KOBAYASHI Naoki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 19, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
KOBAYASHI Naoki
E-mail
naokikhosei.ac.jp
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Social Sciences, Department of Media and Communication Studies
Job title
Professor
Research funding number
10249675

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1981
 - 
Mar 1985
Graduate School, Division of Social Sciences, Hosei University
 

Committee Memberships

 
Jun 2005
 - 
May 2009
The Japan Society for Studies in Journalosim and Mass Comunication  director
 

Published Papers

 
Effects of Viewing Archived Programs
Yumiko Hara
The NHK Monthly Repot on Broadcast Research   第64(第6) 72-92   Jun 2014
"MINAMATA" as Television Archives
Yoshiyuki NISHIDA
Hosei Journal of Sociology and Social Sciences   58(4) 85-117   Mar 2012
Perspective toward Historical Phases of the Media's Coverage of Atomic Energy and Atomic Power Plant
『マス・コミュニケーション研究』   第84巻 3-8   Jan 2014
Live Video as Coverage of the Earthquake
Journalism & Media   (5) 55-67   Mar 2012
The Struggle against a Stable Wage Syatem and Minamata Disease as Media Discourse.
大原社会問題研究所雑誌   (630) 29-44   Apr 2011   [Refereed]

Books etc

 
『原発震災のテレビアーカイブ』(編著)
法政大学出版局   Mar 2018   ISBN:978-4-588-62538-1
『ニュース空間の社会学──不安と危機をめぐる現代メディア論──』(伊藤守、岡井崇之編著)
世界思想社   Feb 2015   ISBN:978-4-7907-1651-8
『メディア・リテラシーの現在―公害/環境問題から読み解く―』(池田理知子編著)
池田理知子、田仲康博、板場良久、徳田匡ほか
ナカニシヤ出版   May 2013   ISBN:978-4-7795-0613-0
『放送番組で読み解く社会的記憶―ジャーナリズム・リテラシー教育への活用―』(早稲田大学ジャーナリズム教育研究所、公益財団法人放送番組センター共編)
花田達朗、藤田真文、大石泰彦、野中章弘ほか
日外アソシエーツ   Jun 2012   ISBN:978-4-8169-2365-4
『触発する社会学――現代日本の社会関係――』(田中義久編)
伊藤守、清水瑞久ほか
法政大学出版局   Mar 2010   ISBN:978-4-588-67211-8

Conference Activities & Talks

 
「水俣」の記録と記憶としてのテレビドキュメンタリー:「水俣」をめぐるテレビ/アーカイブ研究の試み
メディア史研究会第211回月例研究会   1 Oct 2011   メディア史研究会
「水俣」の記録と記憶にかんするテレビ/アーカイブ研究
愛宕山シンポジウム アーカイブスの学術利用がひらく地平   May 2011   NHKライツ・アーカイブスセンター NHK放送文化研究所
教育現場でドキュメンタリー映像を使うことの意味
日本コミュニケーション学会第40回記念年次総会   20 Jun 2010   日本コミュニケーション学会

Works

 
批評:「映像の可能性を駆使して持続的な報道を」『GALAC』(放送批評懇談会)第173号(依頼稿)。
The Others   Oct 2011
批評:『GALAC』(放送批評懇談会)「ニュースメタボ診断」の隔月連載(11回)。 ・「不安をあおり、不信を募らせる楽屋の露出」169号。 ・「政治ニュースはドキュメンタリー番組に学べ」171号。 ・「『長崎原爆の日』に歴史は不要なのか」174号。 ・「ニュース項目の流れを侮ってはいけない」175号。 ・「テレビニュースにおける知の未成熟」177号。 ・「『絆』と『失われた17年』」179号。 ・「日常のテレビニュースのなかの『政治ムラ』」181号。 ・「『政治部』ニュースに『福島』への眼
The Others   Jun 2011 - Feb 2013
批評:『毎日新聞』「メディア時評」の連載(4回)。 ・「『歴史』への広がりを見据えた報道を」2012年5月28日。 ・「『水俣』の記憶を紡いでいく課題」2012年7月2日。 ・「水俣病潜在患者の棄民化、課題に」2012年8月6日。 ・「戦争の記憶を終わらせない」2012年9月3日。
The Others   May 2012 - Sep 2012
批評:『GALAC』(放送批評懇談会)「NEWS WATCHING」の連載(4回)。 ・「3.11前に流れた『震災後2年』のニュース ロクにテレビを見ないのがキャスターなのか」192号、2013年5月。 ・「汚染水は残り続ける テレビニュースは不明の未来に向き合う覚悟があるのか」、2013年8月。 ・「首相のオリンピック“汚染水”公約 空手形になる危機もニュースは伝える覚悟があるか」198号、2013年11月。 ・「原発作業員が語る現実 『ニュースウォッチ9』の語るに落ちた反省の弁」198号、20
The Others   May 2013 - Feb 2014