線方向または視線と反対方向に提示した.視線手がかりと音源のSOAを操作した結果,視線の先に提示されたターゲット音は,視線手がかりがターゲット音の出現に先行するかどうかによらず,300ms以内の短いSOA条件では視線方向に沿ってずれて定位された.一方,S...
河邉 隆寛, 三浦 佳世
基礎心理学研究   25(1)    2006年9月
須澤 朋之, 金子 智道, 南 浩治, 三浦 佳世
日本色彩学会誌   30(0) 98-99   2006年5月
河邊 隆寛, 山田 祐樹, 三浦 佳世
基礎心理学研究   24(2)    2006年3月
佐伯 怜香, 新名 康平, 服部 恭子, 三浦 佳世, Saiki Reika, Niina Kohei, Hattori Kyoko, Miura Kayo, サイキ レイカ, ニイナ コウヘイ, ハットリ キョウコ, ミウラ カヨ
九州大学心理学研究   7 181-192   2006年3月
When we read books or see noble sights, our states are emotionally moved (Tokaji, 2004). Japanese people call these states as "kandoh". The previous works have suggested the experiences of kandoh in youth or adulthood influenced self-efficacy. How...
河邉 隆寛, 三浦 佳世
基礎心理学研究   24(2) 211-214   2006年3月
Artists can get space and time into a static pictorial scene. Although the pictorial scene is in many parts inconsistent with the physical properties of real scene, we doubtlessly feel the pictorial scene as having a reality. On the other hand, in...
山田 祐樹, 河邉 隆寛, 三浦 佳世
基礎心理学研究   24(2)    2006年3月
Attention distorts visual space.
Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   25(1) 113-114   2006年
景観のよさ-知覚と感性評価
三浦佳世
心理学ワールド   (33) 28-29   2006年
河邉 隆寛, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   105(479) 5-7   2005年12月
ダイナミックランダムドット内の周辺視野に配置された目標刺激は, 長時間観察事態において主観的に消失する(Motion Induced Blindness : MIB). MIBにおける消失・出現時間は他のあいまい図形の見えと同様にガンマ分布に従うことから, MIBは知覚闘争の一種であると考えられる.本研究ではMIBの生じる空間範囲について検討した.観察者は目標刺激が消失したらキーを押し続け, 再び知覚されたらキーを離した.キー押しからキー離しまでの時間間隔をMIB持続時間とした.実験1では...
助宮 治, 中溝 幸夫, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   105(165) 65-70   2005年6月
本研究では, 頭部を基準とした様々な位置にある音源の空間定位行動を調べることによって, 聴覚的位置情報の表現に利用される自己中心座標の原点, すなわち聴覚的エゴセンターの位置を推定した.標準刺激は, 被験者の頭部正中面に対して左右60, 120, 150°の位置に配置されたスピーカーから, 比較刺激は半径の異なる3通りの円周上を移動可能なスピーカーからそれぞれ500ms提示した.被験者の課題は, 閉眼状態で, 標準刺激の500ms後に示された比較刺激の知覚方向が, 標準刺激のそれと比較して...
河邉 隆寛, 山田 祐樹, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   105(165) 97-102   2005年6月
本研究は, 物体位置知覚の歪みがどのように物体位置記憶の歪みに影響するかについて検討した.目標刺激は視角4.2度もしくは6.3度の位置に50ミリ秒間提示された(それぞれ内側および外側目標刺激).その際, 両目標刺激は画面の中心からの同一放射線上に位置していた.2つの目標刺激提示条件(同時提示条件, 単一提示条件)を用いた.目標刺激の偏心度とプローブ円のエッジの偏心度を比較する知覚定位課題において, 同時提示条件では目標刺激間距離は有意に増大したが, 単一提示条件では増大は観察されなかった....
山田 祐樹, 三浦 佳世
基礎心理学研究   23(2)    2005年3月
山田 祐樹, 三浦 佳世, Yamada Yuki, Miura Kayo, ヤマダ ユウキ, ミウラ カヨ
九州大学心理学研究   6 295-303   2005年
Boundary extension (BE) is a phenomenon in which the boundary of a picture is reportedly extended in memory. The model known to best fit with BE is the Extension-Normalization model (intraub, 1996), which explains BE by the dual memory process. Wh...
Searching for luminance-defined objects through moving apertures.
