青木 周司

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/25 18:51
 
アバター
研究者氏名
青木 周司
 
アオキ シュウジ
eメール
aokim.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ee6ec14c6a24801a0b107a9c9ea55a89.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部 附属大気海洋変動観測研究センター
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

経歴

 
2003年4月
 - 
現在
東北大学大学院理学研究科 教授 教授
 
1998年4月
 - 
2003年3月
東北大学大学院理学研究科 助教授 助教授
 
1995年4月
 - 
1998年3月
東北大学理学部 助教授 助教授
 
1993年11月
 - 
1994年1月
米国 NOAA/CMDL 客員研究員 客員研究員
 
1985年11月
 - 
1995年3月
国立極地研究所 助手 助手
 

学歴

 
 
 - 
1984年3月
東北大学 理学研究科 地球物理学
 
 
 - 
1978年3月
東北大学 理学部 物理学
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
現在
環境省 環境研究総合推進費2-1403 アドバイザリーボード  アドバイザー
 
2014年10月
 - 
現在
環境省 環境研究総合推進費2-1401 アドバイザリーボード  アドバイザー
 
2013年10月
 - 
現在
文部科学省 南極地域観測統合推進本部  委員
 
2013年4月
 - 
現在
環境省 環境研究総合推進費2A-1202 アドバイザリーボード  アドバイザー
 
2012年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構国立極地研究所運営委員会  委員
 

受賞

 
2005年11月
日本気象学会 日本気象学会 堀内賞 極域における温室効果気体の挙動に関する研究
 

論文

 
Inai, Y., S. Aoki, H. Honda, H. Furutani, Y. Matsumi, M. Ouchi, S. Sugawara, F. Hasebe, M. Uematsu, and M. Fujiwara
Atmos. Environ.   184 24-36   2018年7月   [査読有り]
Fujita, R., S. Morimoto, T. Umezawa, K. Ishijima, P. K. Patra, D. E. J. Worthy, D. E. J., D. Goto, S. Aoki, and T. Nakazawa
Journal of Geophysical Research: Atmospheres   123    2018年4月   [査読有り]
Umezawa T., C. A. M. Brenninkmeijer, T. Röckmann, C. van der Veen, S. C. Tyler, R. Fujita, S. Morimoto, S. Aoki, T. Sowers, J. Schmitt, M. Bock, J. Beck, H. Fischer, S. E. Michel, B. H. Vaughn, J. B. Miller, J. W. C. White, G. Brailsford, H. Schaefer, P. Sperlich, W. A. Brand, M. Rothe, T. Blunier, D. Lowry, R. E. Fisher, E. G. Nisbet, A. L. Rice, P. Bergamaschi, C. Veidt and I. Levin
Atmos. Meas. Tech.   11 1207-1231   2018年3月   [査読有り]
Sugawara S., S. Ishidoya, S. Aoki, S. Morimoto, T. Nakazawa, S. Toyoda, Y. Inai, F. Hasebe, C. Ikeda, H. Honda, D. Goto, and F. A. Putri
Atmos. Chem. Phys.   18 1819-1833   2018年2月   [査読有り]
Toyoda S., N. Yoshida, S. Morimoto, S. Aoki, T. Nakazawa, S. Sugawara, S. Ishidoya, M. Uematsu, Y. Inai, F. Hasebe, C. Ikeda, H. Honda, K.Ishijima
Atmos. Chem. Phys.   18 833-844   2018年1月   [査読有り]
Goto D., S. Morimoto, S. Aoki, S. Sugawara, S. Ishidoya, Y. Inai, S. Toyoda, H. Honda, G. Hashida, T. Yamanouchi, and T. Nakazawa
SOLA      2017年12月   [査読有り]
Sugawara, S., S. Ishidoya, S. Aoki, S. Morimoto, T. Nakazawa, S. Toyoda, Y. Inai, F. Hasebe, C. Ikeda, H. Honda, D. Goto and F. A. Putri
Atmos. Chem. Phys. Discuss.      2017年12月   [査読有り]
Sasakawa M., T. Machida, K. Ishijima, M. Arshinov, P. K. Patra, A. Ito, S. Aoki, and V. Petrov
J. Geophys. Res.: Atmospheres      2017年11月   [査読有り]
Takata K., P. K. Patra, Ayumi Kotani, Junko Mori, D. Belikov, K. Ichii, T. Saeki, T. Ohta, K. Saito, M. Ueyama, A. Ito, S. Maksyutov, S. Miyazaki, E. J. Burke, A. Ganshin, Y. Iijima, T. Ise1, H. Machiya, T. C. Maximov, Y. Niwa, R. O'ishi, H. Park, T. Sasai, H. Sato, S. Tei, R. Zhuravlev, T. Machida, A. Sugimoto and S. Aoki
Environ. Res. Lett.      2017年10月   [査読有り]
Morimoto S., R. Fujita, S. Aoki, D. Goto and T. Nakazawa
Tellus B      2017年9月   [査読有り]
Goto, D., S. Morimoto, S. Ishidoya, S. Aoki, and T. Nakazawa
J. Geophys. Res. Biogeosci.   122    2017年5月   [査読有り]
Goto, D., S. Morimoto, S. Aoki, P. K. Patra and T. Nakazawa
Tellus B   69    2017年3月   [査読有り]
インドネシア・ビアク島におけるクライオジェニックサンプラー回収気球実験
池田忠作、青木周司、森本真司、菅原敏、本田秀之、豊田栄、石戸谷重之、中澤高清、長谷部文雄、稲飯洋一、林政彦、柴田隆、後藤大輔、Halimurrahman Mukri、Moedji Soedjarwo、Ninong Komala、Fanny A. Putri、Thohirin Chodijah、Agus Hidayat、Afif Budiyono、Thomas Djamaluddin、飯嶋一征、田村誠、井筒直樹、吉田哲也
宇宙航空研究開発機構研究開発報告   JAXA-RR-16-008 33-48   2017年3月   [査読有り]
Tsuboi, T. Nakazawa, H. Matsueda, T. Machida, S. Aoki, S. Morimoto, D. Goto, T. Shimosaka, K. Kato, N. Aoki, T. Watanabe, H. Mukai, Y. Tohjima, K. Katsumata, S. Murayama, S. Ishidoya, T. Fujitani, H. Koide, M. Takahashi, T. Kawasaki, A. Takizawa and Y. Sawa
Technical Reports of The Meteorological Research Institute   79    2017年3月   [査読有り]
Dome Fuji Ice Core Project members: K. Kawamura, A. Abe-Ouchi,H. Motoyama, Y. Ageta, S. Aoki, N. Azuma, Y. Fujii, K. Fujita, S. Fujita, K. Fukui, T. Furukawa, A. Furusaki, K. Goto-Azuma, R. Greve, M. Hirabayashi, T. Hondoh, A. Hori, S. Horikawa, K. Horiuchi, M. Igarashi, Y. Iizuka, T. Kameda, K. Kamiyama, H. Kanda, M. Kohno, T. Kuramoto, Y. Matsushi, M. Miyahara, T. Miyake, A. Miyamoto, Y. Nagashima, Y. Nakayama, T. Nakazawa, F. Nakazawa, F. Nishio, I. Obinata, R. Ohgaito, A. Oka, J. Okuno, J. Okuyama, I. Oyabu, F. Parrenin, F. Pattyn, F. Saito, T. Saito, T. Saito, T. Sakurai, K. Sasa, H. Seddik, Y. Shibata, K. Shinbori, K. Suzuki, T. Suzuki, A. Takahashi, K. Takahashi, S. Takahashi, M. Takata, Y. Tanaka, R. Uemura, G. Watanabe, O. Watanabe, T. Yamasaki, K. Yokoyama, M. Yoshimori, T. Yoshimoto
Science Advances      2017年2月   [査読有り]
Belikov, D.A., S. Maksyutov, A. Ganshin, R. Zhuravlev, N.M. Deutscher, D. Wunch, D.G. Feist, I. Morino, R.J. Parker, K. Strong, Y. Yoshida, A. Bril, S. Oshchepkov, H. Boesch, M.K. Dubey, D. Griffith, D., Hewson, R. Kivi, J. Mendonca, J. Notholt, M. Schneider, R. Sussmann, V. Velazco, and S. Aoki
Atmospheric Chemistry and Physics      2017年1月   [査読有り]
Inter-comparison experiments of standard gases for JMA/WCC activity
Kawasaki, T., A. Takizawa, M. Takahashi, H. Koide, T. Nakazawa, S. Aoki, S. Morimoto, K. Kato, T. Shimosaka, N. Aoki, T. Watanabe, T. Machida, Y. Tohjima, H. Mukai, K. Katsumata, T. Fujitani, S. Murayama, S. Ishidoya, D. Goto, H. Matsueda, Y. Sawa and K. Tsuboi
WMO/GAW Report   229 104-109   2016年12月   [査読有り]
Ishidoya S., H. Uchida, D. Sasano, N. Kosugi, S. Taguchi, M. Ishii, S. Morimoto, Y. Tohjima, S. Nishino, S. Murayama, S. Aoki, K. Ishijima, R. Fujita, D. Goto and T. Nakazawa
Tellus B   68    2016年5月   [査読有り]
Belikov, D.A., S. Maksyutov, A. Ganshin, R. Zhuravlev, N.M. Deutscher, D. Wunch, D.G. Feist, I. Morino, R.J. Parker, K. Strong, Y. Yoshida, A. Bril, S. Oshchepkov, H. Boesch, M.K. Dubey, D. Griffith, D., Hewson, R. Kivi, J. Mendonca, J. Notholt, M. Schneider, R. Sussmann, V. Velazco, and S. Aoki
Atmos. Chem. Phys. Discuss.      2016年3月   [査読有り]
Patra, P. K., T. Saeki, E. J. Dlugokencky, K. Ishijima, T. Umezawa, A. Ito, S. Aoki, S. Morimoto, E. A. Kort, A. Crotwell, K. Ravikumar, T. Nakazawa
J. Meteorol. Soc. Jpn.   94 91-113   2016年2月   [査読有り]
Development of an atmospheric N2O isotopocule model and optimization procedure, and application to source estimation
Ishijima, K., M. Takigawa, K. Sudo, S. Toyoda, N. Yoshida, T. Röckmann, J. Kaiser, S. Aoki, S. Morimoto, S. Sugawara and T. Nakazawa
Atmos. Chem. Phys. Discuss.   15 19947-20011   2015年7月   [査読有り]
Ghosh, A., P. K. Patra, K. Ishijima, T. Umezawa, A. Ito, D. M. Etheridge, S. Sugawara, K. Kawamura, J. B. Miller, E. J. Dlugokencky, P. B. Krummel, P. J. Fraser, L. P. Steele, R. L. Langenfelds, J. White, B. Vaughn, T. Saeki, S. Aoki and T. Nakazawa
Atmos. Chem. Phys.   15 2595-2612   2015年3月   [査読有り]
Ghosh, A., P. K. Patra, K. Ishijima, T. Umezawa, A. Ito, D. M. Etheridge, S. Sugawara, K. Kawamura, J. B., Miller, E. J. Dlugokencky, P. B. Krummel, P. J. Fraser, L. P. Steele, R. L. Langenfelds, C. M. Trudinger, J. W. C. White, B. Vaughn, T. Saeki, S. Aoki and T. Nakazawa
Atmos. Chem. Phys   15    2015年3月   [査読有り]
Sawa, Y., T. Machida, H. Matsueda, Y. Niwa, K. Tsuboi, S. Murayama, S. Morimoto and S. Aoki
Geophys. Res., Lett.   42    2015年2月   [査読有り]
Belikov D.A., A. Bril, S. Maksyutov, S. Oshchepkov, T. Saeki, H. Takagi, Y. Yoshida, S. Aoki and T. Yokota
Polar Science   8    2014年12月   [査読有り]
Ghosh, A., P. K. Patra, K. Ishijima, T. Umezawa, A. Ito, D. M. Etheridge, S. Sugawara, K. Kawamura, J. B., Miller, E. J. Dlugokencky, P. B. Krummel, P. J. Fraser, L. P. Steele, R. L. Langenfelds, C. M. Trudinger, J. W. C. White, B. Vaughn, T. Saeki, S. Aoki and T. Nakazawa
