MISC

2019年

モンゴルにおける宿営地集団の研究-A. D. Simukovの「モンゴル人民共和国の住民の遊牧生活に関する資料(第二部)」論文の紹介-

沙漠研究
  • 小長谷 有紀
  • ,
  • 鈴木 康平
  • ,
  • 堀田 あゆみ
  • ,
  • 篠田 雅人
  • ,
  • 山中 典和
  • ,
  • 山中 典和

29
1
開始ページ
11
終了ページ
19
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.14976/jals.29.1_11
出版者・発行元
日本沙漠学会

<p>A. D.シムコフは1920年代から1930年代にかけて,モンゴル全土にわたって動植物から遊牧民の社会構造まで広く実態を調査した研究者である.本稿は彼の残した著作のうち,ウブルハンガイ県における遊牧民の生活についてまとめた論文を訳出したものである.論文では宿営地の季節的な配置を論じている.寺院の所有する畜群が,家畜種に応じて異なる牧地に配分されていたことなどが報告されている.</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.14976/jals.29.1_11
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007668330
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA11338296
ID情報
  • DOI : 10.14976/jals.29.1_11
  • ISSN : 0917-6985
  • CiNii Articles ID : 130007668330
  • CiNii Books ID : AA11338296
  • identifiers.cinii_nr_id : 1000020202385

エクスポート
BibTeX RIS