相澤 一美

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
相澤 一美
URL
http://jacetvoc.kl.dendai.ac.jp/~aizawa/
所属
東京電機大学
部署
工学部英語系列(工学部)
職名
教授
学位
博士(教育学)(東京学芸大学)

研究キーワード

 
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
東京学芸大学 連合学校教育学研究科 言語文化系教育講座
 

委員歴

 
2001年4月
 - 
2012年3月
外国語教育学会  理事
 
2001年4月
 - 
2016年3月
日本教材学会  理事
 
2013年4月
 - 
2015年3月
小学校英語教育学会  学会誌査読委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
日本教材学会  研究紀要編集委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本教材学会  常任理事
 

受賞

 
2015年10月
日本教材学会研究優秀賞
 

論文

 
習得した語彙知識のクラスター構造は保持されるか –英語心内辞書の変容促進のための自学学習の効果検証−
◎折田充・村里泰昭・小林景・神本忠光・吉井誠・Richard Lavin・相澤一美
九州英語教育学会紀要      2017年7月   [査読有り]
英語心内辞書の変容を目指した単語学習プログラムの効果
◎折田充・村里泰昭・小林景・相澤一美・神本忠光・吉井誠・Richard Lavin
九州英語教育学会紀要   44 1-10   2016年7月   [査読有り]
英語母語話者のカタカナ式発音の音声認知に関する事例研究
◎西川恵・原田依子・相澤一美
JACET関東支部紀要   (3)    2016年3月   [査読有り]
自律的語彙学習が英語心内辞書構造に与える影響
◎折田充・小林景・村里泰昭・神本忠光・吉井誠・R. Lavin・相澤一美
九州英語教育学会紀要   (43) 1-10   2015年7月   [査読有り]
文法教材における法助動詞の提示法と学習者の理解―法助動詞と疑似法助動詞の意味理解―
相澤一美・原田依子
教材学研究   (25) 33-40   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
Developing a vocabulary size test measuring two aspects of receptive vocabulary knowledge: visual vs. aural.
The Conference Proceedings of EuroCALL, 2017      2017年11月   [査読有り]
語彙習得を理解するための基本
英語教育   65(12) 12-13   2017年1月   [依頼有り]
英語教材としてのHi, friends!の検討
日本教材学会通信   (28) 4-5   2013年9月
新指導要領下の語彙指導をどう進めるか
英語教育   61(11) 10-12   2013年1月
L2語彙知識の階層性
英語教育   61(1) pp.60-61   2012年3月

書籍等出版物

 
英語で教える英語の授業—その進め方・考え方
望月正道・相澤一美・笠原究・林幸伸 (担当:共著, 範囲:8-9, 40-46, 96-110, 174-178)
大修館書店   2016年10月   
文部科学省検定済教科書 World Trek English Communication Ⅲ
◎望月正道・相澤一美・Allum, P.・笹部宣雅・林幸伸・藤井哲郎・三浦幸子 (担当:共著)
桐原書店   2015年2月   
教材事典—教材研究の理論と実践——
◎澤崎眞彦他
東京堂出版   2013年10月   ISBN:978-4-490-10839-2
文部科学省検定済教科書 World Treck English CommunicationⅡ
◎望月正道・相澤一美・Allum, P.・笹部宣雅・林幸伸・藤井哲郎・三浦幸子 (担当:共著)
桐原書店   2014年2月   ISBN:978-4-342-04019-1
文部科学省検定済教科書 World Trek English Communication 1
◎望月正道・相澤一美・Allum,P.・笹部宣雅・林幸伸・藤井哲郎・三浦幸子 (担当:共著)
ピアソン桐原   2013年2月   

講演・口頭発表等

 
Developing a vocabulary size test measuring two aspects of receptive vocabulary knowledge: Visual vs. aural
Aizawa, K., Iso, T. , & Nadasdy, P.
EuroCall 2017   2017年8月23日   EuroCall
The state of prefixes in mental lexicon: Empirical evidence toward root word dependency
◎Iso, T., Aizawa, K., , Smyth, C. & Nadasdy, P.
EuroSLA 2017   2017年9月2日   EuroSLA
接辞の習得順位に関する再検証
◎磯達夫・相澤一美
全国英語教育学会第43回島根研究大会   2017年8月19日   全国英語教育学会
英語心内辞書の再構築・変容 ―「動詞クラスター」学習プログラムの効果―
◎折田充・村里泰昭・小林景・Richard Lavin・吉井 誠・ 相澤一美・神本 忠光
全国英語教育学会第43回島根研究大会   2017年8月19日   全国英語教育学会
語彙と文法のインターフェイス:名詞の理解が文解釈に与える影響について
◎原田依子・相澤一美・高橋千佳子・市毛洋子・高橋留美
第55回JACET 国際大会   2017年8月30日   大学英語教育学会

Works

 
書評『英単語運用力判定ソフトを使った語彙指導』
その他   2014年11月
The impact of learner vocabulary knowledge and the format of reading comprehension questions
Aizawa, K., Yamazaki, A., Mochizuki, M., Hosokawa, H., & Iso, T.   その他   2013年3月
Effects of reading subskills and test formats on reading performance
◎Mochizuki, M., Aizawa, K., Fujii, T, Iino, A., & Kochiyama, A.   その他   2010年5月
Intuition of word frequency: What does it tell us about vocabulary knowledge?
その他   2001年12月
A validity study of the vocabulary size test of controlled productive ability
その他   2001年12月

競争的資金等の研究課題

 
英語語彙指導のための先導的な教育ICTシステムの構築
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 現在    代表者: 相澤一美
英語の習熟度を弁別するためのオンライン語彙テストシステムの開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽
研究期間: 2014年4月 - 現在
語彙知識のネットワーク化を促進するオンライン自学教材の開発
共同研究: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
タブレット端末とスマートフォンを活用した英語語彙力育成システムの開発
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
語彙知識測定による英語能力の推定:語彙サイズ,構成,アクセス速度の観点から
科研プロジェクト: 基盤研究 (B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月