荒木 信夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/10 13:36
 
アバター
研究者氏名
荒木 信夫
 
アラキ ノブオ
所属
長岡工業高等専門学校
部署
環境都市工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(長岡技術科学大学)

研究分野

 
 

学歴

 
1994年9月
 - 
1995年7月
米国ノースウェスターン大学 客員研究員  
 
1990年1月
 - 
1990年6月
米国イリノイ大学 客員研究員  
 
1982年
 - 
1984年
長岡技術科学大学 工学研究科 建設工学専攻
 
1980年
 - 
1982年
長岡技術科学大学 工学部 建設工学課程
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
にいがた産業創造機構(NICO)  運営委員
 
2019年4月
 - 
現在
長岡産業活性化協会(NAZE)  理事
 
2008年6月
 - 
2012年5月
日本水環境学会  編集査読委員会委員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
長岡市  まちなかキャンパス広報分科会長
 
2007年4月
 - 
2009年3月
土木学会  環境工学委員会 委員
 
2002年4月
 - 
2008年3月
長岡市体育協会  評議委員・広報委員会委員
 
1997年4月
 - 
2001年3月
土木学会  環境工学委員会 委員兼幹事
 
1999年
 - 
2001年
土木学会  年次学術講演会プログラム委員
 
1997年4月
 - 
2000年3月
日本水環境学会  嫌気性処理委員会幹事(事務局)
 

受賞

 
2018年5月
高専機構 教員顕彰 文部科学大臣賞
 
2008年3月
高専機構 教員顕彰 理事長奨励賞
 
2006年6月
日本水環境学会 論文賞
 
1998年11月
土木学会第54回年次学術講演会 優秀講演者表彰
 

論文

 
バグマティ川の水質から見たカトマンズの下水処理場の整備の現状
野本 直樹,多川 正,荒木 信夫,大久保 努,上村 繁樹
用水と廃水   61(12) 865-873   2019年12月   [査読有り]
都市下水処理UASBの上昇線流速が槽内の原生動物に及ぼす影響
吉田力, 佐藤剛, 押木守, 荒木信夫, 平片悠河, 幡本将史, 山口隆司
土木学会論文集G(環境)   75(7) Ⅲ_19-Ⅲ_24   2019年12月   [査読有り]
ネパール・カトマンズの最終処分場浸出水の水質とその管理の展望
野本直樹,多川正,荒木信夫,大久保努,上村繁樹
用水と廃水   61(9) 647-654   2019年9月   [査読有り]
Temporal variation of eukaryotic community structures in UASB reactor treating domestic sewage as revealed by 18S rRNA gene sequencing
Yuga Hirakata, Masashi Hatamoto, Mamoru Oshiki, Takahiro Watari, Kyohei Kuroda, Nobuo Araki, Takashi Yamaguchi
Scientific Reports   9(Article#12783)    2019年9月   [査読有り]
Health impact of agricultural drainage water for farmers in the West Nile Delta
Tsutomu Okubo, Akinori Iguchi, Shuya Tanaka, Shota Uchida, Tadashi Tagawa, Mamoru Oshiki, Nobuo Araki, Ahmed Tawfik, Masanobu Takahashi, Kengo Kubota, Hideki Harada, and Shigeki Uemura
International Journal of Environmental Research   13(2) 319-325   2019年3月   [査読有り]
Draft genome sequence of the plant-growth-promoting Streptomyces sp. strain 6-11-2
Ayman Ztouti , Natsumi Saito , Junna Sasaki , Takashi Yamaguchi , Nobuo Araki , Mamoru Oshiki
Microbiology Resource Announcements   8(e00877-19)    2019年   [査読有り]
Synergistic inhibition of anaerobic ammonium oxidation (anammox) activity by phenol and thiocyanate.
Oshiki M, Masuda Y, Yamaguchi T, Araki N
Chemosphere   213 498-506   2018年12月   [査読有り]
最初沈殿池+DHSシステムに付加する下水処理水の灌漑利用のための消毒システムの開発
景政柊蘭,長町晃宏,井口晃徳,久保田健吾,高橋優信,原田秀樹,押木守,荒木信夫,大久保努,上村繁樹,多川正
土木学会論文集G(環境)   74(7) Ⅲ-330-Ⅲ-340   2018年12月   [査読有り]
Ureolytic Prokaryotes in Soil: Community Abundance and Diversity
Oshiki M, Araki M, Hirakata Y, Hatamoto M, Yamaguchi T, Araki N
Microbes and Environments   33(2) 230-233   2018年7月   [査読有り]
ミャンマー・インレー湖の水上居住者の暮らしと衛生環境
上村繁樹,大久保努,多川正,荒木信夫
用水と廃水   60(6) 58-65   2018年6月   [査読有り]
エジプトの高校生を対象とした「水」に関する環境教育プログラムの開発と実践
大久保努,上村繁樹,井口晃徳,多川正,押木守,久保田健悟,荒木信夫,原田秀樹,Ahmed Tawfik,市村禎二郎
下水道協会誌論文集   55(665) 76-82   2018年3月   [査読有り]
A low-tech bioreactor system for the enrichment and production of ureolytic microbes
M. Aoki, T. Noma, H. Yonemitsu, N. Araki, T. Yamaguchi, K. Hayashi
Polish Journal of Microbiology   67(1) 59-65   2018年1月   [査読有り]
Microfluidic PCR Amplification and MiSeq Amplicon Sequencing Techniques for High-Throughput Detection and Genotyping of Human Pathogenic RNA Viruses in Human Feces, Sewage, and Oysters
Oshiki M, Miura T, Kazama S, Segawa T, Ishii S, Hatamoto M, Yamaguchi T, Kubota K, Iguchi A, Tagawa T, Okubo T, Uemura S, Harada H, Kobayashi N, Araki N, Sano D.
Frontiers in microbiology   830(9)    2018年   [査読有り]
Nitric oxide production from nitrite reduction and hydroxylamine oxidation by copper-containing dissimilatory nitrite reductase (NirK) from an aerobic ammonia-oxidizing archaeon, Nitrososphaera viennensis
Kobayashi, S., Hira, D., Yoshida, K., Toyofuku, M., Shida, Y., Ogasawara, W., Yamaguchi, T., Araki, N. and Oshiki, M.
Microbes Environ.   10.1264    2018年   [査読有り]
Eukaryotic community in UASB reactor treating domestic sewage based on 18S rRNA gene sequencing
Hirakata, Y., Hatamoto, M., Oshiki, M., Araki, N. and Yamaguchi, T.
Frontiers International Conference on Wastewater Treatment and Modelling   218-224   2017年5月   [査読有り]
ごみはいつまでもごみじゃない ある途上国農村における地域密着型ごみマネジメントの実践事例
上村繁樹,大久保努,多川正,大野翔平,荒木信夫
廃棄物資源循環学会誌   28(4) 303-312   2017年4月   [査読有り]
Kobayashi, N., Oshiki, M., Ito, T., Segawa, T., Hatamoto, M., Kato, T., Yamaguchi, T., Kubota, K., Takahashi, M., Iguchi, A., Tagawa, T., Okubo, T., Uemura, S., Harada, H., Motoyama, T., Araki, N., Sano, D.
Water Research   110(1) 389-398   2017年   [査読有り]
Oshiki M, Takagi R, Hatamoto M, Yamaguchi T, Araki N
The Journal of general and applied microbiology      2016年10月   [査読有り]
Hirakata, Y., Oshiki, M., Kuroda, K., Hatamoto, M., Kubota, K., Yamaguchi, T., Harada, H. and Araki, N.
Microbes & Environments   31(3) 279-287   2016年   [査読有り]
長町晃宏,井口晃徳,瀬戸雄太,久保田健吾,押木守,荒木信夫,大久保努,上村繁樹,高橋優信,原田秀樹,多川正
土木学会論文集G(環境)   72(7) 187-195   2016年   [査読有り]