Atmos. Chem. Phys. Discuss.      2014年11月   [査読有り]
Ray, E. A., F. L. Moore, K. H. Rosenlof, S. M. Davis, C. Sweeney, P. Tans, T. Wang, J. W. Elkins, H. Bönisch, A. Engel, S. Sugawara, T. Nakazawa and S. Aoki
J. Geophys. Res.      2014年11月   [査読有り]
Fuke, H., I. Issei, N. Izutsu, Y. Matsuzaka, Y. Kato, Y. Kakehashi, Y. Shoji, T. Yoshida, H. Honda, S. Aoki, Y. Inai, S. Morimoto
J. Atmos. Oceanic Technol.   31 1540-1548   2014年7月   [査読有り]
Saikawa, E., R.G. Prinn, E. Dlugokencky, K. Ishijima, G.S. Dutton, B.D. Hall, R. Langenfelds, Y. Tohjima, T. Machida, M. Manizza, M. Rigby, S. O’Doherty, P.K. Patra, C.M. Harth, R.F. Weiss, P.B. Krummel, M. van der Schoot, P.J. Fraser, L.P. Steele, S. Aoki, T. Nakazawa, and J.W. Elkins
Atmos.Chem. Phys.   14 4617-4641   2014年5月   [査読有り]
大気球観測により初めて捉えられた成層圏大気主成分の重力分離とその中層大気循環研究への応用
石戸谷重之、菅原敏、森本真司、青木周司、中澤高清、豊田栄、本田秀之、橋田元、村山昌平」、山内恭
宇宙航空研究開発機構研究開発報告   13(11) 71-86   2014年5月   [査読有り]
Umezawa, T., D. Goto, S. Aoki, K. Ishijima, P.K. Patra, S. Sugawara, S. morimoto and T. Nakazawa
Tellus B   66    2014年5月   [査読有り]
Thompson, R.L., F. Chevallier, A.M. Crotwell, G. Dutton, R.L. Langenfelds, R.G. Prinn, R.F. Weiss, Y. Tohjima, T. Nakazawa, P.B. kummer, L.P. Steele, P. Fraser, S. O’Doherty, K. Ishijima and S. Aoki
Atmos.Chem. Phys.   14 1801-1817   2014年4月   [査読有り]
Vertical Distributions of Greenhouse Gases in the Stratosphere over the Eastern Equatorial Pacific
Aoki S., Y. Inai, H. Honda, S. Morimoto S. Sugawara, S. Toyoda, H. Furutani, M. Uematsu, I. Iijima, Y. Syoji, S. Matsuzaka, N. Izutu, T. Yoshida, Y. Matsumi and T. Nakazawa
Proceedings of the 9th International Carbon Dioxide Conference      2013年6月
Global inversions of atmospheric CO2 and CH4: results for the Asia regions
Nakazawa T., P.K. Patra, K. Miyazaki, T. Umezawa, K. Ishijima, D. Goto and S. Aoki
Proceedings of the 9th International Carbon Dioxide Conference      2013年6月
A high-precision continuous measurement system for the atmospheric O2/N2 ratio at Ny-Ålusund, Svalbard and preliminary results
Goto D., S. Morimoto, S. Aoki and T. Nakazawa
Proceedings of the 9th International Carbon Dioxide Conference      2013年6月
Continuous measurements of the atmospheric O2/N2 ratio at suburban and coastal sites in the northeastern part of Japan
Goto D., S. Morimoto, S. Aoki and T. Nakazawa
Proceedings of the 9th International Carbon Dioxide Conference      2013年6月
Gravitational separation of major atmospheric components in the stratosphere and its application as an indicator of atmospheric circulation
Ishidoya S., S. Sugawara, S. Morimoto, S. Aoki, T. Nakazawa, H. Honda, Y. Inai and S. Murayama
Proceedings of the 9th International Carbon Dioxide Conference      2013年6月
Exchange ratios of -O2:CO2 observed in a cool temperate deciduous forest ecosystem of central Japan
Ishidoya S., S. Murayama, C. Takamura, H. Kondo, N. Saigusa, D. Goto, S. Morimoto, N. Aoki, S. Aoki and T. Nakazawa
Proceedings of the 9th International Carbon Dioxide Conference      2013年6月
Seasonal changes of CO2, CH4 and N2O in the upper troposphere/lower stratosphere over the Eurasian continent observed by commercial airliner
Tsuboi K., T. Machida, Y. Sawa, S. Morimoto, S. Murayama, Y. Niwa, H. H. Matsueda and S. Aoki
Proceedings of the 9th International Carbon Dioxide Conference      2013年6月
Temporal variations of concentration and isotope ratios of atmospheric methane observed at Ny-Ålesund, Svalbard
Morimoto S., T. Umezawa, S. Aoki, T. Nakazawa and T. Yamanouchi
Proceedings of the 9th International Carbon Dioxide Conference      2013年6月
Goto, D., S. Morimoto, S. Ishidoya, A. Ogi, S. Aoki and T. Nakazawa
J. Meteorol. Soc. Japan   91 179-192   2013年4月   [査読有り]
Goto, D., S. Morimoto, S. Aoki and T. Nakazawa
Antrctic Rec.   57 17-27   2013年4月   [査読有り]
Belikov,D., S. Maksyutov, S. Aoki, N. Deutscher, D. Griffith, I. Morino, T. Nakazawa, J. Notholt, M. Rettinger, V. Sherlock, R. Sussmann, G. C. Toon, P. O. Wennberg and D. B. Wunch
Atmos. Chem. Phys.   13 1713-1732   2013年4月   [査読有り]
Ishidoya, S., S. Sugawara, S. Morimoto, S. Aoki, T. Nakazawa, H. Honda and S. Murayama
Atmos. Chem. Phys.   13 4839-4861   2013年4月   [査読有り]
Miller, J., S. Lehman, C. Wolak, J. Turnbull, G. Dunn, H. Graven, R. Keeling, H.A.J. Meijer, A.T. Aerts-Bijma, S.W.L. Palstra, A.M. Smith, C. Allison, J. Southon, X. Xu, T. Nakazawa, S. Aoki, T. Nakamura, T. Guilderson, B. LaFranchi, H. Mukai, Y. Terao, M. Uchida, M. Kondo
Radiocarbon   55 1475-1483   2013年4月   [査読有り]
Ishidoya, S., S. Murayama, C. Takamura, H. Kondo, N. Saigusa, D. Goto, S. Morimoto, N. Aoki, S. Aoki and T. Nakazawa
Tellus B   65    2013年4月   [査読有り]
A Report of δ13C & δ18O Measurements in NBS19 and NBS18 pure CO2: Uncertainty in Traceability of CO2 Isotope Measurements
Huang, L., A. Chivulescu, C. Allison, G. Brailsford, W. A. Brand, M. Wendeberg, A. Bollenbacher, R. Keeling, I. Levin, M. Sabasch, M. Leuenberger, H. Mukai, T. Nakazawa, S. Aoki, R. Neubert, A. Aerts-Bijma, M. Verkouteren, J. White, B. Vaughn, S. Michel, L. Zhou, L.X. Liu
GAW Report (WMO TD 1553)   194 169-174   2012年11月
Ishidoya, S., S. Aoki, D. Goto, T. Nakazawa, S. Taguchi and P. K. Patra
Tellus   B64    2012年10月   [査読有り]
Umezawa, T., T. Machida, S. Aoki and T. Nakazawa
Global Biogeochem. Cycles   26    2012年9月   [査読有り]
Umezawa, T., T. Machida, K. Ishijima, H. matsueda, P.K. patra, S. Aoki and T. Nakazawa
Atmos. Chem. Phys.   12 8095-8113   2012年8月   [査読有り]
Ishidoya, S., S. Morimoto, S. Aoki, S. Taguchi, D. Goto, S. Murayama amd T. Nakazawa
Tellus   B64    2012年8月   [査読有り]
Belikov,D., S. Maksyutov, S. Aoki, N. Deutscher, D. Griffith, I. Morino, T. Nakazawa, J. Notholt, M. Rettinger, V. Sherlock, R. Sussmann, G. C. Toon, P. O. Wennberg and D. B. Wunch
Atmos. Chem. Phys. Discussion   12 8053-8106   2012年5月   [査読有り]
Simulations of column-average CO2 and CH4 using the NIES TM with a hybrid sigma–isentropic (σ–θ) vertical coordinate
Belikov,D., S. Maksyutov, S. Aoki, N. Deutscher, D. Griffith, I. Morino, T. Nakazawa, J. Notholt, M. Rettinger, V. Sherlock, R. Sussmann, G. C. Toon, P. O. Wennberg and D. B. Wunch
Atmos. Chem. Phys. Discussion   12 1-54   2012年3月   [査読有り]
T. Umezawa, T. Machida, K. Ishijima, H. Matsueda, Y. Sawa, P. K. Patra, S. Aoki and T. Nakazawa
Atmos. Chem. Phys. Discuss.   12 9035-9077   2012年3月   [査読有り]
Umezawa, T., S. Aoki, Y. Kim, S. Morimoto, and T. Nakazawa
Journal of Geophysical Research   116    2011年6月   [査読有り]
A Report of δ13C & δ18O Measurements in NBS19 and NBS18 pure CO2: Uncertainty in Traceability of CO2 Isotope Measurements
L. Huang, A. Chivulescu, C. Allison, G. Brailsford, W. A. Brand, M. Wendeberg, A.Bollenbacher, R. Keeling, I. Levin, M. Sabasch, M. Leuenberger, H. Mukai, T. Nakazawa,S. Aoki, R. Neubert, A. Aerts-Bijma, M.Verkouteren, J. White, B. Vaughn, S. Michel,L. Zhou, L.X. Liu
GAW Report   No. 194((WMO-TD 1553)) 169-174   2011年   [査読有り]
青木周司
コンクリート工学   48 4-7   2010年12月   [査読有り]
Ishijima K., P.K. Patra, M. Takigawa, T. Machida, H. Matsueda, Y. Sawa, L.P. Steele, P.B. Krummel, R.L. Langenfields, S. Aoki and T. Nakazawa
J. Geophys. Res.   115(D20308)    2010年12月   [査読有り]
南北両極域における大気中の温室効果気体と関連気体の変動
森本真司,石戸谷重之、石島健太郎、八代尚、梅澤拓、菅原敏、橋田元、青木周司,中澤高清、山内恭
南極資料   54 374-409   2010年12月   [査読有り]
北極航空機観測計画(AAMP02)と南極昭和基地,スウェーデンキルナおよび日本三陸上空における成層圏大気採取実験によって観測された大気主要成分の重力分離
石戸谷重之,菅原敏,森本真司,青木周司,中澤高清,本田秀之,山内恭
南極資料   54 426-437   2010年12月   [査読有り]
クライオジェニックサンプラーを用いた昭和基地上空における成層圏大気中の 温室効果気体観測
菅原敏,豊田栄,石戸谷重之,森本真司,橋田元,青木周司,中澤高清,山内恭,本田秀之
南極資料   54 410-425   2010年12月   [査読有り]
南太洋オーストラリア区における表層海洋中の二酸化炭素分圧の経年変化と季節変化
橋田元,中岡慎一郎,小野恒,中澤高清・吉川久幸,青木周司,森本真司,山内恭,小達恒夫,福地光男
南極資料   54 438-448   2010年12月   [査読有り]
