岡崎 秀晃

J-GLOBALへ         更新日: 03/11/28 00:00
 
アバター
研究者氏名
岡崎 秀晃
 
オカザキ ヒデアキ
URL
http://www.shonan-it.ac.jp
所属
湘南工科大学
部署
工学部 コンピュータ応用学科
職名
教授
学位
博士(工学)(早稲田大学), 工学修士(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1991年
早稲田大学 助手
 
1991年
 - 
1996年
国立岐阜工業高等専門学校 講師
 
1996年
 - 
2000年
国立岐阜工業高等専門学校 助教授
 
1999年
 - 
2001年
米国コーネル大学 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1989年
早稲田大学 理工学研究科 機械工学
 
 
 - 
1984年
早稲田大学 理工学部 機械工学科
 

委員歴

 
1996年
   
 
電子情報通信学会  ソサエティ論文誌査読委員
 

受賞

 
1993年
第5回 回路とシステム軽井沢ワークショップ奨励賞受賞
 

Misc

 
ある3階の自律系に見られる非周期的アトラクタについて
電子通信学会技術研究報告 回路とシステムCAS85-121   85(231)    1985年
ある3階の自律系に見られる非周期解について-ピースワイズリニアモデルによる解析-
電子通信学会技術研究報告 回路とシステムCAS86-157   86(273)    1986年
塩水発振器のモデリングと定性的性質について
京都大学数理解析研究所講究録 応用分野における力学系理論の諸問題   760    1991年
区分線形モデリングとその応用
日本数学会年会・C&Aセミナー会報   55    1991年
フリップフロップ回路に発生するカオスを用いた暗号通信システムの構築
電子情報通信学会技術研究報告非線形問題NLP95-17   95(92) 25   1995年

書籍等出版物

 
ある3階の区分線形系の分岐集合について
電子情報通信学会 第5回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集   1992年   
非線形境界条件を持つ一次元波動方程式の分岐集合
電子情報通信学会第7回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集   1994年   
ある区分線形系に発生するCanardの発生機構
電子情報通信学会第9回 回線とシステム軽井沢ワークショップ論文集   1996年   
カオス発生フリップフロップ回路を用いた通信方法の研究
電子情報通信学会2000年基礎・境界ソサイエティ大会講演論文集   2000年   
カオス発生フリップフロップ回路に観測されるあるカオスの発生メカニズムについて
電子情報通信学会2000年基礎・境界ソサイエティ大会講演論文集   2000年   

Works

 
平成14年度ソフトピア共同開発研究:符号多重分割アクセス型の電力線通信ネットワーク環境の構築
2002年
平成15年度ソフトピア共同研究:符号多重分割アクセス型の電力線通信ネットワーク環境の構築
2003年
平成16年度ソフトピア共同研究:無人店舗の統合管理ソフトウエアの開発
2004年

競争的資金等の研究課題

 
カオス回路の設計、解析と工学的応用
乗算非線形要素をもつ非線形系の区分線形モデリング
カオス分岐を用いた電子デバイスモデリング
符号多重分割アクセス型の電力線通信ネットワーク環境の構築
補助金
研究期間: 2002年   

特許

 
Information Transfer via Power Line Carrier
US Patent:6194996
信号重畳装置
3229253