池畠 良

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 04:05
 
アバター
研究者氏名
池畠 良
 
イケハタ リョウ
eメール
ikehatarhiroshima-u.ac.jp
所属
広島大学
学位
理学博士(東京理科大学)
科研費研究者番号
10249758

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
   
 
広島大学 大学院教育学研究科 助教授
 
1992年4月
 - 
1996年3月
東京工業高等専門学校 一般科目 専任講師
 
1996年4月
 - 
1998年3月
広島大学 学校教育学部 講師
 

論文

 
ENERGY DECAY ESTIMATES FOR WAVE EQUATIONS WITH A FRACTIONAL DAMPING
Ikehata, Ryo; Natsume, Masato
DIFFERENTIAL AND INTEGRAL EQUATIONS   25(9-10) 939-956   2012年   [査読有り]
We consider the Cauchy problem in R-n for wave equations with a fractional damping. We generalize partially the previous results due to [12], and derive sharp decay estimates for the total energy and the L-2-norm of solutions based on the energy m...
Ikehata, Ryo; Todorova, Grozdena; Yordanov, Borislav
JOURNAL OF THE MATHEMATICAL SOCIETY OF JAPAN   65(1) 183-236   2013年1月   [査読有り]
We study the long time behavior of solutions of the wave equation with a variable damping term V(x)u(t) in the case of critical decay V(x) >= V-0(1 + vertical bar x vertical bar(2))(-1/2) (see condition (A) below). The solutions manifest a new thr...
On the existence of global solutions for some nonlinear hyperbolic equations with Neumann conditions
池畠 良
TRU Mathematics   24 1-17   1988年4月   [査読有り]
Yosida approximation and nonlinear hyperbolic equation (with N.Okazawa)
ryo ikehata noboru okazawa 池畠 良
Nonlinear Analysis= TMA   15 479-495   1990年4月   [査読有り]
On solutions to some quasilinear hyperbolic equations with nonlinear inhomogeneous terms
池畠 良
Nonlinear Analysis= TMA   17 181-203   1991年4月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
L^{2} decay of solutions for dissipative linear wave equations [招待有り]
池畠 良
The fourth workshop on differential equations   1999年   
Decay of solutions for the dissipative wave equations in an exterior domain. [招待有り]
池畠 良
Workshop on nonlinear dispersive and wave equations   2000年   
Energy decay for the dissipative wave equations in an exterior domain [招待有り]
池畠 良
The 1st east asia symposium on nonlinear PDE   2000年   
Local energy decay for a perturbed wave equations [招待有り]
池畠 良
"AIMS' 6th International Conference on Dynamical Systems, Differential equations and Applications (at Poitiers, France)."   2006年6月   
Decay estimates of solutions for dissipative wave equations [招待有り]
池畠 良
"International Conference on Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems (at London, Canada)."   2001年7月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 池畠 良
消散構造を持つある偏微分方程式の解の漸近形とその応用
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 池畠良
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 池畠 良
臨界的に空間遠方で多項式減衰する摩擦項を持つ線形波動方程式のエネルギー減衰率の観点からの2重構造の存在の発見し、更に強い摩擦項を持つ抽象2階線形発展方程式の解の漸近形及び最良減衰率の特定及び非局所摩擦項を持つ波動方程式の解の精密な減衰率の特定に成功した。また、新しい改良型のFourier空間におけるエネルギー法を提示し、それを具体的ないくつかの発展方程式へ応用し、その全エネルギー及び解のあるノルムの(ほぼ)最良な減衰率を導出するに至った。
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 川島 秀一
非線形偏微分方程式系の消散構造を解析し、対応するエネルギー減衰構造を決定するとともに、そこに現れる非線形波動の安定性解析についての新理論の構築を目指して研究を行い、次のような成果を得た。
1.緩和項を持つ双曲型保存系の初期値問題を考察した。この系に対して、エントロピーの存在と川島条件で定式化される消散構造の仮定の下、通常の Sobolev 空間での大域的可解性と安定性は知られていた。その結果を臨界正則指数の Besov 空間の場合に拡張することに成功した。最新の実解析的手法が、一般の双曲系...
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 池畠 良
臨界的空間変数係数を摩擦項にもつ半線形波動方程式のエネルギー減衰率の特定、劣臨界的空間変数係数を摩擦項としてもつ半線型波動方程式の藤田型臨界指数の特定、そして非等方的変数係数をもつ波動方程式の局所エネルギー減衰率の特定、についての結果を得た。

社会貢献活動

 
「関数の理解を深め活用する力を育てる授業づくり」講座
【講師】  広島県立教育センター  2017年7月28日 - 2017年7月28日