Murayama, S., C. Takamura, S. Yamamoto, N. Saigusa, S. Morimoto, H. Kondo, T., Nakazawa, S. Aoki, T. Usami and M. Kondo
J. Geophys. Res.   115(D17304)    2010年11月   [査読有り]
Morimoto, S., T., Yamanouchi, H. Honda, S. Aoki, T. Nakazawa, S. Sugawara, S. Ishidoya, I. Iijima and T. Yoshida
J. Atmos. And Ocean. Tech.   26 2182-2191   2009年10月   [査読有り]
青木周司
化学と教育   57 558-559   2009年10月   [査読有り]
Yashiro H., S. Sugawara, K. Sudo, S. Aoki and T. Nakazawa
J. Geophys. Res.   114(D08305)    2009年10月   [査読有り]
Continuous measurement of the atmospheric O2/N2 ratio at Syowa Station, Antarctica
Morimoto S., D. Goto, S. Ishidoya, T. Nakazawa and S. Aoki
Proceedings of the 8th International Carbon Dioxide Conference      2009年9月   [査読有り]
10-year measurements of the atmospheric O2/N2 ratio in the free troposphere over Japan and estimation of global CO2 budget
Ishidoya S., S. Aoki and T. Nakazawa
Proceedings of the 8th International Carbon Dioxide Conference      2009年9月   [査読有り]
Continuous measurements of the atmospheric O2/N2 ratio at suburban and coastal sites in the northeastern part of the main island of Japan
Goto D., S. Morimoto, S. Ishidoya, S. Aoki and T. Nakazawa
Proceedings of the 8th International Carbon Dioxide Conference      2009年9月   [査読有り]
Long-term variation of carbon isotopic ratio of the stratospheric CO2
Sugawara S., S. Aoki, T. Nakazawa, K. Genma, S. Ishidoya and S. Morimoto
Proceedings of the 8th International Carbon Dioxide Conference      2009年9月   [査読有り]
Seasonal variation of dissolved inorganic carbon based on repeat observations in marginal ice zone along 140°E during austral spring 2001/02
Hashida G., H. Ono, H. Yoshikawa-Inoue, S. Nakaoka, T. Nakazawa, S. Aoki, M. Ishii, M. Fukuchi and T. Odate
Proceedings of the 8th International Carbon Dioxide Conference      2009年9月   [査読有り]
Long-term variation of oceanic carbon dioxide and possible acidification in the Indian sector of the Southern Ocean
Hashida G., T. Nakazawa, S. Aoki, S. Nakaoka, T. Yamanouchi, H. Yoshikawa-Inoue and S. Morimoto
Proceedings of the 8th International Carbon Dioxide Conference      2009年9月   [査読有り]
Variation of the oxygen isotopic ratio of atmospheric CO2 in a cool temperate deciduous forest in central Japan
Takamura C., S. Murayama, T. Nakazawa, S. Aoki, N. Saigusa and S. Morimoto
Proceedings of the 8th International Carbon Dioxide Conference      2009年9月   [査読有り]
Temporal and spatial variations of the concentration and carbon isotopic ratio of atmospheric carbon dioxide in the western Pacific region
Aoki S., T. Nakazawa, Y. Terunuma and M. Ishizawa
Proceedings of the 8th International Carbon Dioxide Conference      2009年9月   [査読有り]
High-precision measurements of the carbon isotope ratio of atmospheric methane using a continuous flow mass-spectrometer
Morimoto, S., S. Aoki and T. Nakazawa
Antarctic Record   53 1-8   2009年6月   [査読有り]
Umezawa, T., S. Aoki, T. Nakazawa, S. Morimoto
J. Meteor. Soc. Japan   877 365-379   2009年6月   [査読有り]
J-Tクーラーを用いた小型成層圏大気クライオサンプラーの開発
森本真司、山内 恭、本田秀之、青木周司、中澤高清、菅原 敏、石戸谷重之、飯嶋一征、吉田哲也
宇宙航空研究開発機構研究開発報告   JAXA-RR-08-001 63   2009年6月   [査読有り]
Yashiro H., S. Sugawara, K. Sudo, S. Aoki and T. Nakazawa
Journal of Geophysical Research   114(D17304)    2009年6月   [査読有り]
Ishijima, K., T. Nakazawa and S. Aoki
Tellus   61B 408-415   2009年5月   [査読有り]
Nakaoka, S., T. Nakazawa, H. Yoshikawa-Inoue, S. Aoki, G. Hashida, M. Ishii, T. Yamanouchi, T. Odate and M. Fukuchi
Geophys. Res. Lett.   L14610    2009年5月   [査読有り]
Engel, A., Mobius, T., Bonisch, H., Schmidt, U., Heinz, R., Levin, I., Atlas, E., Aoki, S., Nakazawa, T., Sugawara, S., Moore, F., Hurst, D., Elkins, J., Schauffler, S., Andrews, A. and Boering, K.
Nature Geoscience   2 28-31   2009年4月   [査読有り]
Long-term observation on 17O anomaly in the lower stratospheric CO2 over Japan
Kawagucci, S., U. Tsunogai, S. Kudo, F. Nakagawa, H. Honda, S. Aoki, T. Nakazawa, M. Tsutsumi, and T. Gamo
Atmos. Chem. Phys.   8 1-19   2008年5月   [査読有り]
Zhang, D., J. Tang, G. Shi, M. Wen, T. Nakazawa, S. Aoki, S. Sugawara, S. Morimoto, P. K. Patra, T. Hayasaka and T. Saeki
Geophys. Res. Lett.      2008年4月   [査読有り]
Accurate chronology of Antarctic climate and greenhouse gas changes over the past 470 ky.
Kawamura K., S. Aoki, T. Nakazawa, Matsushima H., Ishidoya S., Sugawara S., Lisiecki L., Raymo M.E., Severinghaus J.P.
Geochem. Cosmochem. Acta   72 A454-A454   2008年4月   [査読有り]
Ishidoya, S., S. Morimoto, S. Sugawara, T. Watai, T. Machida, S. Aoki, T. Nakazawa, and T. Yamanouchi
Geophys. Res. Lett.   35(L03812)    2008年2月   [査読有り]
doi:10.1029/2007GL031526
Ishidoya, S., S. Sugawara, S. Morimoto, S. Aoki, and T. Nakazawa
Geophys. Res. Lett.   35(L03811)    2008年1月   [査読有り]
doi:10.1029/2007GL030456
Measurements of the Vertical Distributions of N2O Isotopomer Ratios in theStratosphere Using a Balloon-Borne Cryogenic Sampler
Toyoda, S, N. Yoshida, S. Sugawara, S. Ishidoya, A. Ohkawa, S. Aoki, T. Nakazawa, T. Machida, G. Hashida, S. Morimoto, and H. Honda
Preprints for the 26th International Symposium on Space Technology and Science (26th ISTS)      2008年   [査読有り]
Long-term observation of mass-independent oxygen isotope anomary in stratospheric CO2
Kawaguchi, K., U. Tsunogai, S. Kudo, F. Nakagawa, H. Honda, S. Aoki, T. Nakazawa, M. Tsutsumi and T. Gamo
Atmos. Chem. Phys.   7 15723-15737   2007年12月   [査読有り]
Development of High-Precision Measurement System for δ13C and δD of Atmospheric Methane
Aoki, S., T. Umezawa, S. Morimoto and T. Nakazawa
14th WMO/IAEA Meeting of Experts on Carbon Dioxide      2007年10月
Development of a high precision continuous measurement system of the atmospheric O2/N2 ratio using a fuel cell oxygen analyzer
Morimoto, S., S. Ishidoya, D. Goto, A. Ogi, S. Aoki and T. Nakazawa
14th WMO/IAEA Meeting of Experts on Carbon Dioxide      2007年10月
Zhang, X., T. Nakazawa, M. Ishizawa, S. Aoki, S. Nakaoka, S. Sugawara, S. Maksyutov, T. Saeki and T. Hayasaka
Tellus   59B 654-663   2007年9月   [査読有り]
Kawamura, K., F. Parrenin, L. Lisiecki, R. Uemura, F. Vimeux, J. P. Severinghaus, M. Hutterli, T. Nakazawa, S. Aoki, J. Jouzel, M. E. Raymo, K. Matsumoto, H. Nakata, H. Motoyama, S. Fujita, K. Goto-Azuma, Y. Fujii and O. Watanabe
Nature   448 doi:10.1038/nature06015   2007年8月   [査読有り]
Stephens, B.B., K.R. Gurney, P.P. Tans, C. Sweeney, W.P.,L. Bruhwiler, P. Ciais, M. Ramonet, P. Bousquet, T. Nakazawa, S. Aoki, T. Machida, G. Inoue, N. Vinnichenko, J. Lloyd, A. Jordan, M. Heimann, O. Shibistova, R. L. Langenfelds, L. P. Steele, R. J. Francey, A. S. Denning
Science   316(1732) doi:10.1126/science.1137004   2007年6月   [査読有り]
Ishijima, K., S. Sugawara, K. Kawamura, G. Hashida, S. Morimoto, S. Murayama, S. Aoki, and T. Nakazawa
J. Geophys, Res.   112(D03305) doi:10.1029/2006JD007208   2007年3月   [査読有り]
Saito, T., Y. Yokouchi, S. Aoki, T. Nakazawa, Y. Fujii and O. Watanabe
Geophys. Res. Lett.   34(L13801) doi:10.1029/2006GL028090   2007年1月   [査読有り]
Preparation of a large amount of standard air for atmospheric O2/N2 measurements
Ishidoya, S., T. Nakazawa and S. Aoki
WMO-TD   168 52-55   2006年12月
Rohs, S., C. Schiller, M. Riese, A. Engel, U. Schmidt, T. Wetter, I. Levin, T. Nakazawa and S. Aoki
J. Geophys. Res.   111(D14315) doi:10.1029/2005JD006877   2006年11月   [査読有り]
Ishidoya, S., S. Sugawara, G. Hashida, S. Morimoto, S. Aoki, T. Nakazawa, and T. Yamanouchi
Geophys. Res. Lett.   33(L13701) doi:10.1029/2006GL025886   2006年11月   [査読有り]
Kawamura, K., J.P. Severinghaus, S. Ishidoya, S. Sugawara, G. Hashida, H. Motoyama, Y. Fujii, S. Aoki and T. Nakazawa
Earth and Planetary Science Lett.   244 672-682   2006年10月   [査読有り]
Nakaoka, S., S. Aoki, T. Nakazawa, G. Hashida, S. Morimoto, T. Yamanouchi and H. Inoue-Yoshikawa
Tellus   58 148-161   2006年10月   [査読有り]

