倉元 直樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:12
 
アバター
研究者氏名
倉元 直樹
 
クラモト ナオキ
通称等の別名
(旧姓など)平 直樹、平成11年1月改姓
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/52664ca52af5dbabb7f98d7fea990852.html
所属
東北大学
部署
高度教養教育・学生支援機構 高等教育開発部門 入試開発室
職名
教授
学位
博士(教育学)(東北大学), 教育学修士(東京大学), 教育学士(東京大学)
その他の所属
東北大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
 - 
2004年9月
東北大学アドミッションセンター 助教授
 
1990年12月
 - 
1999年3月
大学入試センター 助手
 

学歴

 
 
 - 
1990年11月
東京大学 教育学研究科 教育心理学
 
 
 - 
1985年3月
東京大学 教育学部 教育心理学
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
現在
全国大学入学者選抜研究連絡協議会  企画委員会委員
 
2005年8月
 - 
現在
日本テスト学会  理事
 
2011年9月
 - 
現在
日本テスト学会  日本テスト学会誌編集出版委員会委員長
 
2007年4月
 - 
現在
国際教育学会(ISE)  学会賞「舘糾賞」選考委員
 
2007年4月
 - 
現在
国際教育学会(ISE)  学会誌「クオリティ・エデュケーション」編集委員
 

受賞

 
2007年9月
日本行動計量学会 林知己夫賞(優秀賞)
 
行動計量学に関する,単数または複数の優れた研究業績を発表した個人または集団を対象とする。
2015年12月
日本テスト学会 日本テスト学会大会発表賞(第13回大会)
受賞者: 韓太哲,小浜明,李師瑤,倉元直樹
 
2009年5月
日本テスト学会 日本テスト学会大会発表賞(第6回大会)
受賞者: 當山明華,西郡大,倉元直樹
 

論文

 
選抜試験における得点調整の有効性と限界について -合否入替りを用いた評価の試み-
倉元直樹,西郡大,木村拓也,森田康夫,鴨池治
日本テスト学会誌   4 136-152   2008年5月   [査読有り]
倉元直樹,小泉利恵
Assessment in Education: Principles, Policy & Practice   in press    2017年   [査読有り][招待有り]
国立大学における個別学力試験の解答形式の分類
宮本友弘,倉元直樹
日本テスト学会誌   13 70-84   2017年6月   [査読有り]
日本語語彙理解力テストの妥当性についての検討 -ルールスペース法を用いた認知論的分析 -
倉元直樹,スコット寿美,笠居昌弘
教育心理学研究   51(4) 413-424   2003年12月   [査読有り]
在日朝鮮人青年にみる民族的アイデンティテイの状況によるシフトについて
平直樹,川本ひとみ,慎栄根,中村俊哉
教育心理学研究   43(4) 381-391   1995年12月   [査読有り]

Misc

 
書評:南風原朝和著(2014)続・心理統計学の基礎――統合的理解を広げ深める――
倉元直樹
日本テスト学会誌   11 150-151   2015年6月
全国学力調査がもたらしたもの
倉元直樹
指導と評価   63(745) 9-11   2017年1月
大学入試改革は教育現場に何をもたらすのか
倉元直樹
国語教室   101 26-29   2015年5月
東北大学における「アドミッションセンター」の取組と課題
倉元直樹
2006: 大学入試フォーラム   29 15-23   2006年12月
東北大学のAO入試 -健全な「日本型」構築への模索-
倉元直樹
大学進学研究   114 9-12   2000年5月

書籍等出版物

 
高等学校指導要領 vs 大学入試
木島明博,倉元直樹,荒井克弘,樫田豪利,渡邊重夫,大谷奨,木村拓也,山村滋,川嶋太津夫,関内隆 (担当:共著, 範囲:序章1頁~4頁,第1部第3章53頁~89頁,おわりに211頁~216頁)
東北大学出版会   2012年3月   ISBN:978-4-86163-188-7
高大接続関係のパラダイム転換と再構築
木島明博,荒井克弘,倉元直樹,大久保貢,中畝菜穂子,木村拓也,渡邉利夫,村上隆,森田康夫,高梨誠之,関内隆 (担当:共著, 範囲:第1章第1節7頁~40頁,第1章第3節53頁~61頁,第2章第4節133頁~140頁,第3章第4節199頁~206頁,おわりに207頁~215頁)
東北大学出版会   2011年3月   ISBN:978-4-86163-164-1
東北大学高等教育開発推進センター編
企画 編集担当 倉元直樹
企画担当 関内隆
全国学力調査 日米比較研究
荒井克弘,池田央,木村拓也,倉元直樹,斉田智里,平井洋子,村木英治,安野史子 (担当:共編者, 範囲:第2章,第11章(一部分担),第13章,第14章(一部分担))
金子書房   2008年5月   ISBN:978-4-7608-2615-5
テスト・スタンダード -日本の教育の将来のために-
日本テスト学会 (担当:共著, 範囲:基本条項、基本条項の解説(委員会として作成),Q&A2,3,4,7,17,19)
金子書房   2007年9月   
見直そう,テストを支える基本の技術と教育
日本テスト学会 (担当:共著, 範囲:第4章 出題領域を広げる工夫)
金子書房   2010年4月   