Kawabe, T., & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   24(1) 131-132   2005年
パターンランダムネスが時間知覚に及ぼす影響
井隼経子・石田利恵・野畑友恵・山田祐樹・三浦佳世
九州大学心理学研究   (6) 237-242   2005年
田谷 修一郎, 三浦 佳世
基礎心理学研究   22(2)    2004年3月
The effect of 3-D shape on size perception.
Taya, S. & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   23(1) 111-112   2004年
感性印象の知覚的・認知的基盤
三浦佳世
Vision   15(3) 143-149   2003年
Predicting future position of three-dimensional moving objects:Effect of tracking eye movements.
Kawabe, T., & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   22(1) 25-26   2003年
河邉 隆寛, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   102(534) 31-36   2002年12月
主観的にランダムな配置とはどのようなものだろうか.本研究では主観的ランダムネスを説明する物理値が存在するかを探索的に検討した.実験1では,コンピュータのランダム関数に基づき作成された2次元パターン刺激を用いてランダムネスの主観的評価を行い,パターンについて算出されるDnn(Distance to the nearest neighbor),Dnnの標準偏差,フラクタル次元といった物理値から主観的ランダムネスが説明されうるかどうかを検討した.その結果,主観的ランダムネスはDnnもしくはDnn...
河邉 隆寛, 三浦 佳世, Kawabe Takahiro, Miura Kayo, カワベ タカヒロ, ミウラ カヨ
九州大学心理学研究   3 95-105   2002年3月
Progress and issues of the study on the shading perception are reviewed. Shading is the gradual change of the luminous intensity which is often generated on an object when the light souce (e.g. the Sun) illuminates it. Our visual system is able in...
Miura,K., Inoue,H., & Tominaga, M.
Japanese Psychological Research   44(3) 162-172   2002年
視覚メディアを介した際の感性情報の再現性-オリジナル、CRT、ビデオプロジェクターの比較-
三浦佳世・井上一
映像情報インダストリアル   34(8) 31-36   2002年
The effect of the surface medium on search, identification, detection, and localization.
Kawabe, T., & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   21(1) 53-54   2002年
Determinants affecting auditory target detection: an exploration with pure tones and pure-tone triads.
Arao, H., Kawabe, T., & Miura, K.
新潟大学人文科学研究   109 1-13   2002年
Ternus display知覚に与える背景運動の影響
河邉隆寛・三浦佳世
Vision   14(2) 87-90   2002年
河辺 隆寛, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   101(513) 25-30   2001年11月
様々な単眼性奥行き手がかりがこれまでに提案されてきているものの, 実際の場面においては, 複数の手がかりを同時に用いており, それらの相互作用について研究することが必要となってくる.本研究においては, 共に単眼性の奥行き手がかりである陰影情報とフリッカー情報が, 拮抗する場合, もしくは共変関係にある場合に, 奥行きがどのように知覚されるかを検討した.この結果, 主に陰影情報に基づいた奥行き知覚がなされるものの, 陰影, フリッカーが共に奥まった知覚を与える場合は, 促進効果の認められるこ...
荒生 弘史, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   101(512) 1-6   2001年11月
プライム和音の次に呈示されるターゲット和音の処理について検討した.被験者の課題はターゲット和音のチューニングの正誤を判断することであり, 統制条件を含む複数のプライム-ターゲット条件を用いた.正チューニングのターゲット和音に対する反応は, プライム和音とターゲット和音が同一あるいは和声上近親であるときにより速く正確であったが, 両和音の近親性が低下すると反応は遅延し正確さも減少した.この妨害効果は最も非近親な条件で最大となった.これらの効果は単純反応課題では完全に消失した.このことは, 統...
立体感の増加にともなう分割錯視図形の幅の減少
田谷修一郎・三浦佳世
Vision   13(2) 119-122   2001年
二瀬 由理, 三浦 佳世
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   100(444) 63-66   2000年11月
本研究では, 文字情報を含む字幕映画と音声情報をもつ吹き替え映画を用いて, 文字情報と音声情報の統合過程を分析することを試みた.まず, 実験1では, 吹き替え映画の一場面を被験者に提示し, SD法を用いて映像に出ている特定の人物の印象を評定させた.その印象評定値をもとに因子分析を行い, 映像内での人物の印象を形成する基準となる因子を明確にした.実験2では, 文字情報の与え方が異なるプライム映像を提示し, その後に提示される吹き替え映像の人物の印象を評定させ, プライム映像のない場合の人物評...