Misc

 
An intercomparison of standard air for measurements of the atmospheric O2/N2 ratio among Tohoku University, Princeton University and National Institute for Environmental Studies.
Nakazawa, T., S. Ishidoya, S. Aoki, M. L. Bender, R. Mika and Y. Tohjima
WMO-TD   161 141-144   2005年10月
, 第7回二酸化炭素国際会議報告
中澤高清,遠嶋康徳,石井雅男,伊藤昭彦,青木周司,井上元
天気   53 63-68   2005年8月

書籍等出版物

 
低温環境の科学事典
編集代表 河村公隆 著者:相川祐理、青木茂、青木周司、他 (担当:共著)
朝倉書店   2016年7月   ISBN:978-4-254-16128-1
地球環境システム ー温室効果気体と地球温暖化ー
中澤高清、青木周司、森本真司 (担当:共著)
共立出版   2015年5月   ISBN:978-4-320-04713-6
気候変動研究の最前線
青木周司,森本真司,中澤高清 (担当:共著, 範囲:2章 温室効果気体の循環)
地球気候環境研究の連携に関する大学附置研究センター協議会   2015年4月   
南極読本
青木周司 (担当:共著)
成山堂書店   2013年4月   ISBN:978-4-425-94811-6
地球変動研究の最前線を訪ねる
中澤高清、青木周司 (担当:共著)
清水弘文堂書房   2010年1月   

