SASAKI Isamu

J-GLOBAL         Last updated: Sep 2, 2019 at 15:02
 
Avatar
Name
SASAKI Isamu
E-mail
isasakihiroshima-u.ac.jp
Affiliation
Hiroshima University
Section
Graduate School of Education, Department of Japanes Language and Culture Education, Graduate School of Education Department of Japanes Language and Culture Education
Job title
Associate Professor

Research Areas

 
 

Published Papers

 
SASAKI Isamu
Bulletin of the Graduate School of Education, Hiroshima University. Part. II   (67) 1-9   Dec 2018
Sōsyu new Great Buddha's all the Buddhist sutras(相州新大仏一切経)were dedicated to the Kamakura Great Buddha.
They were written in 1250 and 1251.
The purpose of this paper is to clarify those original texts.
My research has led to a conclusion that...
SASAKI Isamu
Diacritical Language and Diacritical Materials   (141) 1-13   Sep 2018   [Refereed]
SASAKI Isamu
國語と國文學   29(7) 120-131   Mar 2003
Kan'on (漢音) is one of the Chinese pronunciation systems adopted in Japan for reading the Chinese classics. It has been pointed out that there are kan'on pronunciations derived from Chinese dictionaries which do not represent authentic pronunciatio...
古代漢字音の受容と展開
SASAKI Isamu
文字と古代日本5 文字表現の獲得   299-317   Feb 2005   [Refereed]
SASAKI Isamu
論叢国語教育学   (14) 40-49   Jul 2018
SASAKI Isamu
根津美術館蔵「春日若宮大般若経および厨子」調査報告書   61-68   Mar 2018   [Invited]
SASAKI Isamu
根津美術館蔵「春日若宮大般若経および厨子」調査報告書   257-354   Mar 2018   [Invited]
『徒然草』第九十二段の「得失」 ―文献学による古典本文確定の例として―
SASAKI Isamu
國語國文   87(3) 34-49   Mar 2018   [Refereed]
SASAKI Isamu
広島大学大学院教育学研究科紀要」第二部   (66) 1-10   Dec 2017
SASAKI Isamu
日本古写経研究所研究紀要   (2) 83-96   Mar 2017   [Refereed][Invited]
慈光寺蔵『大般若波羅蜜多經』平安後期字音点
SASAKI Isamu
慈光寺所蔵「大般若経(安倍小水麻呂願経)」の調査と研究   21-33   Mar 2017   [Refereed][Invited]
SASAKI Isamu
國語國文   86(2) 37-48   Feb 2017   [Refereed]
SASAKI Isamu
広島大学大学院教育学研究科紀要   二(65) 1-10   Dec 2016
SASAKI Isamu
日本語学会2016年度秋季大会予稿集   201-206   Oct 2016   [Invited]
鎌倉時代における「五部大乗経」構成経の転換に見られる宋版一切経の影響
SASAKI Isamu
鎌倉遺文研究   (38) 85-100   Oct 2016   [Refereed]
SASAKI Isamu
論叢国語教育学   (12) 61-67   Jul 2016
SASAKI Isamu
国文学攷   (230) 1-13   Jun 2016   [Refereed]
宋版の注文から作成された日本文献 ―高山寺蔵喜海撰『新訳華厳経音義』―
SASAKI Isamu
国語と国文学   93(5) 86-98   May 2016   [Refereed][Invited]
足利尊氏発願一切経の底本
SASAKI Isamu
かがみ   (46) 1-25   Mar 2016   [Refereed]
SASAKI Isamu
訓点語と訓点資料   (136) 11-22   Mar 2016   [Refereed]
SASAKI Isamu
広島大学大学院教育学研究科紀要   二(64) 1-9   Dec 2015
尊氏願経と宋版一切経思渓版
SASAKI Isamu
MUSEUM   (659) 29-41   Dec 2015   [Refereed]
SASAKI Isamu
日本語教育研究   (33) 7-15   Oct 2015   [Invited]
SASAKI Isamu
論叢国語教育学   (11) 34-40   Jul 2015
SASAKI Isamu
真宗学   (132) 106-125   Mar 2015   [Refereed][Invited]
SASAKI Isamu
いとくら   (10) 7-8   Mar 2015   [Refereed][Invited]
SASAKI Isamu
広島大学大学院教育学研究科紀要   二(63) 1-9   Dec 2014
坂東本『教行信証』引用「日蔵経」「月蔵経」の依拠本について
SASAKI Isamu
仏教史学研究   57(1) 43-59   Nov 2014   [Refereed]
SASAKI Isamu
訓点語と訓点資料   (133) 50-70   Sep 2014   [Refereed]
SASAKI Isamu
