菅原 努

J-GLOBALへ         更新日: 05/11/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
菅原 努
 
スガハラ ツトム
URL
http://www.taishitsu.or.jp
所属
公益財団法人体質研究会
部署
顧問
職名
その他,名誉教授(京都大学)
学位
医学博士(京都大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
1990年
   
 
日本医学放射線学会  名誉会員
 
1992年
   
 
日本基礎老化学会  名誉会員
 
1984年
 - 
1991年
日本ハイパーサーミア学会  会長,名誉会員
 
1996年
   
 
日本放射線影響学会  名誉会員
 

受賞

 
1991年
江藤記念賞(財団法人放射線影響協会)
 

Misc

 
放射線業務従事者の健康調査の現状と問題点
環境と健康   7(516) 173-178   1994年
放射線パラダイムの諸問題
環境と健康   8(1) 1-8   1995年
既往線量評価法 物理的並びに生物学的側面(編者)
放射線防護線量測定   77(1-2) 1-142   1998年
中国における診断X線作業者の疫学的所見と線量再構築の必要性(共著)
放射線防護線量測定   77(1/2) 119-122   1998年
低線量放射線被ばくの疫学調査
原安場 プライマー   4    1999年

書籍等出版物

 
放射線基礎医学
金芳堂   1966年   
放射線と医学
共立出版   1984年   
線量効果関係と線量限度
1993年   
日本人の長寿の研究:健康を国民のモデル
1993年   
創られた恐怖(監訳)
昭和堂   1996年   

Works

 
放射線防護から見たリスクの評価ととその知覚に関する調査
1990年
低線量放射線のリスク評価に関する研究
1992年

競争的資金等の研究課題

 
高自然放射線地域住民の疫学
科学技術振興調整費
研究期間: 1991年 - 2005年
がん治療における増感
重要技術の競争的研究開発
研究期間: 1975年 - 2003年
低線量の生物作用
重要技術の競争的研究開発
研究期間: 1992年 - 2003年