箱田 裕司, 二瀬 由理, 三浦 佳世, 中村 知靖
基礎心理学研究   18(2)    2000年3月
三浦 佳世
基礎心理学研究   17(2) 121-126   1999年3月
This paper summarized some of my research on time impression and expression in the still pictures. The impressions of various kinds of thirty two modern pictures were examined by the method of selected description. On the basis of the cluster and ...
リアリティーの地平-時代・表現・人間の特性
三浦佳世
ファッション環境   9(3) 27-32   1999年
Consonance modification caused by a preceding pure tone
Arao, H. & Miura, K.
Human Science   (5) 1-11   1999年
新たな生活への転換を求めて-家財の観点から
三浦佳世
ファッション環境   4(3) 11-16   1995年

書籍等出版物

 
三浦佳世(編著) (2016) 「感性認知-アイステーシスの心理学-」
三浦 佳世
北大路書房, 1-215   2016年2月   
序章 感性認知学の射程:アイステーシスの心理学 三浦佳世 (編)「感性認知-アイステーシスの心理学-」
三浦 佳世
北大路書房, 1- 22   2016年2月   
6章 絵画における時間  三浦佳世 (編)「感性認知-アイステーシスの心理学-」
三浦 佳世
北大路書房, 107-124   2016年2月   
感性認知.
行場次郎・箱田裕司会(編)「新・知性と感性の心理−認知心理学の最前線」,福村出版,64-77.   2014年3月   
感性
日本認知心理学会(編)「認知心理学ハンドブック」,有斐閣,64-67   2013年12月   
感性認知 
藤永保(監)新版「最新 心理学事典」,平凡社,93-94.   2013年10月   
美と感性の脳内表現 
苧阪直行(編著)「美しさと共感を生む脳:神経美学からみた芸術」,新曜社,27-47   2013年9月   
視線コミュニケーションの基盤
光藤宏行(編著)「コミュニケーションと共同体」,九州大学出版会,91-103   2012年3月   
脳と感性
岩田誠・河村満(編)脳とソシアル「脳とアート-感覚と表現の脳科学」,医学書院,19-30   2012年11月   
絵画の知覚・認知
乾敏郎(編)「知識の森:感覚・知覚・認知の基礎」,オーム社,153-164   2012年   

講演・口頭発表等

 
Attractive or discomforting?: Spatial properties of and cognitive traits regarding the polka-dotted artwork of Yayoi Kusama. [招待有り]
Miura, K
31st International Congress of Psychology, Invited symposium   2016年7月   
Implicit and explicit preferences for good art and bad art.
Cho, K & Miura, K.
2016年7月   
Sound symbolism modulates perceptual judgment on dynamic events.
Gobara, A. Yamada, Y. Miura, K.
2016年7月   
「造形心理学」からの展開-感性認知学の出発点.
三浦 佳世
近江源太郎下学長追悼講演会   2015年12月12日   
密集体への不快感は空間周波数に基づくのか?
佐々木恭志郎・山田祐樹・黒木大一朗・三浦佳世
日本基礎心理学会第34回大会   2015年11月28日   
オノマトペの音韻情報は交差・反発知覚の運動情報と統合される.
郷原皓彦, 山田祐樹, 三浦佳世
日本基礎心理学会第34回大会   2015年11月28日   
感性認知とスポーツ
三浦 佳世
日本スポーツ心理学会第42会大会   2015年11月23日   
Representational momentumはオノマトペにより変調されるか?
郷原皓彦, 山田祐樹, 三浦佳世
九州心理学会第76回大会   2015年11月14日   
潜在的な審美眼は名画と駄作を見分けられるか?
長潔容江・三浦佳世
九州心理学会第76回大会   2015年11月14日   
知覚と感性:印象と評価の諸要因
三浦 佳世
応用脳科学アカデミーアドバンスコース, NTTデータ経営研究所応用脳科学コンソーシアム   2015年10月20日   
視線コミュニケーションの基盤
三浦 佳世
朝日カルチャーセンター「コミュニケーションと共同体」   2015年10月17日   
言語の意味情報が交差・反発知覚を決定づける.
