川口 雅司

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/08 16:16
 
アバター
研究者氏名
川口 雅司
 
カワグチ マサシ
eメール
masashielec.suzuka-ct.ac.jp
URL
http://www.suzuka-ct.ac.jp/elec/
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
電気電子工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(名古屋工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1992年
私立海星中・高等学校  数学科 教諭
 
1992年
 - 
2004年
鈴鹿工業高等専門学校 電気工学科 助手
 
2004年
 - 
2007年
鈴鹿工業高等専門学校 電気電子工学科 助教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
鈴鹿工業高等専門学校 電気電子工学科 准教授
 
2012年4月
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 電気電子工学科 教授
 
2016年4月
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 電気電子工学科 学科長
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1987年3月
名古屋工業大学 工学部 情報工学科
 
2000年4月
 - 
2003年3月
名古屋工業大学 工学研究科博士後期課程 都市循環システム工学専攻
 

委員歴

 
2003年4月
 - 
現在
電子情報通信学会東海支部  学生会委員
 
2007年
 - 
現在
計測自動制御学会中部支部  教育工学研究委員会委員
 
2013年6月
 - 
2017年6月
公益財団法人鈴鹿国際交流協会  評議員
 

受賞

 
2001年8月
国際会議SCI2001 最優秀論文賞
 

論文

 
Kawaguchi Masashi, Ishii Naohiro, Umeno Masayoshi
COMPUTATIONAL SCIENCE/INTELLIGENCE AND APPLIED INFORMATICS   726 93-107   2018年   [査読有り]
Naohiro Ishii,Toshinori Deguchi,Masashi Kawaguchi,Hiroshi Sasaki
Hybrid Artificial Intelligent Systems - 13th International Conference, HAIS 2018, Oviedo, Spain, June 20-22, 2018, Proceedings   185-196   2018年   [査読有り]
Analog Neural Circuit by AC Operation and the Design of Deep Learning Model
川口 雅司
2017 3rd International Conference on Artificial Intelligence and Industrial Engineering (AIIE2017)   228-233   2017年11月
Hideyuki Kanematsu,Nobuyuki Ogawa,Akira Shimizu,Tatsuya Shirai,Masashi Kawaguchi,Toshiro Kobayashi,Katsuko T. Nakahira,Dana M. Barry
Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems: Proceedings of the 21st International Conference KES-2017, Marseille, France, 6-8 September 2017.   1730-1736   2017年   [査読有り]
Naohiro Ishii,Toshinori Deguchi,Masashi Kawaguchi,Hiroshi Sasaki
Engineering Applications of Neural Networks - 18th International Conference, EANN 2017, Athens, Greece, August 25-27, 2017, Proceedings   267-278   2017年   [査読有り]
Gaming as Educational Technology and the Evaluation of Gaming Results
KAWAGUCHI Masashi, Takeshi Kougo, Hideyuki Kanematsu, Norio Baba
Advances in Intelligent Systems Research, Atlantis Press   133 503-506   2016年12月   [査読有り]
JK-FFを用いた二重積分型A/D 変換器の特性改善
谷口和真,近藤一之,川口雅司
教育工学論文集   39 34-36   2016年12月   [査読有り]
コモンスゲーム実施方法の効率化と教育効果に関する一考察
川口雅司, 馬場則夫
日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文報告集   (秋) 40-44   2016年11月
Hideyuki Kanematsu,Nobuyuki Ogawa,Tatsuya Shirai,Masashi Kawaguchi,Toshiro Kobayashi,Dana M. Barry
Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems: Proceedings of the 20th International Conference KES-2016, York, UK, 5-7 September 2016.   1619-1626   2016年   [査読有り]
Naohiro Ishii,Toshinori Deguchi,Masashi Kawaguchi,Hiroshi Sasaki
Advances in Neural Networks - ISNN 2016 - 13th International Symposium on Neural Networks, ISNN 2016, St. Petersburg, Russia, July 6-8, 2016, Proceedings   409-417   2016年   [査読有り]
Naohiro Ishii,Toshinori Deguchi,Masashi Kawaguchi,Hiroshi Sasaki
Advances in Computational Intelligence Systems - Contributions Presented at the 16th UK Workshop on Computational Intelligence, September 7-9, 2016, Lancaster, UK   231-244   2016年   [査読有り]
スウェーデンゲームによる教育効果および結果分析について
川口雅司, 馬場則夫
日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文報告集   (秋) 18-21   2015年12月   [査読有り]
A/D変換器によるアナログ入力ディジタル出力型ニューラルネットワーク
阿部京平, 近藤一之, 川口雅司
教育工学論文集   38 34-36   2015年12月   [査読有り]
Masashi Kawaguchi, Masayoshi Umeno, Naohiro Ishii
Proceedings - 3rd International Conference on Applied Computing and Information Technology and 2nd International Conference on Computational Science and Intelligence, ACIT-CSI 2015   322-327   2015年11月   [査読有り]
© 2015 IEEE.In the neural network field, many application models have been proposed. Previous analog neural network models were composed of the operational amplifier and fixed resistance. It is difficult to change the connecting weight of network....
Masashi Kawaguchi,Naohiro Ishii,Masayoshi Umeno
19th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2015, Singapore, 7-9 September 2015   976-985   2015年   [査読有り]
Masashi Kawaguchi,Hideyuki Kanematsu,Norio Baba
19th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2015, Singapore, 7-9 September 2015   1170-1177   2015年   [査読有り]
Masashi Kawaguchi, Masayoshi Umeno, Naohiro Ishii
Proceedings - 2014 IIAI 3rd International Conference on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2014   936-941   2014年1月
© 2014 IEEE.In the neural network field, many application models have been proposed. A neuro chip and an artificial retina chip are developed to comprise the neural network model and simulate the biomedical vision system. Previous analog neural ne...
Masashi Kawaguchi,Naohiro Ishii,Takashi Jimbo
IJSI   2(1) 61-72   2014年   [査読有り]
Naohiro Ishii, Toshinori Deguchi, Masashi Kawaguchi, Hiroshi Sasaki
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   7824 LNCS 10-19   2013年12月
To make clear the mechanism of the visual movement is important in the visual system. The problem is how to perceive vectors of the optic flow in the network. First, the biological asymmetric network with nonlinearities is analyzed for generating ...
Masashi Kawaguchi, Naohiro Ishii, Masayoshi Umeno
Studies in Computational Intelligence   493 159-170   2013年10月
In the neural network field, many application models have been proposed. A neuro chip and an artificial retina chip are developed to comprise the neural network model and simulate the biomedical vision system. Previous analog neural network models...

