井上 猛

J-GLOBALへ         更新日: 15/06/11 13:09
 
アバター
研究者氏名
井上 猛
 
イノウエ タケシ
eメール
tinouetokyo-med.ac.jp
所属
東京医科大学
部署
精神医学分野
職名
主任教授
学位
医学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年5月
 - 
現在
東京医科大学 精神医学分野 主任教授
 
2012年9月
 - 
2015年4月
北海道大学大学院医学研究科精神医学分野 准教授
 
2005年
 - 
2012年
北海道大学 大学病院精神科神経科 講師
 
2000年
 - 
2005年
北海道大学講師(医学部附属病院精神科神経科) 講師 講師
 
1993年
 - 
2000年
北海道大学助手(医学部附属病院精神科神経科) 助手
 

学歴

 
 
 - 
1984年
北海道大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2013年
 - 
現在
日本精神神経学会  代議員
 
2011年
 - 
2012年
日本精神神経学会  評議員
 

論文

 
Kitaichi Y, Inoue T, Nakagawa S, Omiya Y, Song N, An Y, Chen C, Kusumi I, Koyama T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   54C 216-222   2014年6月   [査読有り]
Toda H, Boku S, *Nakagawa S, Inoue T, Kato A , Takamura N, Song N, Nibuya M, Koyama T, Kusum I
PLoS One   9(5) e97421   2014年   [査読有り]
Baba H, Kohno K, Inoue T, Nakai Y, Toyomaki A, Suzuki T, Hatano K, Arai H, *Terao T
J Affect Disord   161 1-3   2014年   [査読有り]
Kohno K, Baba H, Inoue T, Nakai Y, Toyomaki A, Suzuki T, Hatano K, Arai H, *Terao T
J Affect Disord   162 26-29   2014年   [査読有り]
Okada S, *Morinobu S, Fuchikami M, Segawa M, Yokomaku K, Kataoka T, Okamoto Y, Yamawaki S, Inoue T, Kusumi I, Koyama T, Tsuchiyama K, Terao T, Mimura M
J Psychiatr Res   53 47-53   2014年   [査読有り]
Nakai Y, *Inoue T, Toda H, Toyomaki A, Nakato Y, Nakagawa S, Kitaichi Y, Kameyama R, Hayashishita Y, Wakatsuki Y, Oba K, Tanabe H, Kusumi I
J Affect Disord   158 101-107   2014年   [査読有り]
*Mitsui N, Asakura S, Shimizu Y, Fujii Y, Toyomaki A, Kako Y, Tanaka T, Kitagawa N, Inoue T, Kusumi I
Neuropsych. Dis. Treat.   10 811-816   2014年   [査読有り]
Masuda T, *Inoue T, An Y, Takamura N, Nakagawa S, Kitaichi Y, Koyama T, Kusumi I
Neuropsych. Dis. Treat   10 289-295   2014年   [査読有り]
Takamura N, *Nakagawa S, Masuda T, Boku S, Kato A, Ning S, An Y, Kitaichi Y, Inoue T, Koyama T, Kusumi I
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry   50 116-124   2014年   [査読有り]
Valproate recovers the inhibitory effect of dexamethasone on the proliferation of the adult dentate gyrus-derived neural precursor cells via GSK-3β and β-catenin pathway
*Boku S, Nakagawa S, Masuda T, Nishikawa H, Kato A, Takamura N, Omiya Y, Kitaichi Y, Inoue T, Koyama T
Eur J Pharmacol   723 425-430   2013年   [査読有り]
An Y, *Inoue T, Kitaichi Y, Izumi T, Nakagawa S, Song N, Chen C, Li XB, Koyama T, Kusumi I
Eur J Pharmacol   720 192-197   2013年   [査読有り]
*Kitaichi Y, Inoue T, Mitsui N, Nakagawa S, Kameyama R, Hayashishita Y, Shiga T, Kusumi I, Koyama T
Neuropsych. Dis. Treat.   9 1591-1594   2013年   [査読有り]
*Boku S, Hisaoka-Nakashima K, Nakagawa S, Kato A, Kajitani N, Inoue T, Kusumi I, *Takebayashi M
PLoS ONE   8(11) e79371   2013年   [査読有り]
*Mitsui N, Asakura S, Shimizu Y, Fujii Y, Kako Y, Tanaka T, Oba K, Inoue T, Kusumi I
Compr Psychiatry   54 1215-1221   2013年   [査読有り]
The valproate serum level in maintenance therapy for bipolar disorder in Japan
Machino A, Jitsuiki H, Okamoto Y, Izumitani S, Kimura Y, Suzuki K, Tanaka T, Inoue T, Koyama T, Wada K, Masaoka Y, Sasaki T, Yoshimura R, Nakamura J, Sumitani S, Ohmori T, Yamawaki S
Hiroshima J Med Sci   62 7-12   2013年   [査読有り]
Boku S, Nakagawa S, Takamura N, Kato A, Takebayashi M, Hisaoka-Nakashima K, Omiya Y, Inoue T, Kusumi I
Biochemical and Biophysical Research Communications   434 779-784   2013年   [査読有り]
Kimura H, Osaki A, Kawashima R, *Inoue T, Nakagawa S, Suzuki K, Asakura S, Tanaka T, Kitaichi Y, Masui T, Kitagawa N, Kako Y, Abekawa T, Kusumi I, Yamanaka H, Denda K, Koyama T
Neuropsych. Dis. Treat   9 619-627   2013年   [査読有り]
Kameyama R, *Inoue T, Uchida M, Tanaka T, Kitaichi Y, Nakato Y, Hayashishita Y, Nakai Y, Nakagawa S, Kusumi I, Koyama T
J Affect Disord   150 546-550   2013年   [査読有り]
*Boku S, Nakagawa S, Toda H, Kato A, Takamura N, Omiya Y, Inoue T, Koyama T
Brain Res   1492 7-17   2013年   [査読有り]
Kitaichi Y, *Hashimoto R, Inoue T, Abekawa T, Kakuta A, Hattori S, Koyama T
Acta Neuropsychiatr   25 215-220   2013年   [査読有り]