講演・口頭発表等

 
Temporal variations of the global CH4 sources estimated by mole fraction, carbon and hydrogen isotope ratios of atmospheric CH4, and an atmospheric chemistry transport model
Ryo Fujita, Shamil Maksyutov, Shinji Morimoto, Shuji Aoki, Takakiyo Nakazawa, Heon-Sook Kim, Taku Umezawa, Daisuke Goto, Motoki Sasakawa, Toshinobu Machida
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   日本地球惑星科学連合
Composition of firn air collected at H128, a coastal site in East Antarctica
Ikumi Oyabu, Kenji Kawamura, Kyotaro Kitamura, Shinji Morimoto, Shuji Aoki, Ryo Fujita, Satoshi Sugawara, Hideaki Motoyama, Toshimitsu Sakurai, Miho Arai
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   日本地球惑星科学連合
Seasonal characteristics of trace gas transport in the extratropical upper troposphere/lower stratosphere
Y. Inai, R. Fujita, T. Machida, H. Matsueda, Y. Sawa, K. Tsuboi, K. Katsumata, S. Morimoto, S. Aoki, and T. Nakazawa
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   日本地球惑星科学連合
Modeling of gravitational separation using global atmospheric tracer transport model
Dmitry Belikov, Satoshi Sugawara, Shigeyuki Ishidoya, Fumio Hasebe, Shamil Maksyutov, Shuji Aoki, Shinji Morimoto, Takakiyo Nakazawa
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   日本地球惑星科学連合
スバールバル諸島ニーオルスン基地における大気中二酸化炭素、 メタン、一酸化炭素濃度の変動
村山昌平、森本真司 、後藤大輔 、青木周司、中澤高清、石島健太郎 、前田高尚、 石戸谷重之、菅原敏 、藤田遼
日本気象学会2018年度春季大会   2018年5月16日   
Seasonal characteristics of trace gas transport in the Arctic upper troposphere/lower stratosphere
Y. Inai, R. Fujita, T. Machida, H. Matsueda, Y. Sawa, K. Tsuboi, K. Katsumata, S. Morimoto, S. Aoki and T. Nakazawa
第5回北極国際シンポジウム   2018年1月15日   
Terrestrial Biospheric and Oceanic CO2 Uptake Estimated from Long-term Measurements of Atmospheric CO2 Mole Fraction, δ13C and O2 at Ny-Ålesund, Svalbard
Daisuke Goto, Shinji Morimoto, Shigeyuki Ishidoya, Shuji Aoki , Takakiyo Nakazawa
第5回北極国際シンポジウム   2018年1月15日   
Temporal variations of the mole fraction, carbon and hydrogen isotope ratios of atmospheric methane in the Hudson Bay Lowlands, Canada
R. Fujita, S. Morimoto, T. Umezawa, K. Ishijima, P. K. Patra1 , D. E. J. Worthy, D. Goto, S. Aoki and T. Nakazawa
第5回北極国際シンポジウム   2018年1月14日   
地球規模炭素循環に関する最近の研究成果について [招待有り]
青木 周司
陸別観測施設設立20周年記念シンポジウム   2017年11月8日   
日本および南極上空における成層圏N2O isotopoculeの高度分布とその変動
豊田栄, 吉田尚弘, 森本真司, 稲飯洋一, 青木周司, 中澤高清, 菅原敏, 石戸谷重之, 後藤大輔, 本田秀之, 池田忠作, 石島健太郎
第23回大気化学討論会   2017年10月2日   
Variations of atmospheric methane and its carbon and hydrogen isotopic ratios observed in the upper troposphere/lowermost stratosphere over the Eurasian Continent
Ryo Fujita, Shinji Morimoto, Yoichi Inai, Shuji Aoki, Toshinobu Machida, Yousuke Sawa, Hidekazu Matsueda, Yosuke Niwa, Kazuhiro Tsuboi, Keiich Katsumata, Taku Umezawa, Takakiyo Nakazawa
第10回国際二酸化炭素国際会議   2017年8月21日   
Twenty-three year record of the mid-stratospheric 13CO2 over Japan
Satoshi SUGAWARA, Shigeyuki ISHIDOYA, Shinji MORIMOTO, Shuji AOKI, Takakiyo NAKAZAWA, Taku UMEZAWA, Sakae TOYODA, Hideyuki HONDA
第10回国際二酸化炭素国際会議   2017年8月21日   
Temporal variations of the atmospheric O2 and CO2 at the coastal site in the northeastern part of the main island of Japan
Daisuke Goto, Shinji Morimoto, Shuji Aoki and Takakiyo Nakazaw
第10回国際二酸化炭素国際会議   2017年8月21日   
南極上空成層圏において観測された大気の重力分離と周辺域の気象場との関係
石戸谷重之、菅原敏、稲飯洋一、森本真司、本田秀之、池田忠作、冨川喜弘、 豊田栄、青木周司、中澤高清
日本気象学会2017年度春季大会   2017年5月25日   
その他
100万年超を目指した深層アイスコア掘削と気候復元研究
川村 賢二、アイスコア コンソーシアム
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
その他
南極氷床と気候の変動及び相互作用に関する研究展望
川村賢二、杉山慎、植村立、本山秀明、澤柿教伸、飯塚芳徳、堀内一穂、青木周司、東久美子、藤田秀二、関宰、平林幹啓、大藪幾美
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
その他
State dependence of climatic instability over the past 720,000 years from Antarctic ice cores and climate modeling
Kenji Kawamura, Ayako Abe-Ouchi, Hideaki Motoyama, Dome Fuji Ice Core Project
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
その他
連続融解システムによるドームふじ氷床コア中のメタン濃度の高分解能測定
荒井美穂、川村賢二、北村享太郎、東久美子、尾形純、 Remi Dallmayr、中澤文男、平林幹啓、中澤高清、青木周司、鈴木利孝
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
その他
Seasonal variations and trends of greenhouse gases in the upper troposphere/lowermost stratosphere by flask-based aircraft measurements between Europe and Japan
Sawa Y., T. Machida, H. Matsueda, Y. Niwa, K. Tsuboi K. Katsumata, T. Umezawa, H. Eto, R. Fujita, D. Goto, S. Morimoto, S. Aoki
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
その他
Variation in the mixing fraction of tropospheric and stratospheric air masses sharing the tropical lower stratosphere (TLS)
Inai Y., S. Sugawara, S. Aoki, S. Morimoto, and T. Nakazawa
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
その他
Distributions and temporal changes of greenhouse gases in upper atmosphere observed by aircraft
Machida T., S. Aoki, H. Matsueda Y. Sawa, S. Isjhidota, T. Umezawa, S. Sugawara, D. Goto6, Y. Niwa, K. Tsuboi, K. Katsumata, T. Nakazawa and S. Morimoto
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
その他
Atmospheric CH4 concentration during the Holocene reconstructed from the NEEM (Greenland) and Dome Fuji (East Antarctica) ice cores
Oyabu I., K. Kawamura, K. Goto-Azuma, K. Kitamura, S. Aoki, T. Nakazawa, E. J. Brook and T. Blunier
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
その他
ユーラシア大陸上空の対流圏界面領域における大気中CH4の変動と 炭素・水素同位体比に基づいたその解釈
藤田 遼,森本真司,稲飯洋一,青木周司,町田敏暢,澤 庸介,松枝秀和,丹羽洋介3,坪井一寛,勝又啓一,梅澤拓,中澤高清
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
本学学生
Spatiotemporal variations in age and gravitational separation of the stratospheric air observed using a balloon-borne cryogenic air sampler
Ishidoya S., S. Sugawara, S. Aoki, S. Morimoto, T. Nakazawa, S. Toyoda, H. Honda, Y. Inai, C. Ikeda and F. Hasebe
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月20日   
その他
Age of air and gravitational separation in the stratosphere over Indonesia
S. Sugawara, S. Ishidoya, S. Aoki, S. Morimoto, T. Nakazawa, S. Toyoda, Y. Inai, F. Hasebe, C. Ikeda, H. Honda, D. Goto, F. Putri
AGU Fall Meeting   2016年12月12日   
Temporal variations of the atmospheric CO2 concentration and its carbon isotope ratio at Ny-Ålesund, Svalbard and estimation of global budget
D. Goto, S. Morimoto, S. Ishidoya, S. Aoki and T. Nakazawa
AGU Fall Meeting   2016年12月12日   
80万年を超える深層アイスコア掘削による気候復元研究
川村賢二,藤田秀二,東久美子,本山秀明,中澤文男, アイスコアコンソーシアム
