鈴木 廣之

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/20 03:18
 
アバター
研究者氏名
鈴木 廣之
 
スズキ ヒロユキ
所属
東京学芸大学
部署
教育学部 美術・書道講座
職名
特任教授
学位
文学修士(東京大学大学院)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 美術史
 
 
 - 
1977年3月
東京大学 文学部 美術史学科
 

Misc

 
「展示批評 企画展示「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」シーボルトの玉手箱」
『歴博』   (199) 30-30   2016年11月
国立歴史民俗博物館の企画展示「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」展(2016.7.12〜9.4)の展覧会批評
「「日本美術史」はどうのように形成されたのか? 19世紀日欧米比較研究の成果から」
鈴木廣之編『19世紀日欧米比較による「日本美術史」形成史の研究』(平成24〜26年度角が研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(C)(一般))   7-18   2015年3月
「展覧会評「狩野山楽・山雪」展」
『美術研究』   (412) 30-36   2014年3月
「第一章「美術」前史——一八七二年まで」
北澤憲昭・佐藤道信・森仁史編『美術の日本近現代史:制度・言説・造型』   33-58   2014年1月
「古器旧物から美術へ—明治期の公的展示と過去の遺物—」
『美術フォーラム21』   (28) 42-46   2013年11月

書籍等出版物

 
『朝鮮王朝実録——中世美術史料——』
中央公論美術出版(東京)   2016年1月   ISBN:9784805507476
『名所風俗画』(『日本の美術』491)
東京:至文堂   2007年4月   ISBN:9784784334919
『好古家たちの19世紀?幕末明治における《物》のアルケオロジー』(シリーズ近代美術のゆくえ)
東京:吉川弘文館   2003年10月   ISBN:464203756X

講演・口頭発表等

 
「1821年の駱駝:江戸時代後期における視覚イメージと言説」
International Symposium: Shifting Perspectives on Media and Materials in Early Modern Japan   2015年6月   
「「美術」と「工芸」の近代と前近代:諸ジャンル形成の条件」
シンポジウム:日本における「美術」概念の再構築   2014年11月   
「明治期における日本美術史形成の端緒と過程」
第59回国際東方学者会議   2014年5月   
「等伯中年期の作品を読む—研究史の視点から—」
石川県七尾美術館「長谷川等伯展特別講演会」   2012年8月   
「仏像の〝近代〟―鎌倉大仏の行方―」
第3回「文化遺産としての大衆的イメージ」公開講演会   2010年6月   

Works

 
奈良文化財研究所文化遺産研究部受託研究「重要文化財小野家住宅保存管理活用調査及び上問屋手塚家住宅国指定物件調査」にともなう「重要文化財小野家住宅保存管理活用調査」於長野県塩尻市、2005.11.22.
2005.11.

競争的資金等の研究課題

 
美術史