Misc

 
生物学的精神医学 Vol.3  躁うつ病と神経内分泌<日本生物学的精神医学会,野村純一,前田 潔編>
   1993年
Koyama T, Matsubara S, Matsubara R, Inoue T, Yamashita I.: Preferential dopaminergic activation by clozapine in the medial prefrontal cortex: An in vivo microdialysis study. In: Moroji T, Yamamoto K (eds) The Biology of Schizophrenia (Developments in ・・・
   1994年
Koyama T, Matsubara S, Matsubara R, Inoue T, Yamashita I.: Preferential dopaminergic activation by clozapine in the medial prefrontal cortex: An in vivo microdialysis study. In: Moroji T, Yamamoto K (eds) The Biology of Schizophrenia (Development...
Inoue T, Tsuchiya K, Hashimoto S, Izumi T and Koyama T.:The role of central dopaminergic and serotonergic systems of rats in conditioned fear stress, an animal model of anxiety. In Nakajima T, Ono T (eds), Emotion, Memory and Behavior - Studies of Hu・・・
   1995年
Inoue T, Tsuchiya K, Hashimoto S, Izumi T and Koyama T.:The role of central dopaminergic and serotonergic systems of rats in conditioned fear stress, an animal model of anxiety. In Nakajima T, Ono T (eds), Emotion, Memory and Behavior - Studies ...
不安とCCK ー不安の動物モデルによる検討ー。Panic Grand Round '95 パニック障害研究最前線<藤井 薫,上島国利編>
ライフ・サイエンス      1996年
臨床精神医学 26
   1997年

書籍等出版物

 
気分障害
医学書院   2008年   
大うつ病性障害の薬理/抗うつ薬
医学書院   2009年   

Works

 
「不安と抑うつの精神薬理 -SSRIの抗不安作用を中心に-」
1996年
「中枢性疾患の新しい実験動物モデルと薬物のスクリーニング-Conditioned fear stressにおけるセロトニン系薬物の抗不安作用-」, 第70回日本薬理学会
1997年
難治性うつ病の治療アルゴリズム. 日本生物学的精神医学会、若手プレシンポジウム「感情障害における生物学的治療」
1998年
不安におけるセロトニン系薬物の機能的役割。第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会、シンポジウム「広汎投射神経系の機能と可塑性」
2001年
「SSRIの不安障害に対する効果と作用機序」
2002年

競争的資金等の研究課題

 
厚生労働省: 精神・神経疾患研究委託費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 山田光彦
文部科学省: 国家基幹研究開発推進事業「脳科学研究戦略推進プログラム」
研究期間: 2011年10月 - 2016年3月    代表者: 吉岡充弘
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 井上 猛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 北川 信樹
うつ病罹患者と休職者の増加に伴い、復職支援の重要性が高まっている。そのため、リワークプログラムの取り組みが全国的に少しずつ実践され始めているが、内容や評価については標準化されておらず、また、効果についての実証的研究はこれまでほとんどない。われわれは、うつ病患者に対し多職種チームによる12週間の復職支援プログラムを実施し、その有効性と転帰の予測因子について検討した。プログラムは、復職準備性の改善と復職可能性の評価、および再発予防を目的とし、作業療法と集団認知行動療法(CBGT)で構成した。プ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 井上 猛
情動ストレスの動物モデルである恐怖条件付けストレスを用いて、気分障害治療薬の作用機序を神経回路の観点から明らかにした。SSRI、SNRIやmirtazapineなどの新規抗うつ薬の不安行動、神経伝達物質に対する効果を減弱、増強する併用薬物を明らかにした。さらに、扁桃体基底核のグルタミン酸神経が恐怖条件付けにおいて重要な役割をはたしていることを明らかにした。

社会貢献活動

 
178. うつ状態に気づいたら
【講師】  北海道大学―北洋銀行包括連携事業  市民医療セミナー  2013年12月10日
134. 治りにくいうつ病の診断と治療
【講師】  大分うつ病研究会主催  第4回大分うつ病対策講演会市民講座  2012年3月17日