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   
その他
グリーンランドNEEM氷床コアと南極Dome Fuji氷床コアから復元された 完新世のメタン濃度
大藪幾美、川村賢二、東久美子、北村享太郎、青木周司、中澤高清、E. J. Brook、T. Blunier
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   
その他
Temporal Variations of the Atmospheric CO2 Concentration and Its Carbon Isotope Ratio at Ny-Ålesund, Svalbard and Estimation of Global Carbon Budget
Goto,D., S. Morimoto, S. Ishidoya, S. Aoki and T. Nakazawa
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   
その他
カナダ・チャーチルにおける炭素・水素同位体比の観測から推定された大気中CH4濃度変動に対する北方湿地の寄与
藤田遼、森本真司、梅澤拓、石島健太郎、P.K. Patra, D.E.J. Worthy、後藤大輔、青木周司、中澤高清
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   
本学学生
ニーオルスンにおける大気中メタン濃度とその炭素同位体比の長期変動
森本真司、青木周司、藤田遼、中澤高清、山内恭
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   
その他
赤道上空成層圏におけるN2O 同位体比の鉛直分布
豊田栄, 吉田尚弘, 森本真司, 青木周司, 中澤高清, 菅原敏, 石戸谷重之,植松光夫, 稲飯洋一, 長谷部文雄, 池田忠作, 本田秀之, 石島健太郎
大気球シンポジウム   2016年11月1日   
その他
On the use of aircraft CO2 observations for carbon cycles studies
Patra P. K., T. Saeki, S. Morimoto, H. Matsueda, T. Machida, Y Sawa, T Umezawa, S. Aoki and T. Nakazawa
日本気象学会2016年度秋季大会   2016年10月26日   
その他
スバールバル諸島ニーオルスンにおける大気中CO2濃度および炭素同位体比の時間変動
後藤大輔、森本真司、石戸谷重之、青木周司、中澤高清
日本気象学会2016年度秋季大会   2016年10月26日   
その他
ユーラシア大陸上空の対流圏界面領域における大気中CH4濃度とその炭素・水素同位体比の季節変動の解析
藤田遼、森本真司、青木周司、町田 敏暢,澤 庸介,松枝 秀和,坪井一寛,勝又啓一,梅澤拓,中澤高清
日本気象学会2016年度秋季大会   2016年10月26日   
本学学生
西太平洋上における大気中メタン濃度とその炭素・水素同位体比の変動
藤田遼、青木周司、森本真司、梅澤拓、S. Maksyutov、H-S. Kim、中澤高清
第22回大気化学討論会   2016年10月12日   
本学学生
熱帯成層圏における大気の年齢と水蒸気鉛直分布の整合的理解
長谷部文雄、青木周司、管原敏、稲飯洋一、石戸谷重之
第22回大気化学討論会   2016年10月12日   
その他
Vertical distributions of N2O isotopocules in the equatorial stratosphere
S. Toyoda, N. Yoshida, S. Morimoto, S. Aoki, T. Nakazawa, S. Sugawara, S. Ishidoya, Y. Inai, F. Hasebe, C. Ikeda, H. Honda and K. Ishijima
The 8th International Symposium on Isotopomers   2016年10月3日   
Source identification of atmospheric methane variations at Churchill, Canada using carbon and hydrogen isotope analyses
Fujita, R., S. Morimoto, T. Umezawa, K. Ishijima, P.K. Patra, D.E.J. Worthy, D. Goto, S. Aoki and T. Nakazawa
IGAC   2016年9月26日   
本学学生
Anthropogenic emissions of CO2 and CH4 from China are likely overestimated
Patra, P.K., T. Saeki, S. Aoki, S. Morimoto and T. Nakazawa
AOGS   2016年7月31日   
その他
トップダウン法とボトムアップ法によるCO2フラックス推定値の 比較 - シベリア・ヤクーツクでの試み -
高田 久美子、Patra Prabir、Belikov Dmitry、小谷 亜由美、森 淳子、GTMIP グルー プ、市井 和仁、佐伯 田鶴、丹羽 洋介、斉藤 和之、太田 岳史、Maksyutov Shamil、町田 敏 暢、Ganshin Alexander、Zhuravlev Ruslan、杉本 敦子、青木 周司
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
ロシア水文気象環境監視局の航空機による北極・西シベリア域に おける大気環境観測
今須 良一、町田 敏暢、青木 周司、山内 恭、松永 恒雄、松枝 秀和、金谷 有剛、松見 豊、篠田 太郎、谷本 浩志、五藤 大輔、森野 勇、澤 庸介、坪井 一寛、丹羽 洋介、兼保 直樹、村山 昌平、末吉 哲雄、滝川 雅之、竹谷 文一、佐藤 陽祐、竹内 渉、入江 仁士、笠井 康子、Strunin Mikhail、Fomin Boris
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
NICAM-TMデータ及び航空機観測データによるGOSAT/TANSOFTS TIR CH4データの評価
野々垣 亮介、齋藤 尚子、今須 良一、塩見 慶、丹羽 洋介、青木 周司、森本 真司、町田 敏暢、松枝 秀和、澤 庸介、坪井 一寛
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
スバルバール諸島ニーオルスンにおける大気主成分濃度・同位体比 の観測から示唆される下層大気の分子拡散分離
石戸谷 重之、後藤 大輔、菅原 敏、森本 真司、青木 周司、村山 昌平、中澤 高清
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
スヴァールバル諸島ニーオルスンにおける大気中CO2濃度および炭 素同位体比の時間変動
後藤 大輔、森本 真司、石戸谷 重之、青木 周司、中澤 高清、弓場 彬江
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
グリーンランドNEEM氷床コアと南極Dome Fuji氷床コアから復元 された完新世におけるメタン濃度
大藪 幾美、川村 賢二、北村 享太郎、青木 周司、中澤 高清、Edward Brook、Thomas Blunier
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
Influence of Fossil Fuel Emissions on CO2 Flux Estimates by Atmospheric Inversions
Tazu Saeki, Prabir Patra, Shinji Morimoto, Shuji Aoki
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
Regional methane emission estimation based on observed atmospheric concentrations (2002–2012)
Prabir Patra, Tazu Saeki, Edward Dlugokencky, Kentaro Ishijima, Taku Umezawa, Akihiko Ito, Shuji Aoki, Shinji Morimoto, Eric Kort, Andrew Crotwell, Ravi Kunchala, Takakiyo Nakazawa
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
インドネシア上空成層圏において観測された大気主成分の拡散分離
石戸谷 重之、菅原 敏、青木 周司、森本 真司、中澤 高清、豊田 栄、池田 忠作、本田 秀之、稲飯 洋一、長谷部 文雄、Putri Fanny、後藤 大輔、村山 昌平
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
インドネシア上空成層圏におけるCO2とSF6の濃度
菅原 敏、青木 周司、森本 真司、石戸谷 重之、中澤 高清、豊田 栄、池田 忠作、本田 秀之、稲飯 洋一、長谷部 文雄、Putri Fanny、後藤 大輔
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
その他
ユーラシア大陸上空の上部対流圏・下部成層圏における大気中 CH4濃度とその炭素・水素同位体比の時空間変動
藤田 遼、森本 真司、青木 周司、町田 敏暢、澤 庸介、松枝 秀和、丹羽 洋介、坪井 一寛 、勝又 啓一、中澤 高清
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月22日   
本学学生
Influence of Fossil Fuel Emissions on CO2 Flux Estimates by Atmospheric Inversions
Tazu Saeki, Prabir K. Patra, Shinji Morimoto, and Shuji Aoki
日本気象学会2016年度春季大会   2016年5月18日   
その他
飛騨高山森林サイトにおける大気中酸素濃度観測に基づく2005-2015 年の全球炭素収支
石戸谷重之、村山昌平、Prabir K. Patra、田口彰一、青木周司、中澤高清、森本真司、後藤大輔、近藤裕昭
日本気象学会2016年度春季大会   2016年5月18日   
その他
Comparison of carbon fluxes estimated by top-down and bottom-up methods -- a case study at Yakutsk, Siberia --
K. Takata, P. Patra, A. Kotani, D. Belikov, J. Mori, T. Ise, T. Machida, S. Maksyutov, S. Miyazaki, T. Ohta, H. Park, T. Saeki, K. Saito, H. Sato, S. Tei, A. Sugimoto, and S. Aoki
The Sixth Symposium on Polar Science   2015年11月16日   
その他
Simulation of CO2 and CH4 seasonal cycles in Siberia
D. Belikov, S. Maksyutov, M. Sasakawa and S. Aoki
The Sixth Symposium on Polar Science   2015年11月16日   
その他
Reconstruction of variations of isotopic ratios of atmospheric methane: measurements of firn air /ice core and applications of firn air transport model
T. Umezawa, S. Sugawara, K. Kawamura, T. Sugiyama, S. Morimoto, S. Aoki and T. Nakazawa
The Sixth Symposium on Polar Science   2015年11月16日   
その他
Outline of study results obtained by the group #5 of the GRENE Arctic Climate Research Project
S. Aoki and GRENE #5 members
The Sixth Symposium on Polar Science   2015年11月16日   
筆頭
平成27年度成層圏大気クライオサンプリング実験(結果速報)
菅原敏、青木周司、森本真司、中澤高清、石戸谷重之、豊田栄、本田秀之、池田忠作、井筒直樹、吉田哲也
大気球シンポジウム   2015年11月5日   
その他
インドネシアにおける成層圏大気サンプリング気球実験の結果
菅原敏、青木周司、森本真司、中澤高清、石戸谷重之、豊田栄、長谷部文雄、稲飯洋一 、後藤大輔、本田秀之、池田忠作、飯嶋一征、田村誠、井筒直樹、吉田哲也、Fanny Putri
大気球シンポジウム   2015年11月5日   
その他
インドネシアBiak島での島での大気観測球実験実施報告
池田忠作、本田秀之、飯嶋一征、田村誠、井筒直樹、吉田哲也、青木周司、森本真司、中澤高清、菅原敏、石戸谷重之、豊田栄、長谷部文雄、稲飯洋一 、稲飯洋一 、稲飯洋一、後藤大輔 、林政彦 、Moedji Soedjarwo、Agus Hidayat、Afif Budyono
大気球シンポジウム   2015年11月5日   
その他
アイスコアの空気抽出・分析技術における最近の進展
川村賢二, 北村亨太郎, Remi Dallmayr, 東久美子, 青木周司, 中澤高清
