青木 周司

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:10
 
アバター
研究者氏名
青木 周司
 
アオキ シュウジ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ee6ec14c6a24801a0b107a9c9ea55a89.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科 附属大気海洋変動観測研究センター
職名
教授,理学研究科附属大気海洋変動観測研究センター センター長
学位
理学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
   
 
- 東北大学大学院理学研究科 教授 教授
 
1998年
 - 
2003年
東北大学大学院理学研究科 助教授 助教授
 
1995年
 - 
1998年
東北大学理学部 助教授 助教授
 
1993年
 - 
1994年
米国 NOAA/CMDL 客員研究員 客員研究員
 
1985年
 - 
1995年
国立極地研究所 助手 助手
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東北大学 理学研究科 地球物理学
 
 
 - 
1978年
東北大学 理学部 物理学
 

委員歴

 
2014年
   
 
- 環境省 環境研究総合推進費2-1403 アドバイザリーボード アドバイザー
 
2014年
   
 
- 環境省 環境研究総合推進費2-1401 アドバイザリーボード アドバイザー
 
2013年
   
 
- 文部科学省 南極地域観測統合推進本部 委員
 
2013年
   
 
- 環境省 環境研究総合推進費2A-1202 アドバイザリーボード アドバイザー
 
2012年
   
 
- 情報・システム研究機構国立極地研究所運営委員会 委員
 

受賞

 
2005年
日本気象学会 堀内賞
 

Misc

 
Northern Hemisphere forcing of climatic cycles in Antarctica over the past 360,000 years
Kawamura, K., F. Parrenin, L. Lisiecki, R. Uemura, F. Vimeux, J. P. Severinghaus, M. Hutterli, T. Nakazawa, S. Aoki, J. Jouzel, M. E. Raymo, K. Matsumoto, H. Nakata, H. Motoyama, S. Fujita, K. Goto-Azuma, Y. Fujii and O. Watanabe
Nature   448 doi:10.1038/nature06015   2007年
Weak Northern and Strong Tropical Land Carbon Uptake from Vertical Profiles of Atmospheric CO2
Stephens, B.B., K.R. Gurney, P.P. Tans, C. Sweeney, W.P.,L. Bruhwiler, P. Ciais, M. Ramonet, P. Bousquet, T. Nakazawa, S. Aoki, T. Machida, G. Inoue, N. Vinnichenko, J. Lloyd, A. Jordan, M. Heimann, O. Shibistova, R. L. Langenfelds, L. P. Steele, R. J. Francey, A. S. Denning
Science   316(1732) doi:10.1126/science.1137004   2007年
A strong source of methyl chloride to the atmosphere from tropical coastal land
Yokouchi, Y., Nojiri, Y., Barrie, L. A., Toom-Saunty, D., Machida, T., Inuzuka Y., Akimoto, H., Li, H-J., Fujinuma, Y. and Aoki, S.
Nature   403 295-298   2000年
Carbon Dioxide Variations in the Stratosphere Over Japan, Scandinavia and Antarctic
Aoki, S., Nakazawa, T., Machida, T., Sugawara, S., Morimoto, S., Hashida, G., Yamanouchi, T., Kawamura, K. and Honda, H.
Tellus   55B 178-186   2003年
Measurements of atmospheric methane at Japanese Antarctic Station, Syowa
Aoki, S., Nakazawa, T., Murayama, S. and Kawaguchi, S.
Tellus   44B 273-281   1992年

書籍等出版物

 
低温環境の科学事典
朝倉書店   2016年   ISBN:978-4-254-16128-1
地球環境システム ー温室効果気体と地球温暖化ー
共立出版   2015年   ISBN:978-4-320-04713-6
気候変動研究の最前線
地球気候環境研究の連携に関する大学附置研究センター協議会   2015年   
南極読本
成山堂書店   2013年   ISBN:978-4-425-94811-6
地球変動研究の最前線を訪ねる
清水弘文堂書房   2010年   

講演・口頭発表等

 
南極上空成層圏において観測された大気の重力分離と周辺域の気象場との関係
日本気象学会2017年度春季大会   2017年   
100万年超を目指した深層アイスコア掘削と気候復元研究
日本地球惑星科学連合大会   2017年   
南極氷床と気候の変動及び相互作用に関する研究展望
日本地球惑星科学連合大会   2017年   
State dependence of climatic instability over the past 720,000 years from Antarctic ice cores and climate modeling
日本地球惑星科学連合大会   2017年   
連続融解システムによるドームふじ氷床コア中のメタン濃度の高分解能測定
日本地球惑星科学連合大会   2017年   

Works

 
北極圏気象学術調査
2016年
観測船白鳳丸による東部太平洋赤道域の大気観測
2012年
グリーンランド地域国際共同研究観測
2000年
第29次日本南極地域観測
1987年 - 1999年
第39次日本南極地域観測
1997年 - 1998年

競争的資金等の研究課題

 
大気中の温室効果気体の研究
研究期間: 1985年   
極域氷床深層コア解析による地球環境変動の復元研究
科学研究費補助金
研究期間: 1998年   
大気中の酸素濃度と二酸化炭素の炭素同位体を用いた地球規模の炭素循環の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2001年   
炭素同位体比分析に基づく大気中のメタン濃度変動の要因解明
科学研究費補助金
研究期間: 2006年   
北極域における温室効果気体の循環とその気候応答の解明
研究期間: 2011年 - 2015年