講演・口頭発表等

 
新共通テストの下における東北大学学部入試の展望
第26回東北大学高等教育フォーラム (新時代の大学教育を考える[14]),個別大学の入試改革――東北大学の入試設計を事例として――   2017年5月12日   
大学入学者選抜改革エキスポ 人文科学分野(国語科)
鈴木誠
全国大学入学者選抜研究連絡協議会第12回大会   2017年5月24日   
個別学力試験「国語」が測定する資質・能力の分析評価手法に関する研究
大学入試制度改革の論理に迫る――センター試験「廃止」の理由――
第24回東北大学高等教育フォーラム (新時代の大学教育を考える[13]),大学入試センター試験における共通試験の役割――センター試験の評価と新制度の課題――   2016年5月23日   
大学入学者選抜改革エキスポ 人文科学分野(国語科)
全国大学入学者選抜研究連絡協議会第12回大会   2017年5月24日   
個別学力試験「国語」が測定する資質・能力の分析評価手法に関する研究
北海道大学(代表大学)・東北大学・長崎大学・九州大学・名古屋工業大学・大学入試センター
東北大学における入試改革の展望
全国大学入学者選抜研究連絡協議会第12回大会   2017年5月24日   

競争的資金等の研究課題

 
個別学力試験「国語」が測定する資質・能力の分析・評価手法に関する研究――記述式問題を中心に――
委託研究
研究期間: 2016年10月 - 2019年3月
高大接続改革の下での新しい選抜方法に対する教育測定論・認知科学・比較教育学的評価
科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月
医療の高度化に伴う看護系大学の高大接続問題 -看護職志望者の適性と大学入試-
科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月
高校の保健科における「考える力」の評価方法に関する実証的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
高大接続に資する多面的・総合的な学力評価・測定を行うための新たな技術的基盤の構築
科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月

社会貢献活動

 
教育シンポジウム「学力の復権に向けて -高大連携で造る新しい学びのかたち-」,(社)全国学力研究会主催
【その他】  2009年10月9日
教育シンポジウム「学力の復権に向けて -高大連携で造る新しい学びのかたち-」において,「地域の『学力』を支えるために -高校の使命,大学の存在意義-」と題する基調講演を行った。また,パネリストとしてパネルディスカッションに参加した。
国立大の2次記述式88%――東北大調査 入試改革議論に影響も――
【情報提供】  朝日新聞  2016年12月19日
資料提供(ホームページ),電話取材
東北大学高等教育開発推進センターアウトリーチプログラム(1) 「テストって何だろう」
【その他】  2007年10月19日
協力:岩手県立盛岡第三高等学校
盛岡市民文化ホールに盛岡三高,約600名の生徒・教員・保護者を集めた講演会。
大学入試問題 安易な「再利用」に走るな
【出演, 寄稿】  讀賣新聞  2008年4月10日
東北大学高度教養教育・学生支援機構アウトリーチプログラム(7) 「地元って何だろう」
【その他】  2014年11月12日
共催:青森県教育委員会,協力:独立行政法人大学入試センター
弘前市民会館に県立私立高校5校,1,311名の生徒・教員を集めた講演会。「遊学のすすめ――なぜ『リスニング』が必要とされるのか――」と題した講演を行った。

その他

 
2016年10月   個別学力試験「国語」が測定する資質・能力の分析・評価手法に関する研究ーー記述式問題を中心にーー
「学力の3要素」を多面的・総合的に評価するような入学者選抜へと転換するため,国語科に係る新たな評価手法を開発し,多くの大学に還元することを目的とする。
1994年4月   在日外国人のエスニシティに関する社会心理学的研究
在日外国人の対日態度とエスニシティの関係に関して調査研究を行う。
1990年10月   異文化間交流研究会(旧 国際学校研究会)
有志の私的研究会