伊勢村 護

J-GLOBALへ         更新日: 09/08/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
伊勢村 護
 
イセムラ マモル
所属
静岡県立大学
職名
名誉教授
学位
理学博士(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1968年
大阪大学 理学研究科 有機化学
 

委員歴

 
1986年
   
 
日本生化学会  評議員
 
1977年
   
 
日本結合組織学会  評議員
 

受賞

 
1992年
知恩会斉藤賞
 

Misc

 
ミオシン軽鎖キナ-ゼ阻害剤 ML-7,ML-9はマウス肺癌細胞のフィブロネクチン基質への接着を阻害する(共著)
細胞生物学国際リポート   15,965-972    1991年
ヒト小細胞肺癌における67キロダルトンラミニンレセプタ-の発現増加(共著)
生化学,生物物理研究報告   182,746-752    1992年
扁平上皮癌における基底膜成分の免疫組織化学的変化(共著)
96,250-254    1991年
ヒト胎盤のヘバラン硫酸鎖とデルマタン硫酸鎖をもつフイブロネクチン結合性プロテオグリカンの単離と特性(共著)
生物化学雑誌   262,8926-8933    1987年
ヒト胎盤フイデロネクチンの単離と特性.(共著)
生化学雑誌   96,163-169    1984年

書籍等出版物

 
フィブロネクチンと転移
癌転移の分子機構   1993年   
緑茶パワーと健康のサイエンス
アイ・ケイコーポレーション   2004年   ISBN:4-87492-220-1
茶の効能と応用開発
シーエムシー出版   2006年   ISBN:4-88231-548-3

競争的資金等の研究課題

 
細胞接着と細胞機能に関する研究
科学研究費補助金
食品成分の癌細胞アポト-シス誘導活性
科学研究費補助金
遺伝子発現に対する食品成分の作用