日本気象学会2015年度秋季大会   2015年10月28日   
その他
インドネシア上空成層圏の温室効果気体と重力分離の観測
菅原敏, 石戸谷重之, 青木周司, 森本真司, 中澤高清, 豊田栄,池田忠作, 本田秀之, 稲飯洋一, 長谷部文雄, Fanny A. Putri, 後藤大輔
日本気象学会2015年度秋季大会   2015年10月28日   
その他
東部/西部熱帯太平洋の対流圏における二酸化炭素分布と大気輸送過程
稲飯洋一, 長谷部文雄, 青木周司, 菅原敏, 古谷浩志, 植松光夫, 松見豊, 大内麻衣
日本気象学会2015年度秋季大会   2015年10月28日   
その他
温室効果ガス観測に関する相互比較実験 (iceGGO)の結果
川崎照夫,中澤高清, 青木周司, 森本真司, 後藤大輔,町田敏暢,遠嶋康徳,向井人史, 勝又啓一,村山昌平,石戸谷重之, 加藤健次,下坂琢哉,青木伸行,渡辺拓5,小出寛, 高橋正臣, 滝沢厚詩, 藤谷徳之助 , 松枝秀和,澤庸介,坪井一寛
日本気象学会2015年度秋季大会   2015年10月28日   
その他
GOSAT/TANSO-FTS TIR、NICAM-TM、航空機のメタンデータの比較検証解析
野々垣亮介、齋藤尚子、今須良一、塩見慶、 丹羽洋介、青木周司、森本真司、 町田敏暢、松枝秀和、澤庸介、坪井一寛
第21回大気化学討論会   2015年10月19日   
その他
赤道上空成層圏におけるN2O isotopocule比の高度分布
豊田栄、吉田尚弘、森本真司、青木周司、中澤高清、菅原敏、石戸谷重之、稲飯洋一、長谷部文雄、池田忠作、本田秀之、石島健太郎
第21回大気化学討論会   2015年10月19日   
その他
放出源別モデル計算による全球メタンフラックス最適化
石島健太郎、Prabir Patra、Ed Dlugokencky, 伊藤昭彦、町田敏暢、遠嶋康徳、梅澤拓、青木周司、森本真司、中澤高清
第21回大気化学討論会   2015年10月19日   
その他
カナダ・チャーチルにおける大気中CH4濃度の季節変動とその起源解析
藤田遼、石島健太郎、Patra Prabir、森本真司、梅澤拓、Doug Worthy、青木周司、中澤高清
第21回大気化学討論会   2015年10月19日   
本学学生
Temporal variations of δ(O2/N2) and Atmospheric Potential Oxygen (APO) observed at Syowa Station, Antarctica
S. Morimoto, D. Goto, S. Ishidoya, P. K. Patra, S. Aoki, T. Nakazawa
18th WMO/IAEA Meeting on Carbon Dioxide, Other Greenhouse Gases and Related Tracers Measurement Techniques (GGMT-2015)   2015年9月13日   
その他
Continuous measurements of APO at Ny-Ålesund, Svalbard
D. Goto, S. Morimoto, S. Aoki, T. Nakazawa and P. K. Patra
18th WMO/IAEA Meeting on Carbon Dioxide, Other Greenhouse Gases and Related Tracers Measurement Techniques (GGMT-2015)   2015年9月13日   
その他
Inter-comparison experiments of standard gases for JMA/WCC activity
T. Kawasaki, A. Takizawa, M. Takahashi, H. Koide, T. Nakazawa, S. Aoki, S. Morimoto, K. Kato, T. Shimosaka, N. Aoki, T. Watanabe, T. Machida, Y. Tohjima, H. Mukai, K. Katsumata, T. Fujitani, S. Murayama, S. Ishidoya, D. Goto, H. Matsueda, Y. Sawa and K. Tsuboi
18th WMO/IAEA Meeting on Carbon Dioxide, Other Greenhouse Gases and Related Tracers Measurement Techniques (GGMT-2015)   2015年9月13日   
その他
酸素同位体観測により推定された飛騨高山冷温帯落葉広葉樹林サイトにおける夜間の生態系呼吸に対する土壌呼吸の割合の季節変動
村山昌平、沢田-高村近子、三枝信子、石戸谷重之、 渡辺力、伊藤昭彦、森本真司、近藤裕昭、前田高尚、 村岡裕由、宇佐美哲之、青木周司、中澤高清
日本地球惑星科学連合大会   2015年5月24日   
その他
カナダ・チャーチルにおける大気中メタン濃度とその炭素・水素同位体比の変動
藤田遼, 森本真司, 梅澤拓, D. Worthy, 青木周司, 中澤高清
日本地球惑星科学連合大会   2015年5月24日   
本学学生
Adjoint of the coupled Eulerian-Lagrangian transport model
D. Belikov, S. Maksyutov, A. Yaremchuk, A. Ganshin, R. Zhuravlev, S. Aoki
日本地球惑星科学連合大会   2015年5月24日   
その他
北極域における船舶および地上観測による大気ポテンシャル酸素の変動要因の解明
石戸谷重之、田口彰一、笹野大輔、小杉如央、内田裕、森本真司、青木周司、村山昌平、石井雅男、 遠嶋康徳、西野茂人、後藤大輔、藤田遼、弓場彬江、石島健太郎、中澤高清
2015年度日本気象学会春季大会   2015年5月21日   
その他
クロック・トレーサーを用いたAOA推定の課題
菅原敏、青木周司、森本真司、中澤高清、石戸谷重之、豊田栄、本田秀之
2015年度日本気象学会春季大会   2015年5月21日   
その他
Detection of trends in CO2 vertical profiles due to biospheric and anthropogenic flux change
P. Patra, T. Machida, S. Aoki, T. Saeki, T. Nakazawa
Fourth International Symposium on the Arctic Research   2015年4月27日   
その他
Studies on greenhouse gas cycles in the Arctic and their responses to climate change
S. Aoki and GRENE #5 Members
Fourth International Symposium on the Arctic Research   2015年4月27日   
筆頭
Continuous Mmeasurements of the Atmospheric O2/N2 Ratio at Ny-Ålesund, Svalbard
Goto, D., S. Morimoto, S. Aoki, T. Nakazawa and P. Patra
Fourth International Symposium on the Arctic Research   2015年4月27日   
その他
Carbon Dioxide Seasonal Cycle from GOSAT Retrievals and NIES Transport Model Simulations
D. Belikov, A. Bril, S. maksyutov, H. takagi, Y. Yoshida, A. Ganshin, R. Zhuraviev, S. Aoki, T. Yokota
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
スバルバール諸島ニーオルスン基地における大気中二酸化炭素、メタン、一酸化炭素濃度の連続観測
村山昌平、森本真司、後藤大輔、青木周司、中澤高清、松枝秀和、坪井一寬、丹羽洋介、田口彰一、石島健太郎、前田高尚、石戸谷重之、弓場彬江
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
インドネシアにおける成層圏大気サンプリング気球実験の計画
長谷部文雄、青木周司、森本真司、中澤高清、本田秀之、池田忠作、豊田栄、菅原敏、石戸谷重之、後藤大輔、林政彦、稲飯洋一、吉田哲也、飯嶋一征、田村誠
平成26年大気球シンポジウム   2014年11月6日   
平成27 年度成層圏大気クライオサンプリング実験計画
菅原敏、青木周司、本田秀之、豊田栄、森本真司、石戸谷重之、後藤大輔、中村俊夫、中澤高清
平成26年大気球シンポジウム   2014年11月6日   
カナダ・チャールにおける大気中メタン濃度とその炭素水素同位体比の変動
藤田遼、森本真司、梅澤拓、D. Worthy、青木周司、中澤高清
第20回大気化学討論会   2014年10月27日   
オールジャパン体制による温室効果ガス観測標準の相互比較実験(iceGGO計画)
松枝秀和、中澤高清、青木周司、森本真司、後藤大輔、町田敏暢、遠嶋康徳、向井人史、勝又啓一、村山昌平、石戸谷重之、加藤健次、下坂琢哉、青木伸行、小出寛、高橋正臣、滝沢厚詩、藤谷徳之助、坪井一寛、澤庸介
第20回大気化学討論会   2014年10月27日   
飛騨高山森林サイトにおいて観測された大気中酸素濃度の長期変動
石戸谷重之、村山昌平、P. Patra、田口彰一、青木周司、中澤高清、森本真司、後藤大輔、近藤裕昭
第20回大気化学討論会   2014年10月27日   
酸素安定同位体観測により推定された飛騨高山サイトにおける夜間の生態系呼吸に対する 土壌呼吸の割合の季節的変動
村山昌平、高村近子、渡辺力、三枝信子、伊藤昭彦、森本真司、石戸谷重之、近藤裕昭、中澤高清、青木周司、宇佐美哲之
2014年度日本気象学会秋季大会   2014年10月21日   
ロシア水文気象環境監視局の航空機による気体、粒子状物質の検証観測
今須良一、青木周司、町田敏暢、松枝秀和、澤庸介、丹羽洋介、村山昌平、Y. Borisov, B. Danelyan, B. Fomin, V. Hattatov
2014年度日本気象学会秋季大会   2014年10月21日   
スバルバール諸島ニーオルスン基地における大気中二酸化炭素、メタン、一酸化炭素濃度の連続観測
村山昌平、森本真司、後藤大輔、青木周司、中澤高清、松枝秀和、坪井一寬、石島健太郎、藤田遼、石戸谷重之、宇佐美哲之
2014年度日本気象学会春季大会   2014年5月21日   
1988-2010 年の日本上空の対流圏メタンの変動
梅澤拓、後藤大輔、青木周司、石島健太郎、P. Patra、菅原敏、森本真司、中澤高清
日本地球惑星科学連合大会   2014年4月28日   
Continuous measurements of the atmospheric O2/N2 ratio initiated at Ny-Alesund, Svalbard
Goto, D., S. Morimoto, S. Aoki, T. Nakazawa and S. Murayama
日本地球惑星科学連合大会   2014年4月28日   
航空機を利用した大気中温室効果ガスの長期観測
町田敏暢、松枝秀和、澤庸介、森本真司、青木周司
日本地球惑星科学連合大会   2014年4月28日   
日本上空の成層圏下部におけるメタン濃度と炭素同位体比の長期変化
菅原敏、森本真司、梅澤拓、青木周司、中澤高清、石戸谷重之、豊田栄、本田秀之
日本地球惑星科学連合大会   2014年4月28日   
民間航空機によって観測された上部対流圏/下部成層圏温室効果気体の季節変化
澤庸介、町田敏暢、松枝秀和、丹羽洋介、坪井一寬、村山昌平、森本真司、青木周司
日本地球惑星科学連合大会   2014年4月28日   
Vertical CO2 gradient as an indicator of stratospheric circulation
S. Sugawara, S. Aoki, S. Morimoto, T. Nakazawa, S. Ishidoya, S. Toyoda, H. Honda
AGU fall meeting   2013年12月   
Variations of atmospheric CH4, N2O and SF6 over Japan and the East China Sea
K. Ishijima, D. Goto, S. Ishidoya, H. Yashiro, T. Umezawa, S. Sugawara, P.K. Patra, A. Muromachi, J. W. Elkins, G. Dutton, E. Dlugokencky, S. Morimoto, S. Aoki and T. Nakazawa
AGU fall meeting   2013年12月   
南極・昭和基地での成層圏大気採取実験 ー第54次観測隊実験報告ー
森本真司、稲飯洋一、青木周司、菅原敏、石戸谷重之、豊田栄、本田秀之、山内恭、中澤高清、飯嶋一征、井筒直樹、吉田哲也
2013年度日本気象学会秋季大会   2013年11月19日   
大気中酸素濃度観測に基づく全球炭素循環の研究
後藤大輔、石戸谷重之、森本真司、青木周司、中澤高清
2013年度日本気象学会秋季大会   2013年11月19日   
航空機を用いた大気主成分濃度・同位体比の高精度観測とその後の展望
石戸谷重之、青木周司、森本真司、坪井一寛、松枝秀和、菅原敏、中澤高清、村山昌平、後藤大輔、澤庸介、丹羽洋介、田口彰一、P.K. Patra、町田敏暢、山内恭
2013年度日本気象学会秋季大会   2013年11月19日   
大気の重力分離シミュレーション
菅原敏, 石戸谷重之, 森本真司, 青木周司, 中澤高清, 本田秀之、村山昌平
2013年度日本気象学会秋季大会   2013年11月19日   