浄土真宗総合研究   (8) 99-118   Mar 2014   [Refereed]
SASAKI Isamu
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域   (62) 414-405   Dec 2013
SASAKI Isamu
国文学攷   (219) 1-12   Sep 2013   [Refereed]
SASAKI Isamu
論叢国語教育学   (9) 76-82   Jul 2013   [Refereed]
SASAKI Isamu
国語国文   82(1) 15-33   Jan 2013   [Refereed]
SASAKI Isamu
広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部   (61) 1-7   Dec 2012   [Refereed]
SASAKI Isamu
浄土真宗総合研究   (7) 81-98   Sep 2012
SASAKI Isamu
訓点語と訓点資料   (129) 1-18   Sep 2012   [Refereed]
SASAKI Isamu
高田学報   (100) 1-13   Mar 2012   [Refereed]
SASAKI Isamu
広島大学大学院教育学研究科紀要   二(60) 1-9   Dec 2011   [Refereed]
SASAKI Isamu
訓点語と訓点資料   126(209) 34-48   Mar 2011
I compared the pronunciation of a Chinese character of Myoe "光明真言土沙勧信記" with Shinran "尊号真像銘文(略本)".As a result, a difference consisted in both.The difference thought that Shinran produced it by having put it by the original sound note method in wha...
SASAKI Isamu
ことばとくらし   (23) 3-11   Oct 2011   [Refereed]
SASAKI Isamu
論叢国語教育学   (復刊 第2) 23-27   Jul 2011
SASAKI Isamu
日本語学   30(3) 28-36   Mar 2011
SASAKI Isamu
浄土真宗総合研究   (6) 43-71   Mar 2011
SASAKI Isamu
古典語研究の焦点   721-738   Jan 2010   [Refereed]
国宝本『三帖和讃』の研究資料と朱筆について
SASAKI Isamu
増補 親鸞聖人真蹟集成   3 381-390   Mar 2007
SASAKI Isamu
Kokugogaku : studies in the Japanese language   53(3) 93-106   Jul 2002
Kan'on (漢音) is one of the Chinese pronunciation systems adopted in Japan for reading the Chinese classics. It has been pointed out that there are kan'on pronunciations derived from Chinese dictionaries which do not represent authentic pronunciatio...
SASAKI Isamu
Kokugogaku : studies in the Japanese language   53(3) 93-106   Jul 2002
Kan'on (漢音) is one of the Chinese pronunciation systems adopted in Japan for reading the Chinese classics. It has been pointed out that there are kan'on pronunciations derived from Chinese dictionaries which do not represent authentic pronunciatio...
SASAKI Isamu
訓点語と訓点資料   106 40-55   2001
SASAKI Isamu
鎌倉時代語研究   23 492-511   2000
SASAKI Isamu
日本語学   19(11) 37-45   2000
SASAKI Isamu
広島大学学校教育学部紀要第二部   20 197-206   1998
SASAKI Isamu
鎌倉時代語研究   21 5-29   1998
SASAKI Isamu
訓点語と訓点資料   99 19-33   1997
SASAKI Isamu
比治山大学現代文化学部紀要   2 1-8   1996
SASAKI Isamu
比治山大学現代化学部紀要   18 297-315   1995
SASAKI Isamu
鎌倉時代語研究   18 297-315   1995
SASAKI Isamu
鎌倉時代語研究   16 27-44   May 1993   [Refereed]
SASAKI Isamu
国語国文   706 20-33   1993
SASAKI Isamu
小林芳規博士退官記念 国語学論集   645-663   Mar 1992   [Refereed]
SASAKI Isamu
Kokugogaku : studies in the Japanese language   168 1-11,96   1992
長承三年識語本『蒙求』の漢字にほどこされている平安中期朱声点が、「九声体系」から変化した「八声体系」によって加点されていることをあきらかにする。本資料の声調体系の源流である九声体系とは、平声重・平声軽の軽・平声軽の重・上声重・上声軽・去声軽・去声重・入声軽・入声重の九種の声調を区別するものであり、そのうち、去声における軽重の区別を失ったものが、長承本『蒙求』平安中期点の八声体系である。日本漢音の中心的な声調体系である「六声体系」のほかに、平安時代初中期には、さらに多くの声調を区別する体系が...
SASAKI Isamu
鎌倉時代語研究   11 261-294   May 1988   [Refereed]
SASAKI Isamu
鎌倉時代語研究   10 185-208   1987   [Refereed]

