長原 滋

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/06 17:28
 
アバター
研究者氏名
長原 滋
 
ナガハラ シゲル
URL
http://www.suzuka-ct.ac.jp/
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
生物応用化学科
職名
教授
学位
博士(工学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 教授
 
2008年
 - 
現在
National Institute of Technology, Suzuka College
 
 
   
 
Professor
 

学歴

 
 
 - 
1977年
鈴鹿工業高等専門学校  工業化学科
 

Misc

 
メチルアルミニウム触媒を用いるエポキシ化合物の転位を経由するTishchenko反応
長原 滋,梶原千世,坂 茂明,木村悦子,水谷有里,宮崎由紀
技術・教育研究論文誌   22(1) 7-10   2015年   [査読有り]
希土類金属トリフラートを用いるtrans-ケイ皮酸エステルの光異性化
長原 滋,坂口亜紀,中川 茜,水谷友美,冨澤好太郎
技術・教育研究論文誌   14(1) 1-4   2007年   [査読有り]
ジメチルアルミニウム反応剤を用いるアルデヒドのメチルケトンへの変換
長原 滋,坂倉孝俊,冨澤好太郎
技術・教育研究論文誌   13(2) 81-84   2006年   [査読有り]
有機アルミニウム化合物を用いるアセトフェノン誘導体の光アルドール反応
長原 滋,川出 令,冨澤好太郎
技術・教育研究論文誌   13(2) 77-80   2006年   [査読有り]
Shigeru NAGAHARA, Takashi YAMAKAWA, Hisashi YAMAMOTO
Tetrahedron Lett.   42(30) 5057-5060   2001年   [査読有り]
ジメチルアルミニウム化合物を触媒とするエポキシ化合物の簡便な転位反応 (共著)
長原 滋,丸岡啓二,山本 尚
日本化学会誌   7,893(7) 893-896   1993年   [査読有り]
Shigeru NAGAHARA, Keiji MARUOKA, Hisashi YAMAMOTO
Bull. Chem. Soc. Jpn.   66(12) 3783-3789   1993年   [査読有り]
A Facile Workup-Free Catalytic Rearrangement of Epoxides on Immobilized Organoaluminum Columns
Shigeru NAGAHARA, Keiji MARUOKA, Hisashi YAMAMOTO
Chem. Lett.   1193-1196   1992年   [査読有り]
Shigeru NAGAHARA, Keiji MARUOKA, Hisashi YAMAMOTO
Tetrahedron Lett.   33(4) 527-530   1992年   [査読有り]
Organoaluminum-Catalyzed Rearrangement of Epoxides A Facile Route to the Synthesis of Optically Active beta-Siloxy Aldehydes
Keiji MARUOKA, Takashi Ooi, Shigeru NAGASHARA, Hisashi YAMAMOTO
Tetrahedron   47(34) 6983-6998   1991年   [査読有り]
Selective Separation of Structurally or Electronically Similar Ethers with MAD
Bull. Chem. Soc. Jpn.   Vol.63, No.11, pp.3354    1990年
Organoborane-Catalyzed Hydroalumination of Terminal Allenes
Chem. Lett.   pp.1595    1990年
Molecular Recognition of Oxygen-Containing Substrates with MAD
Tetrahedron Lett.   Vol.31, No.38, pp.5475    1990年
Molecular Recognition of Ethers with Modified Organoaluminum Reagents
J.Am.Chem.Soc.   Vol.112, No.38, pp.6115    1990年
An Efficient, Catalytic Procedure for Epoxide Rearrangement
Tetrahedron Lett.   Vol.30, No.41, pp.5607    1989年
1-アルキンの触媒的ヒドロアルミニウム化反応
日本化学会誌   5    1986年
イソプレンの触媒的ヒドロアルミニウム化反応の機構
日本化学会誌   12    1985年
イソプレンの触媒的ヒドロアルミネーション反応における位置選択性
日本化学会誌   9    1984年
A Kinetic Study of 'Living' Coordination Polymerization of Propene with the Soluble V(acac)3-Al(i-C4H9)2Cl System
POLYMER   23,258    1982年

競争的資金等の研究課題

 
グリーンケミストリーを指向する合成反応の開発
その他の研究制度
環境にやさしい合成反応の開発