前原 直樹

J-GLOBALへ         更新日: 03/12/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
前原 直樹
 
マエハラ ナオキ
URL
http://www.isl.or.jp
所属
労働科学研究所
職名
所長,その他
学位
医学博士(札幌医科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1986年
旭川医科大学 助手
 
1986年
 - 
1988年
労働科学研究所 研究員
 
1988年
 - 
1997年
労働科学研究所 主任研究員
 
1997年
 - 
2001年
労働科学研究所 研究部長
 

学歴

 
 
 - 
1979年
札幌医科大学 医学部 
 

委員歴

 
1992年
   
 
産業衛生学会  評議員
 
2001年
   
 
社会医学会  
 

受賞

 
1991年
井上房江学術奨励賞
 

Misc

 
自動車運転労働における循環器機能の負担に関する研究
大和證券ヘルス財団の助成による研究業績集   15    1991年
仕事の仕方と循環器の病気
労働の科学   47(3)    1992年
勤務中心の生活習慣と健康水準
労働の科学   45(1)    1990年
旅客機の低湿度,低気圧環境が生体に及ぼす影響
労働科学   67(6)    1991年
VDT障害、
今日の治療指針1992版(分担)医学書院   127-128    1992年

書籍等出版物

 
VDT作業者の健康管理
労働科学研究所出版部現代労働衛生ハンドブック(増補改訂第2版・増補編)   1994年   
VDT検診とその後の対応-労働医学の立場から肩こりや腰痛にいかに対応するか-.
テクノストレス眼症(加藤圭一郎編)(眼科オピニオン4).東京:中山書店   1998年   
疲労の時間的推移 人間計測ハンドブック
朝倉書店   2003年   

Works

 
夜間走行を伴う職業ドライバーの循環器系機能の変動と作業負担に関する調査
1988年
健康生活に関するアンケート調査
1989年
航空管制管の身体検査基準に関する調査
1991年 - 1992年
覚醒水準と自動車運転特性に関する研究-高速道路運転中の眼気の発生要因の検討-
1993年
事業用貨物自動車の高速道路事故故防止対策調査
1993年

競争的資金等の研究課題

 
循環器疾患の労働関連要因に関する研究
VDT作業者の健康影響に関する研究
労働ストレス, 疲労と睡眠不足に関する研究
慢性疲労に関する研究
メンタルヘルスの実態と職務特性に応じた対策の進め方