Misc

 
山元 隆春, 佐々木 勇, 田中 宏幸
The Annals of educational research   (39) 171-176   2010
本研究は, 学習者が自分のまわりの他者と出会いかかわり合うことをとおして, 自分自身の言葉の世界を広げ, 自らの学びを探究していくことができるようにするための効果的な指導法を開発していくことを目的としている。そこで, 「さまざまな他者と出会い, 問いを立てる」「個の考えを深め吟味する」「他者とともによりよい方法で問題解決に取り組む」「学びの成果を適切に表現する」「学びを振り返り新たな学びにつなげる」という学習のプロセスに留意して単元構成を行った。2年生では, 自分の発想を言葉として表現した...
SASAKI Isamu
Studies in the Japanese language. Nihongo no kenkyu   4(3) 67-74   Jul 2008
山元 隆春, 佐々木 勇, 杉川 千草
The Annals of educational research   109(34) 26-79   Sep 2002
本研究の目的は, 小中の発達段階に照らしながら他者を学習場面に効果的に設定し, 他者とのかかわり合いの中から学習者が自分の言葉を豊かにしていく学習活動・単元を開発するための基礎的な知見を得ることにある。他者の設定については, 大きく二つに分けて考えた。一つめは「教材としての多様な他者の言葉」であり, 二つめは「協同的な学び」である。また, 「発信型の授業構成」を設定することで教室内外の他者との出会いをつくり出し, 協同的な学びを発展させることができると考えた。検証の材料として用いるのは, ...
山元 隆春, 佐々木 勇, 田中 宏幸
The Annals of educational research   (30) 55-62   2001
本研究は, 学習者が自分のまわりの他者と出会いかかわり合うことをとおして, 自分自身の言葉の世界を広げ, 学びを探究していくことができるようにするための効果的な指導法を開発していくことを目的としている。他者とのかかわり合いをとおして, 自分の思いを表現し, 知識をもとにした的確な判断を行う学習を積み重ねることで, さまざまな場面で活躍していくための力を育み, 学びを実生活や社会の中に生かしていくことで他者とのよりよい関係を築いていくことにつながると考えた。そこで, 「言葉を学ぶ意欲の喚起」...
佐々木 勇
国語国文   62(6) p20-33   Jun 1993
佐々木 勇
訓点語と訓点資料   19-33   Mar 1997
佐々木 勇, ササキ イサム, Sasaki Isamu
広島大学学校教育学部紀要第二部   20(1) 197-206   Jan 1998
The original text of Sanjowasan was written from 1248 to 1253 by Shinran. The oldest hand-written copy of the text, some parts of which were copied by shinran himself, is in the Senshu-ji collection.The pronunciation marks attached to the Chinese ...
佐々木 勇
訓点語と訓点資料   106 40-55   Mar 2001
A Study on the Kanji Pronunciation in the Senjaku-Hongan- Nembutsu-Shu in the Kamakura Era: A Comparison between the Version of the Text with Guiding Marks Added beside the Kanji and the Version Written in Kana Mixed with Kanji , with Special Referen・・・
79(7) 55-66   2002
A Study on the Kanji Pronunciation in the Senjaku-Hongan-
Nembutsu-Shu in the Kamakura Era: A Comparison between the
Version of the Text with Guiding Marks Added beside the
Kanji and the Version Written in Kana Mixed with Kanji
, with Special Re...
山元 隆春, 佐々木 勇, 杉川 千草
The Annals of educational research   (37) 295-300   2008
本研究の目的は, 小中の発達段階に照らしながら他者を学習場面に効果的に設定し, 他者とのかかわり合いの中から学習者が自分の言葉を豊かにしていく学習活動・単元を開発するための基礎的な知見を得ることにある。他者の設定については, 大きく二つに分けて考えた。一つめは「教材としての多様な他者の言葉」であり, 二つめは「協同的な学び」である。また, 「発信型の授業構成」を設定することで教室内外の他者との出会いをつくり出し, 協同的な学びを発展させることができると考えた。検証の材料として用いるのは, ...
SASAKI Isamu
Studies in the Japanese language. Nihongo no kenkyu   4(3) 67-74   Jul 2008
山元 隆春, 佐々木 勇, 田中 宏幸
The Annals of educational research   (38) 161-166   2009
本研究は, 学習者が自分のまわりの他者と出会いかかわり合うことをとおして, 自分自身の言葉の世界を広げ, 学びを探究していくことができるようにするための効果的な指導法を開発していくことを目的としている。他者とのかかわり合いをとおして, 自分の思いを表現し, 知識をもとにした的確な判断を行う学習を積み重ねることで, さまざまな場面で活躍していくための力を育み, 学びを実生活や社会の中に生かしていくことで他者とのよりよい関係を築いていくことにつながると考えた。そこで, 「言葉を学ぶ意欲の喚起」...
山元 隆春, 佐々木 勇, 田中 宏幸
The Annals of educational research   (39) 171-176   2010
本研究は, 学習者が自分のまわりの他者と出会いかかわり合うことをとおして, 自分自身の言葉の世界を広げ, 自らの学びを探究していくことができるようにするための効果的な指導法を開発していくことを目的としている。そこで, 「さまざまな他者と出会い, 問いを立てる」「個の考えを深め吟味する」「他者とともによりよい方法で問題解決に取り組む」「学びの成果を適切に表現する」「学びを振り返り新たな学びにつなげる」という学習のプロセスに留意して単元構成を行った。2年生では, 自分の発想を言葉として表現した...