郷原皓彦, 山田祐樹, 三浦佳世
日本心理学会第79回大会   2015年9月22日   
自己鏡像への単純接触効果が自己評価に及ぼす影響
松田憲・荻野優香・三浦佳世・楠見孝
日本心理学会第79回大会   2015年9月22日   
The space-emotion relationship is reconstructed through musical experience: Embodied emotion is labile.
Sasaki, K., Yamada,Y., Ariga, A., Ihaya, K., Yamamoto, K., Ono, F., & Miura,K.
The 14th European Congress of Psychology   2015年7月7日   
ガツッと反発・シュッと交差―オノマトペは交差―反発知覚を変える―
郷原皓彦・山田祐樹・三浦佳世
日本認知心理学会第13回大会   2015年7月4日   
絵画におけるフラクタルと美的評価の関係
長潔容江・原口雅浩・三浦佳世
日本認知心理学会第13回大会   2015年7月4日   
身体動作による感情情報への意識的アクセスの抑制
佐々木恭志郎・山田祐樹・三浦佳世
日本認知心理学会第13回大会   2015年7月4日   
ひとりぼっちに惹かれる―集団の構成人数と構成員の魅力度―
小代 裕子, 郷原 皓彦, 佐々木 恭志郎, 岸本 励季, 山田 祐樹, 三浦 佳世
日本視覚学会2015年冬季大会   2015年1月22日   
黒子が男に見えるとき ―自己の身体能力に基づいた他者判断―
岸本励季, 佐々木恭志郎, 郷原皓彦, 小代裕子, 南智然, 三浦佳世, 山田祐樹
日本基礎心理学会第33回大会   2014年12月6日   
蓮コラを心理学する
佐々木恭志郎, 山田祐樹, 黒木大一朗, 三浦 佳世
YPS・若手ジョイントセミナー -視覚・知覚・認知科学のための計算論モデリング-   2014年9月6日   
Perceiving time in still pictures and the temporal aspect of art perception. 
Miura, K.
The 2nd Visual Science of Art Conference.   2014年8月23日   
Postdictive emotion-action coupling: A subsequent action modifies emotional valence of a preceding visual event.
Kyoshiro,Sasaki., Yuki,Yamada., Kayo Miura.
International Conference on Education, Psychology, and Social science.   2014年8月6日   
Action Comparison Influences Size Perception .
Luo, W., Song, Y., & Miura, K.
The 10th Asia-Pacific Conference on Vision   2014年7月21日   
Can unaware emotional information activate space-valence association?
Kyoshiro,Sasaki., Yuki,Yamada., Kayo Miura.
The 10th Asia-Pacific Conference of Vision.   2014年7月19日   
法と空間心理学―法廷配置と利き手が生み出す量刑判断バイアス―
山田祐樹・佐々木恭志郎・三浦佳世
日本認知心理学会第12回大会   2014年6月28日   
無意識的な感情処理は空間と感情の概念的連合を活性化させるか?
佐々木 恭志郎, 山田 祐樹, 三浦 佳世
日本認知心理学会第12回大会   2014年6月28日   
感情形成における画像認知と身体動作の遡及的統合
佐々木 恭志郎, 山田 祐樹, 三浦 佳世
日本基礎心理学会第32回大会   2013年12月8日   
色・運動・時間ーアイステーシスの実証科学
ゲーテ自然科学の集い「ゲーテの色彩論 ー知覚とイメージをめぐって」   2013年11月   
量刑判断は法廷配置によって左右される
佐々木 恭志郎, 山田 祐樹,三浦 佳世
法と心理学会第14回大会   2013年10月12日   
「心理学・神経科学・計算論」指定討論
第77回日本心理学会   2013年9月   
パターンのよさと魅力的なパターン Can pattern goodness tell about pattern attractiveness?
第77回日本心理学会   2013年9月   
Temporal change in numerical magnitude modulates time perception.
Sasaki, K., Yamamoto, K., & Miura, K
The 36th annual meeting of The European Conference on Visual  Perception   2013年8月   
Increase in numerical magnitude from left-to-right shortens perceived time.
