三輪 匡男

J-GLOBALへ         更新日: 12/03/01 09:15
 
アバター
研究者氏名
三輪 匡男
 
ミワ マサオ
URL
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp
所属
静岡県立大学
部署
薬学部 製薬学科 臨床薬品学教室
職名
教授,薬学部長
学位
薬学博士(静岡薬科大学大学院)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1970年
   
 
- 大阪大学蛋白質研究所 共同研究員
 
1971年
 - 
1974年
静岡薬科大学 助手
 
1974年
 - 
1987年
静岡薬科大学 講師
 
1987年
 - 
1991年
静岡県立大学 講師
 
1991年
 - 
1996年
静岡県立大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1970年
静岡薬科大学大学院 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1965年
静岡薬科大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本薬学会  理事
 
1996年4月
 - 
現在
日本脂質生化学会  幹事
 
1996年4月
 - 
現在
日本生化学会  評議員
 

Misc

 
気管支喘息患者における血清CEA値の検討
日本胸部疾患学会雑誌   53(3) 220-226   1994年
PAFの病理・生理学的作用に的を絞った抗アレルギー薬開発の期待
喘息.治療学   32(1) 48   1998年
PAF
脂質メディエーターと気管支喘息,現代医療   29(増IV) 2877-2884   1997年
血漿型PAFアセチルヒドロラーゼ遺伝子変異と腹部大動脈瘤の関連について
脈管学   41巻 433-437    2001年
Characterization of serum platelet-activating factor(PAF) acetylhydrolase. Correlation between deficiency of serum PAF acetylhydrolase and respiratory symptoms in ashmatic children
J. Clinical Investigation   82, 1983-1991    1988年

書籍等出版物

 
PAF分解酵素欠損と喘息
メディエーター(18回六甲カンファレンス)ライフサイエンス出版社   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
血小板活性化因子(PAF)代謝酵素(PAFアセチルヒドロラーゼ)欠損の臨床場の意義に関する研究
研究期間: 1987年 - 2005年
病原性大腸菌産生毒素Stxの腎毒性発現機序の解析と毒素暴露による生体分子の障害
研究期間: 1995年 - 2005年
血小板の血小板活性化因子(PAF)受容体が関与する脱凝集時の細胞内情報伝達機構の研究
研究期間: 1999年 - 2005年
グルクロン酸抱合酵素誘導機構の分子生物学的研究
研究期間: 2000年 - 2005年

特許

 
血小板活性化因子アセチルヒドロラーゼ活性の測定法
第3036883号