福田 茂樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/29 19:00
 
アバター
研究者氏名
福田 茂樹
 
フクダ シゲキ
所属
高エネルギー加速器研究機構
部署
加速器研究施設
職名
名誉教授
学位
理学博士(東北大学), 理学修士(東北大学)

プロフィール

2012年退職し現在シニアフェローとして勤務中。長らくKEKB入射器ライナックのRFのリーダー及びILC-GDEでHLRFのコンビーナを務め、HLRFの設計業務を行ってきた。更にILCのR&DであるSTFや将来計画のERL計画にも関与している。ここ2年ほどはSKEKB計画のために陽電子―電子入射器用ライナックの陽電子発生装置であるFlux-Concentrtorを設計製造した。2015年より中国IHEPとCEPC計画の高効率クライストロンの開発と大学院生の指導を行っている。2018年より教育用加速器の建設に携わる。。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2014年3月
高エネルギー加速器研究機構 加速器支援センター シニアフェロー
 
2014年4月
 - 
2018年3月
高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設 研究支援員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
高能研究所 招聘研究員
 
1995年4月
 - 
2012年3月
高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設  教授
 
1996年4月
 - 
2012年3月
総合研究大学院大学 数物科学研究科  教授(併任)
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東北大学 理学研究科 物理学
 
 
 - 
1971年
北海道大学 理学部 物理学科
 

論文

 
Dip test: Rapid cathode activity evaluation of the klystron used in an accelerator
U. N. Zaib, S. Fukuda et al.,
Prog. Theor. Exp. Phys   113G02 10 1093   2017年   [査読有り]
Project Oriented Klystron Developments in Japan, China and India
FUKUDA Shigeki
Journal of Korean Physics Society   71(11) 769-774   2017年   [査読有り]
S. Ghosh, S. Fukuda et al.,
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B      2017年   [査読有り]
Design Consideration of 650-MHz Circular Electron-Positron Collider Klystron and Simulation of Its Beam Tester
Zaib-UN Nisa, S. Fukuda et al.,
Chinese Phys. Letter   34(1) 012902   2017年   [査読有り]
On the mechanism of improvement of field emission properties of carbon-coated field emitters
T. Higuchi, S. FUKUDAet al.,
J. Vac. Sci. Technol.   B33(3) 03C102-1-03C102-5   2015年   [査読有り]
Y. Fuwa. S. Fukuda et al.,
IEEE Trans. On Superconductivity   24(3) 1052   2014年   [査読有り]
M. Akemoto, S. Fukuda et al.,
Prog. Theor. Exp. Phys.   2013(03A002) 03A002-38   2013年   [査読有り]
K. Yokoyama, S. Fukuda et al.,
IEEJ., Sec. A   130(12) 1081-1086   2010年   [査読有り]
M. Satoh, S. Fukuda et al.,
Phys. Rev. Special Topics-Accelerators and Beams   12(013501) 1-9   2009年   [査読有り]
T. Shibata, S. Fukuda et al.,
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A   597(1) 61-66   2008年   [査読有り]
T. Yamamoto, S. FUKUDA et al.,
IEEE IVEC 2007   443-444   2007年   [査読有り]
Nucl. Instr. And Methods A   499(1) 167-190   2003年   [査読有り]
MICHIZONO S, SAITO Y, MATSUMOTO T, FUKUDA S, ANAMI S
Applied Surface Science   169/170 742-746   2001年
Recent High-Power Klystron Status at KEK
Journal of Communications Technology and Electronics   45(S1) S2-S8   2000年
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A   A375(ABS-25)    1996年

講演・口頭発表等

 
RF Sources of Super-conducting Test Facility(STF) at KEK
Proceedings of 2005 Internal Particle Accelerator Conference   2005年   
Development of C-band High Power Mix-mode RF Window
Proceeding of 2004 International Linac Conference   2004年   
Linac Upgrade Plan Using a C-band System for SuperKEKB
Proceedings of 30th Advanced ICFA Beam Dynamics Workshop on High Luminosity e+e- Collision   2003年   
Beam Commissioning of the J-PARC Linac Medium Energy Beam Transport at KEK
Proceedings of 2003 International Particle Accelerator Conference   2003年   
Performance of 324MHz Klystron for High Intensity Proton Accelerator Facility
Proceedings of 2002 International Linac Conference   2002年   
Instability Caused By Backstreaming Electron in Klystron
Proceedings of Second Asian Accelerator Conference   2001年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
大電力クライストロンの開発及び高効率化
基礎科学研究
大電力マイクロ波源の開発
基礎科学研究
電子線形加速器の研究
基礎科学研究
国際リニアコライダーの設計
国際研究協力
研究期間: 2006年 - 2012年
世界で1台の国際リニアコライダーを国際的な協力で設計し建設までの検討を行う。大電力マイクロ波源を主に担当し設計を行う。