Books etc

 
佐々木 勇
笠間書院   Dec 2010   ISBN:4305705338
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305705334/
汲古書院   Feb 1996   ISBN:4762933392
http://www.kyuko.asia/book/b10416.html

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2007 - 2010    Investigator(s): Isam SASAKI
By this study, it became clear in Kyoto of the Kamakura era that a difference of the pronunciation of a Chinese character by the phased difference of the document kept. In the same person, that a phased difference in the pronunciation of a Chinese...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): Yashinori KOBAYASHI
The purpose of this study is to conduct an influence-related investigation with interchange of the language culture in the ancient East Asia.For achievement of the purpose, We examined book published in the Sung dynasty all the Buddhist sutras pos...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2005 - 2008    Investigator(s): Tadayuki YUZAWA
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2004 - 2006    Investigator(s): Isamu SASAKI
The purpose of this thesis is to describe some phases of Japanese kan-on pronunciation in the Kamakura Era.First of all, it has pointed out that the densities of the accent marks added to kanji are different depending on the type of text. Ji-on te...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2001 - 2004    Investigator(s): Tadayuki YUZAWA
We,nine members, studied on phones of Chinese characters,which is so-called Sino-Japanese (Go-on, Kan-on, To-in). And we wished to develop the software for the database of Sino-Japanese. After we studied for four years, we got the following result...
Studies in Sino-Japanese
Project Year: 1996 - 2006