河合 雅司

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/13 18:24
 
アバター
研究者氏名
河合 雅司
 
カワイ マサシ
通称等の別名
河合雅
URL
http://www.toyama-cmt.ac.jp/~mkawai/
所属
富山高等専門学校
部署
商船学科 航海コース
職名
教授
学位
富山大学博士(工学)(富山大学)

プロフィール

富山湾におけるうねり性波浪(寄り周り波)および沿岸域における周期的水位変動に関する研究をしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
富山高等専門学校 商船学科 教授
 
1990年10月
 - 
2017年3月
富山商船高等専門学校 商船学科 助教授
 
1985年4月
 - 
1990年9月
富山商船高等専門学校 航海学科 講師
 
1983年4月
 - 
1985年3月
富山商船高等専門学校 航海学科 助手
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
富山大学 大学院理工学教育部 博士課程
 
1982年4月
 - 
1982年9月
神戸商船大学 乗船実習科 
 
1980年4月
 - 
1982年3月
神戸商船大学大学院(現神戸大学) 修士課程商船学研究科 航海学専攻
 
1976年4月
 - 
1980年3月
神戸商船大学(現神戸大学) 商船学部 航海学科
 

委員歴

 
2011年11月
 - 
2012年3月
財団法人沿岸技術研究センター  平成23年度「うねり性波浪」予測・監視システムに関する意見交換会委員
 
2009年11月
 - 
2010年3月
財団法人沿岸技術研究センター  平成21年度「うねり性波浪」予測検討意見交換会委員
 
2005年7月
 - 
2008年12月
北日本放送株式会社  地上デジタル放送を利用した高精度GPS実験協議会会員
 
2008年3月
 - 
2008年6月
国土交通省北陸地方整備局伏木富山港湾事務所  富山湾における「うねり性波浪」対策検討技術委員会委員
 

受賞

 
1983年5月
日本航海学会 日本航海学会賞 舶用レ-ダを利用した波浪解析の一方法
受賞者: 井上篤次郎,加藤雅司
 

論文

 
富山湾沿岸における長周期水位変動について
河合雅司, 北村康司, 後藤佑介, 川口清司
日本航海学会論文集   135 19-25   2016年12月   [査読有り]
沿岸におけるうねり性波浪による水位変動の検証
河合雅司, 後藤佑介, 北村康司, 川口清司
日本航海学会論文集   134 44-51   2016年7月   [査読有り]
うねり性波浪に伴う富山湾沿岸の水位変動について
河合 雅司
日本航海学会論文集   132 28-35   2015年7月   [査読有り]
静止衛星の軌道解析に関する研究-Ⅴ.-観測距離と計算距離の残差と気象要素の関係-
日本航海学会論文集   (101) 7-14   1999年
静止衛星の軌道解析に関する研究-IV.-潮汐力による観測局位置の補正モデル-
日本航海学会論文集   (97) 31-37   1997年

Misc

 
A Study on Positions of GPS Stations Determined by Point Positioning Using GPS Pseudo Ranges.
Proceedings of 2003 International Symposium on GPS/GNSS   pp.509-514    2003年
大圏針路の計算式とその計算精度について
日本航海学会誌   (137) 1-5   1998年
大圏航海算法について
日本航海学会誌 NAVIGATION   第133号,pp.10-14    1997年
静止衛星の軌道解析に関する研究-II.
第27回天体力学研究会集録      1995年

講演・口頭発表等

 
潮汐発生メカニズムに関する新しい解釈
河合雅司, 川口清司
日本航海学会第135回講演会   2016年10月29日   
寄り回り波について [招待有り]
河合 雅司
平成24年度富山県大学連携協議会公開講座『日本海学』   2012年9月1日   

競争的資金等の研究課題

 
測位システムに関する研究
静止衛星の軌道解析に関する研究
研究期間: 1990年   
GPSデータによる地殻水平変動の検出