Misc

 
負性インピーダンス変換器を用いたツボの等価回路決定法の改良
鈴木 昭二, 足達 義則, 青木 孝志, 川口 雅司
Journal of International Society of Life Information Science   28(1) 163-170   2010年3月
本論文では、負荷インピーダンス変換器(NIC)を用いた等価回路決定法における測定回路の改良を提案している。この方法では、一ヶ所の測定が数分でできる利点がある。測定原理は、OPアンプの仮想接地の概念を利用し、非接地キャパシタンスCだけの回路にしておき、それを外部に付けたコイルと共振させて、その共振周波数からCの値を測定している。改良された測定回路では測定精度も改良されている。(著者抄録)
川口 雅司, 山野 勝久, 奥田 一雄
鈴鹿工業高等専門学校紀要   42 37-41   2009年
西村 一寛, 柴垣 寛治, 川口 雅司
鈴鹿工業高等専門学校紀要   42 43-47   2009年
川口 雅司, 立木 滋也, 奥田 一雄
鈴鹿工業高等専門学校紀要   35 71-74   2002年
生体の視覚系モデルによる文字パターン認識
電気学会論文誌C   108(7)    1988年

書籍等出版物

 
馬場 則夫, 武内 良樹, 川口 雅司, 須藤 秀紹, 渥美 清隆, 満倉 靖恵 (担当:共著)
共立出版   2010年4月   ISBN:4320122496

講演・口頭発表等

 
JK-FF を用いた二重積分型A/D 変換器の特性改善
谷口和真,近藤一之,川口雅司
計測自動制御学会(SICE)中部支部第159回教育工学研究会   2016年3月19日   
鈴鹿高専における専攻科の国際化教育
川口雅司,下古谷博司
平成24年度東海工学教育協会高専部会シンポジウム,pp.11-12   2012年12月14日   
鈴鹿高専における本科学生の国際化教育
川口雅司,井上哲雄
平成24年度東海工学教育協会高専部会シンポジウム, pp.9-10   2012年12月14日   
交流協定校との学生相互短期派遣の実施
川口雅司,藤松孝裕,井上哲雄
平成24年度全国高専教育フォーラム,AK33_2_4   2012年8月29日   
三崎大輔, 川口雅司
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2011年9月20日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 生越 久靖, 太田 泰雄
ものづくり基盤技術はわが国の基幹産業である製造業の発展を支えてきた。しかし、高学歴社会の到来などによる就業構造の変化や製造業の海外生産に伴う産業の空洞化、さらには若年者を中心としたものづくり離れ、熟練技能者の高齢化により、ものづくり技術の継承が困難となってきた。このため、平成11年3月にはものづくり基本法が制定され今日に至っている。しかし、依然、経済の調整期が続き、ものづくり基盤技術の一層の振興が必要となっている。また、高等専門学校のものづくり教育には発足以来の伝統があるが、新しい時代をリ...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1994年 - 1996年    代表者: 戸田 成一
国際学術研究・大学間協力研究の第二次計画として、「輸送システム用新機能材料の創製・評価に関する研究」のテーマの下に、オハイオ州立大学との国際学術研究が友好的かつ成功裏に実施・完了した。各テーマ別では以下のような成果が得られた。1、「気液混相流動機器の効率向上・性能改善」においては高j_G域の環状噴霧流では、じょう乱波とは明らかに異なって気流中に多量の微小液滴(ミスト)を伴い、液膜の波形がリップルに類似しているミスト波の存在を見いだした。浮遊液滴な主な生成はじょう乱波の崩壊に基づいており、こ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 川口 雅司
1. 高度画像処理内蔵型視覚センサの実現と評価高度画像理解内蔵型視覚センサを実現し性能評価を行った。これまでの設計および各種モデル作成結果の集積回路を性能評価し動き検出、複雑な図形検出等にとどまらない画像理解の実現も目指した。アナログ処理によって耐故障性にも優れたデバイスが実現できまた極めて鋭いリアルタイムレスポンスが得られた。将来はさらなる微細化、大規模集積回路化の実現により高性能な人工網膜などへの応用が期待できる。2. 耐故障性に優れたデバイスの実現生体の神経回路網は一部のニューロン、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 細野 信幸
剣道競技における試合結果の分析および指導法の改善を目指し、次の項目についての成果を顕わした。「取得部位と勝率の相関関係解析」においては、校剣道部学生の試合データに基づき勝率に及ぼす取得部位のバラツキの効果を明らかにした。「打突時動作の画像収集および抽出」においては週末を中心に行っている練習試合、年間にわたり参加している高専大会を始め高校および地域の大会における打突時のデータを収集し画像を分析した。「打突時動作の分析および評価」においてはデータ収集、評価を続けながら取得部位のポイントにおける...
カオスニューラルネットワーク及び遺伝的アルゴリズムを用いたパターン認識
経常研究