Sasaki, K., Taya, S., & Miura, K
International Conference on Biometrics and Kansei Engineering,   2013年7月   
The Differences of Impression Evaluation on Traditional Architecture
羅聞博・三浦佳世
日本認知心理学会第11回大会   2013年6月   
三次元パターンの良さと体制化における日中比較
葉欣・三浦佳世
日本認知心理学会第11回大会   2013年6月   
ミニチュア効果 -写真における大きさと現実感の判断錯誤-
三浦 佳世
平成24年度日本色彩学会関西支部大会   2013年3月5日   
時間知覚に与える数の空間的順序効果
佐々木恭志郎・田谷修一郎・三浦佳世
日本視覚学会2013冬季大会   2013年1月   
演劇初心者の演技計画における熟達支援の効果
安藤花恵・三浦佳世・田泓明日香
日本認知科学会第29回大会   2012年12月   
三次元空間におけるパターンの良さ評価
葉欣,三浦 佳世
日本基礎心理学会第31回大会   2012年11月3日   
数の大きさの経時的変化は時間知覚を変容させる
佐々木恭志郎・山本健太郎・三浦佳世
日本基礎心理学会第31回大会   2012年11月   
運動のまとまりは時間知覚を伸長させる
山本健太郎・三浦佳世
日本視覚学会第31回大会   2012年11月   
The effect of perceived motion information on time perception.
Yamamoto, K., & Miura, K.
ASIAGRAPH 2012 in Tokyo   2012年10月   
母子像における視線方向-感性認知学の立場から-
日本描画テスト・描画療法学会 第22回大会シンポジウム   2012年9月   
視覚的な運動と変化が時間知覚に及ぼす影響の違い
山本健太郎・三浦佳世
YPS2012   2012年9月   
Contribution of the positive emotional sounds to upward vection.
Sasaki, K., Seno, T., Yamada, Y., & Miura, K.
The 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society   2012年8月   
Why is the duration of decelerating motion perceived longer than that of accelerating one?
Sasaki, K., Yamamoto, K., & Miura, K.
2012 annual conference of the Korean Psychological Association. International Conference on “Psychology: Toward a Just World”   2012年8月   
触覚順応が視覚的触感に与える影響
崔原齊・三浦佳世
2012冬季日本視覚学会   2012年1月   
視覚的触感における触覚処理の役割ー触覚順応を用いた検討ー
崔原齊・三浦佳世
第三回多感覚研究会   2012年1月   
時間知覚に与える時間周波数の影響:運動刺激,点滅刺激を用いた検討
山本健太郎・三浦佳世
日本視覚学会2012年冬季大会   2012年1月   
運動対象の速度変化が時間知覚に与える影響
佐々木恭志郎・山本健太郎・三浦佳世
日本視覚学会2011年夏季大会   2011年8月   

Works

 
心理学分野に関する学術動向の調査研究
2010年4月 - 2013年3月
日本学術振興会学術システム研究センター社会科学専門調査班
写真ならびにアルバムにおける「表現力」 
2005年4月 - 2006年3月
富士フィルム株式会社
2次元・3次元ディスプレイにおけるパターン知覚と感性評価−日本庭園を素材として−
2005年1月 - 2008年3月
清水建設株式会社技術研究所
「顔画像における光沢感と印象の研究」
2005年1月 - 2007年3月
花王株式会社
メディア変換型データベース構築の試みと問題点
1994年 - 1995年
平成6年度データベースの構築促進および技術開発促進事業
データベース振興センター・イメージ情報科学研究所
「建物の外観の印象に関する心理学的研究」
難波・桑野・三浦   その他   1989年1月 - 1989年3月
「幼児の遊びに関する文部省全国調査」島根県の幼児の遊びに関する調査報告書
深谷昌志・三浦 佳世   その他   1979年

競争的資金等の研究課題

 
空間の認知と評価に及ぼす感情・感性評価・価値判断
九州大学 : P&P
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 三浦 佳世
空間の知覚と評価ー感性を切り口とした知覚の基礎研究
九州大学 : P&P
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 三浦 佳世
心理学の古典的実験機器に関するデータベース作成とその活用
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 長田 佳久
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 三浦 佳世
本年度は、時間の知覚、印象、感情との関係に関し、以下の特性が見いだされた。*時間の知覚判断・感性判断に及ぼす諸要因の検討(1):視聴覚刺激の時間順序について知覚判断と感性判断の特性を比較した結果、刺激数や持続時間など両者に類似した影響を与える要因と、刺激の指示的要因など感性的判断にのみ影響を与える要因のあることが示された。*時間の知覚判断・感性判断に及ぼす諸要因の検討(2):身体運動と視覚刺激が非同期の場合の時間順応は、網膜位置や大脳半球に限定されないことが分かり、この種の順応には高次過程...