Misc

 
キレイな水の作り方教えます 〜水環境問題と水浄化技術〜
荒木信夫,押木守
ひらめきときめきサイエンス      2016年7月
蛍光遺伝子プローブのFISH法による硝化細菌の検出
荒木 信夫
月刊「水」   41(5) 26-33   1999年
嫌気性生物処理プロセスのSMP生成動力学
長岡工業高等専門学校研究紀要   27(1)    1991年
嫌気性生物膜の初期形成過程における微生物生態系の変化
長岡工業高等専門学校研究紀要   28(1)    1992年

競争的資金等の研究課題

 
嫌気性原生動物による都市下水処理UASB内の捕捉SS成分の分解・メタン化の促進
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 荒木信夫
GI-netをプラットフォームとする研究シンポジウムの開催:高専・技大研究ネットワークの展開を加速するロールモデルの構築
平成29年度高専-長岡技科大共同研究の推進
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 荒木信夫
乾燥地途上国における安全な水循環システムの構築とその地域農民の生活改善効果に関する社会工学的研究
独立行政法人国立高等専門学校機構: 平成28年度研究プロジェクト経費(展開加速型研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 上村繁樹
都市下水処理UASB内への嫌気性原生動物の高濃度培養技術の開発
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 荒木信夫
排水処乾燥地域における灌漑再利用のための革新的下水処理技術開発のための国際研究拠点形成
科学技術戦略推進費補助金
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 原田秀樹
原生動物の高濃度培養による都市下水処理UASBの安定化および高機能化
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 荒木信夫
機能遺伝子のmRNAを標的としたFISH法の開発と脱窒素細菌の網羅的検出へ適用
科学研究費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2010年       代表者: 荒木信夫
機能遺伝子のmRNAを標的とした脱窒素細菌群の網羅的検出技術の開発
JSTシーズ発掘試験
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 荒木信夫
サルファーサイクルを活性化した新規下水処理システムの機能強化技術の開発
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 荒木信夫
アジア開発途上諸国の水と衛生に関するデータベース構築と水起因衛生リスクの評価
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 原田秀樹
硫黄の酸化還元サイクルを活性化した下水処理装置内の微生物機能評価と強化技術の開発
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 荒木信夫
微生物による硫黄酸化還元機能を活性化した廃水処理技術
NEDO産業技術研究助成事業
研究期間: 2001年 - 2005年    代表者: 山口隆司
廃棄物埋立地でのメタン生成と酸化に関与する微生物生態の分子生物学的手法による解析
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 原田秀樹
シベリア湿地帯からの温室効果ガス・メタン放出評価のための土壌微生物生態解析
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 大橋晶良
バイオフィルターを組み込んだ自己脱臭型コンポスト装置の開発
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 荒木信夫
下水浄化センターからの高速・高効率消化メタン・エネルギー回収技術の創成
地域連携推進研究費
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 大橋晶良
廃棄物埋立地内での温室効果ガス(メタン・亜酸化窒素)放出の分子生物学的診断手法
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 原田秀樹
新世代型の嫌気性自己固定型反応器による廃水からの超高速メタン・エネルギー回収技術
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 原田秀樹
途上国に適用可能な超低コスト型新規下水処理システムの開発-エアレーション不要・余剰汚泥生成ゼロの実証と実用化-
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 大橋晶良
新規の自己固定型バイオリアクターの実現化による廃棄物・廃水からの超高速メタン・エネルギー回収技術
NEDO新規産業創造型提案公募事業
研究期間: 1997年 - 2000年    代表者: 原田秀樹