近藤 孝男

J-GLOBALへ         更新日: 13/11/08 16:30
 
アバター
研究者氏名
近藤 孝男
 
コンドウ タカオ
URL
http://biol1.bio.nagoya-u.ac.jp/%7eb1home/04/top.htm
学位
理学博士(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋大学 大学院理学研究科 生命理学専攻 大学院理学研究科・理学部 生命理学専攻 教授,その他
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本時間生物学会  理事
 

受賞

 
2007年
朝日賞
 
2006年
日本植物生理学会賞学術賞
 
2006年
文部大臣表彰科学技術賞
 
2005年
中日文化賞
 
1999年
木原記念財団学術賞
 

Misc

 
YOSHIDA Takuya, MURAYAMA Yoriko, ITO Hiroshi, KAGEYAMA Hakuto, KONDO Takao
PNAS   106(5) 1648-1653   2009年
KITAYAMA Yohko, NISHIWAKI Taeko, TERAUCHI Kazuki, KONDO Takao
Genes & Development   22(11) 1513-1521   2008年
MURAYAMA Yoriko, OYAMA Tokitaka, KONDO Takao
J. Bacteriol.   190(5) 1691-1698   2007年
Origin of the resilience of the cyanobacterial circadian clock,
Nature Struct Mol Biol   14 1084-1088   2007年
The ATPase activity of KaiC determines the basic timing for circadian clock of cyanobacteria.x
PNAS   104,/, 16377-16381    2007年

書籍等出版物

 
『シアノバクテリア』、 岡村均・深田吉孝編『時計遺伝子の分子生物学』
シュプリンガー・フェアラーク東京株式会社   2004年   
植物にとっての昼と夜ー生物時計について 「植物が未来を拓く」
共立出版   2002年   
Biological Rhythms and Photoperiodism in Plants Chap 1. A Clockwork green : circadiam programs in photosyntloetic organisms
BIOS Scientific Publisher.   1998年   
Cyanobacterial ciroadian rhythms Ann, Rev, Plant Physiol.
1997年   
Ciradian clock of cyanobacteria
Ciradian organization and oscillatory coupliny   1996年   

Works

 
シアノバクテリアの概日システム
2007年 - 2012年
KaiCリン酸化サイクルによる生物時計の計時機構
2005年 - 2007年
遺伝子発現の包括的リアルタイムモニターによる培養細胞の生物時計システムの研究
2003年 - 2005年
光合成生物の生物時計:その分子機構と環境適応
2000年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
シアノバクテリアの概日時計の分子機構
研究期間: 1992年