感性を切り口とした「心」の科学拠点の創成
九州大学: SSP 
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月    代表者: 三浦 佳世
実験心理学における古典的実験機器のアーカイブ化とその活用
文部科学省: 科研費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 長田 佳久
新しい知覚の学-アイステーシスからの人間理解
九州大学 : P&P
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 三浦 佳世
「心のデザイン」モデルによる視覚芸術の特性と脳内基盤の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 行場 次朗
戦略的研究拠点育成プログラム 「ユーザーを基盤とした技術・感性融合機構」
科学技術振興機構: 科学技術振興調整費
研究期間: 2004年4月 - 2010年3月    代表者: 梶山 千里
循環型住空間システムの構築
九州大学: 21世紀COEプロジェクト
研究期間: 2003年9月 - 2009年3月    代表者: 松藤泰典
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 三浦 佳世
人は必ずしも意識化できない手がかりをもとに、直観的に正確な判断を下すことができる。そうした能力を感性情報処理の一端と考えると、でたらめさ(ランダムネス、あるいは逆に、隠れた秩序)についての評価も、この能力のひとつであると考えられる。本研究は、ランダムネスの知覚と評価を通して、感性情報処理のあり方を考えることを目的に行われた。本年度は、昨年度に制作法で得たドットパターンを用い、1)物理特性としてのDnnのSDとパターンの印象との関係、2)鑑賞者への制作意図の伝達と評価、ならびに、3)記憶実験...
発達臨床ならびに感性心理学的視点から見る日本の育児文化 : 親子画の分析を通して
文部科学省: 科研費補助金 基盤研究(B)(1)
研究期間: 1999年4月 - 2003年3月    代表者: 北山 修
セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果
科学技術振興機構 : 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究期間: 1998年11月 - 2002年10月    代表者: 三浦 佳世
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 三浦 佳世
静止した1枚の空間表現、例えば絵画の中に時間の印象を感じることがある。それでは一体、1.画面にはどのような時間が感じられるのか、2.それはどのような視覚要因によって喚起されるのか、3.意図的表現でも同じ視覚要因が用いられるのか、4.視覚要因の選択は表現の自由度によって変化するのか、5.意図的表現を課す場合、課題提示における言語表現の影響はあるのか、6.表現された作品の意図は鑑賞者にどの程度伝わるのか、7.どの視覚要因を用いた時に伝達度は高まるのか、を検討するとともに、8.現代芸術を時間表現...
調和的「人間-環境系」確立のための人間特性に関する基礎研究
文部科学省: 科研費補助金 総合研究(B) 
研究期間: 1994年4月 - 1995年3月    代表者: 江島 義道
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 三浦 佳世
静止した空間表現の中に時間の印象を感じることがある。例えば、1枚の絵画や写真の中に、時間の経過や、スピード感、過去などを感じることができる。こうした印象が、描かれた「内容」ではなく、表現された「形式」によって喚起される場合、どのような空間要因が時間印象の生起に関わっているのであろうか。本研究は、画面から感じられる時間印象の生起因を明らかにするとともに、感性情報処理の一端を考察したものである。昨年度の研究成果を踏まえ、1)鑑賞時における生起因の要因分析および、2)表現時における空間要因の分析...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 三浦 佳世
静止した「空間」表現の中に「時間」印象を感じることがある。例えば、絵画や写真の中に、"一瞬"や"過去"、"持続する時間"等を感じることがある。この場合、いったいどのような「空間」要因が「時間」印象の生起に関与しているのであろうか。本研究は、芸術作品を刺激として、画面から感じられる時間印象の構造を探るとともに、それを規定する空間要因(視覚要因)の分析を通して、感性情報処理の一端を考察するものである。刺激には近代から現代に制作された芸術作品(絵画または写真)を採用し、現代における時間のあり方を...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 三浦 佳世
照明の好みに文化差のあることが指摘されている。色相の好み(西欧では赤色系、わが国では青色系)あるいは拡散度の好み(わが国での障子越しの採光)など、建築学的な視点からの指摘がその一つである。一方、描かれた画面の中での光の扱い方に関しても文化差が指摘されている。わが国には従来、ルネサンス以降の"西洋画法"に見られるような陰影に基づく立体表現がなく、したがって、光源に対する意識もなかったのに対し、西洋では、光源を左上に想定しての表現が基本とされてきたというものである。本研究は、画面内での光の要因...