基本情報

所属
聖泉大学 大学院 看護学研究科 (特任教授)
学位
博士(Ph.D)(1984年6月 カリフォルニア大学サンフランシスコ校)
薬学修士(1979年3月 東京大学)

連絡先
takemu-rseisen.ac.jp
J-GLOBAL ID
200901019970758535

東京大学薬学部微生物薬品化学教室の水野伝一先生のご指導のもと、マクロファージとがん免疫について研究し、その後、国際文化教育交流財団の奨学金を得てカリフォルニア大学サンフランシスコ校の博士課程に進学して、Dr. Zena Werbの指導のもと、マクロファージについて研究するとともに急速凍結ディープエッチ(QFDE)法電子顕微鏡等の細胞生物学の手法を学びました。帰国後、東京大学医学部解剖学教室の廣川信隆教授のもとでQFDE法等を用いて細胞骨格を研究し、冲中記念成人病研究所にて研究を継続するとともに、東京大学医学部の組織学実習の講義を担当してきました。その後、厚生労働省の国立医薬品食品衛生研究所において、海外の医薬品安全性情報やその評価法に関する研究を行い、国立看護大学校に異動し、解剖生理学(分担)、薬理学、がん化学療法認定看護師教育課程の教育等を担当しました。現在は聖泉大学大学院看護学研究科にて,原書講読等を担当しています。


経歴

  10

論文

  34

書籍等出版物

  8

MISC

  5

講演・口頭発表等

  11

共同研究・競争的資金等の研究課題

  11

その他

  2