競争的資金等の研究課題

 
大気中の温室効果気体の研究
研究期間: 1985年4月 - 現在
極域氷床深層コア解析による地球環境変動の復元研究
科学研究費補助金
研究期間: 1998年4月 - 現在
大気中の酸素濃度と二酸化炭素の炭素同位体を用いた地球規模の炭素循環の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2001年4月 - 現在
炭素同位体比分析に基づく大気中のメタン濃度変動の要因解明
科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 現在
北極域における温室効果気体の循環とその気候応答の解明
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月

社会貢献活動

 
気象サイエンスカフェ東北
【その他】  2017年1月22日
実行委員会委員
仙台市立八木山小学校特別授業
【その他】  2016年3月1日
特別授業「南極ってどんなところ?北極ってどんなところ?」
気象サイエンスカフェ東北
【その他】  2015年11月14日
実行委員会委員
気象サイエンスカフェ東北
【その他】  2014年11月16日
実行委員会委員
気象サイエンスカフェ東北
【その他】  2014年3月9日
実行委員会委員

その他

 
2016年2月
北極圏気象学術調査
2012年1月
観測船白鳳丸による東部太平洋赤道域の大気観測
2003年6月   東アジアにおける人間活動による二酸化炭素放出に関する研究
人間活動によって大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が増加し続けており,地球の温暖化が顕在化しつつある.これまでのCO2濃度増加の主因は先進国の産業活動や大規模な森林伐採によるものであった.しかしヨーロッパ各国や日本などでは地球温暖化防止に向けて省エネルギー対策や森林の保護育成を積極的に進めており,これらの国々における最近のCO2放出量の増加率は以前に比べればかなり鈍ってきており,なかにはスウェーデンやドイツなどのようにCO2放出量が最近になって低下している国もある.一方,開発途上国からのCO2放出は以前には全く問題にならない程度であったが,これらの国々は人口が多いため,生活水準の向上に伴って今後CO2放出が大きく伸びると予測されている.特に中国をはじめとした東アジア地域では経済発展が急速に進行しつつあり,それに伴ってCO2放出量もかなり増加していると推定されている.ところが,例えば中国が公表している近年のCO2放出に関する統計データは必ずしもこのような推定を支持するものとはなっていない.
今後のCO2濃度増加を可能な限り抑制するためには,先進国に対するCO2放出量の削減はもとより,さらに途上国のCO2放出の規制も検討して行く必要がある.このような政策を推進するためには,これまで途上国がどの程度のCO2を放出してきたか,また今後それがどのように推移するかを正確に把握し,その実効性を評価することが重要である.
本研究では,東アジア地域の人為起源CO2放出量の変化を大気輸送モデルと大気観測データを用いて明らかにすることを目的としている.具体的には,我々が航空機や船舶などを利用して過去20年以上にわたって観測してきた西太平洋域における大気中のCO2濃度やその同位体データを再解析し,緯度・高度別の時系列データを作成するとともに,当該地域の現状把握を強化するために,ユーラシア大陸の風下に位置する日本列島に沿って新たな観測を展開する.また,我々のグループが開発した全球大気輸送モデルを東アジアにおけるCO2収支の詳細な取り扱いが可能なようにさらに改造し,これまでに公表されている人為起源CO2放出統計データを基にして各観測点におけるCO2濃度と同位体比の時間変動を計算する.観測と計算によって得られた両者の結果を比較することにより,風上側に位置する東アジア地域の人為起源CO2放出量に関する統計量の妥当性を評価する.
2000年11月   大気中の酸素濃度と二酸化炭素の炭素同位体比を用いた地球規模の炭素循環の解明
人間活動によって大気中の温室効果気体が急速に増加しており、気候が近い将来大幅に変化すると懸念されている。「地球温暖化」と総称されているこの問題に的確に対処するためには、濃度増加の原因を定量的に理解し、将来における大気中濃度の予測や濃度増加の抑制対策を可能にすることが不可欠である。
本研究においては、地球温暖化にとって最も重要な二酸化炭素(CO2)に焦点を当て、まず、地上基地に加え、船舶等の機動力を持つ手段を用いて、大気中のCO2濃度のみならず、その炭素同位体と大気中の酸素(O2)濃度を高精度で測定し、広域にわたる変動を詳細に明らかにする。次に、その結果を全球規模での炭素・酸素収支式および3次元大気輸送モデルを用いて総合的に解析し、今日大きな懸案となっている人為起源CO2の収支を定量的に明らかにする。
大気中のCO2濃度、その炭素同位体比、および大気中のO2濃度を同時に取り扱って炭素循環を解明する方法は、従来にない新たな視点からの取り組みであり、人為起源CO2の収支の解明に大きな発展をもたらすと考えられる。また、得られる知見は、IPCC (気候変動に関する政府間パネル)やCOP(気候変動枠組み条約締約国会議)における議論等に不可欠な情報を与えると期待される。
2000年7月
グリーンランド地域国際共同研究観測