早川 基

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
早川 基
 
ハヤカワ ハジメ
所属
独立行政法人宇宙航空研究開発機構
部署
宇宙科学研究所
職名
教授
学位
理学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京大学 理学系研究科 地球物理学
 
 
 - 
1979年
東京大学 理学部 地球物理
 

委員歴

 
1995年
 - 
1998年
地球電磁気・地球惑星圏学会  運営委員
 

Misc

 
EXOS-D衛星により観測された電場
宇宙科学研究報告   28    1991年
S-520-9号機による電場観測-イオンビーム法-
宇宙科学研究報告   21    1989年
ジオテイル衛星電位及びプラズマ波動観測による太陽風及びElectron Foreshock における電子温度の推定
電子情報通信学会論文誌   B-2(J82-B) 1239   1999年

講演・口頭発表等

 
BepiColombo 国際水星探査計画の現状
地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)   2007年   
BepiColombo 日欧共同水星探査ミッション:MMO プロジェクト最新状況報告
日本地球惑星科学連合2007年大会   2007年   
BepiColombo 日欧共同水星探査ミッションの現状
第124回 SGEPSS総会および講演会   2008年   
BepiColombo 日欧共同水星探査ミッション:MMO プロジェクト最新状況報告
日本地球惑星科学連合 2009年大会   2009年   
BepiColombo 日欧共同水星探査ミッション
日本惑星科学会 2009年秋季講演会   2009年   

Works

 
GEOTAIL射場作業
1992年
米国における科学観測装置と飛翔体とのインターフェースの調査及び中性粒子検出器の研究
1992年
オーロラ観測ロケットS-520-12号打上げ
1990年
極域における酸化窒素密度、オゾン密度測定の為のロケットS-310-22号機の打上げ
1994年
極域における酸化窒素密度、オゾン密度測定用ロケットS-310-23号機及びオーロラ観測ロケットS-520-21号機の打上げ
1994年

競争的資金等の研究課題

 
磁気圏尾部における電場構造
極域電離圏における電場構造
低エネルギーイオン質量分析器の開発
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年
搭載用中性ガス質量分析器の開発