窪寺 恒己

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 12:27
 
アバター
研究者氏名
窪寺 恒己
 
クボデラ ツネミ
URL
http://www.kahaku.go.jp/research/researcher/researcher.php?d=kubodera
所属
元国立科学博物館
部署
元標本資料センター
職名
名誉館員・名誉研究員
学位
水産学博士(北海道大学), 水産学修士(北海道大学)

プロフィール

2004年、小笠原沖の深海でダイオウイカの生きている姿を世界で初めて撮影することに成功し、世界中の注目を集める。この事件は2005年のNational Geographic News Stories Top 10の第一位に選ばれた。また、2006年には同じ小笠原沖で実際に生きたダイオウイカを釣り上げ、その動き回る衝撃的な映像をニュースメディアに公表し、世界を驚かせ続ける。2007年、ニューズウイークの「世界が尊敬する100人の日本人」に選ばれる。2008年、ニュージーランド国立博物館にて南極海で捕獲された巨大イカ・コロッサル・スクイッドの標本作製に協力し、その様子はDiscovery Channel を通じて世界中に広く発信された。2012年7月、NHK・Discovery Channelと国立科学博物館の共同プロジェクトでダイオウイカの生態映像の撮影に成功し、2013年1月にはNHKスペシャル番組・ディスカバリーチャンネル自然番組として発信され、世界中を驚愕させる。2014年7月、海洋立国日本の推進に関する特別な功績分野で内閣総理大臣賞を受賞する。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年3月
 - 
現在
定年・退職 国立科学博物館 名誉館員・名誉研究員
 
2011年4月
 - 
2016年3月
独立行政法人国立科学博物館 標本資料センター コレクションディレクター
 
2001年4月
 - 
2011年3月
独立行政法人国立科学博物館 動物研究部 室長 無脊椎動物研究グループ長
 
1984年4月
 - 
2001年3月
国立科学博物館 動物研究部 研究官・主任研究官・室長
 
1982年10月
 - 
1983年9月
オレゴン州立大学 海洋学部 研究助手
 

学歴

 
 
 - 
1981年
北海道大学 水産学研究科 海洋生態学
 
 
 - 
1975年
北海道大学 水産学部 水産増殖学科
 

委員歴

 
 
   
 
Cephalopod International Advisory Council  Council Member
 
 
   
 
日本動物分類学会  幹事
 

受賞

 
2015年11月
国際頭足類諮問評議委員会 頭足類生涯研究業績賞
 
2014年7月
内閣府 海洋立国推進功労者表彰 内閣総理大臣賞
 

論文

 
瀬戸内海の頭足類(英文)
国立科学博物館専報   (33) 117-126   2000年
東シナ海産蛇尾類(英文・共著)
国立科学博物館専報   (31) 135-143   1998年
東シナ海で得られたカニ類(英文・共著)
国立科学博物館専報   (31) 211-222   1998年
漂着したオウギハクジラ(Mesoplodom steinegeri)の胃内容物について(共著)
山田格、窪寺恒己、中村幸弘、天野雅男、鈴木倫明、進藤順治
日本海セトロジー研究   5(3) 31-36   1995年
北海道襟裳岬東方沖の中浮層底性頭足類(和文)
窪寺恒己
国立科学博物館専報   26 83-87   1993年

Misc

 
ヒョウモンダコ
日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(I) 軟体動物水産庁   104-111   1994年
メンダコ
日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(II)軟体動物・日本水産資源保護協会   109-113   1995年
大型イカ〜マッコウクジラの胃内容から
海洋と生物   17(6) 482-487   1995年
シマダコ
日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(III)・軟体動物・日本水産資源保護協会   72-77   1996年
動物プランクトン群集の構成員としてのイカ類幼稚仔
月刊海洋   24(2) 115-120   1992年

書籍等出版物

 
ダイオウイカ、奇跡の遭遇
窪寺 恒己
新潮社   2013年10月   ISBN:978-4-10-334691-3
深海の怪物 ダイオウイカを追え!
窪寺 恒己
ポプラ社   2013年7月   ISBN:978-4-591-13515-0
子供向けの絵本。これまでのダイオウイカ研究をわかりやすく紹介。
日本のタコ学
窪寺 恒己 (担当:分担執筆)
東海大学出版会   2013年6月   ISBN:978-4-486-01941-1
イカの生理・生態(第一章・2節)
イカ-その生物と消費まで-(成山堂書店)   1993年   
ニュージーランド海域の水族 深海丸により採集された魚類・頭足類・甲殻類(内頭足類8種)
海洋水産資源開発センター   1990年   

Works

 
第28次日本南極地域観測隊夏隊員として海洋観測に従事
1986年
北洋海域生態系モデル開発事業メンバー(水産庁)
1985年 - 1987年
東京大学海洋研究所"白鳳丸"KH85-1次航海に乗船し、インドネシア海域の調査研究に従事
1985年
東京大学海洋研究所"白鳳丸"KH88-4次航海に乗船し、日本周辺海域の調査研究に従事
1988年
東京大学海洋研究所"白鳳丸"KH・89-2次航海に乗船し、地中海・インド洋の調査研究に従事
1990年

競争的資金等の研究課題

 
頭足類の分類及び動物地理学的研究
日本近海産ダイオウイカの分類と系統に関する研究
深海性動物相の解明と海洋生態系保護に関する基礎研究
相模灘およびその沿岸地域の動植物相の経時的比較に基づく環境変遷の解明の調査研究
研究期間: 2001年