西部 忠

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/18 12:28
 
アバター
研究者氏名
西部 忠
 
ニシベ マコト
eメール
nishibeecon.hokudai.ac.jp
URL
http://cc.econ.hokudai.ac.jp/
所属
専修大学
部署
経済学部
学位
博士(経済学)(東京大学), M.A. (economics)(York University)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
北海道大学 大学院経済学研究科 現代経済経営専攻 社会経済・歴史分析講座 教授
 
1988年
 - 
1989年
 在トロント日本国総領事館 専門調査員(経済)
 
1993年
 - 
1994年
 日本学術振興会特別研究員 日本学術振興会特別研究員
 
1994年
 - 
1999年
 北海道大学経済学部 助教授
 
1996年
   
 
 Faculty of Politics and Economics, Cambridge University Visiting Researcher
 

委員歴

 
2007年
   
 
日本進化経済学会北海道・東北部会  代表
 

受賞

 
1986年
第3回大内兵衛賞
 

論文

 
橋本 敬, 西部 忠
經濟學研究   61(4) 131-151   2012年3月
本論文は, 制度の多様性と内生的変化を示す制度生態系を記述する数理モデルとして「ルール生態系ダイナミクス」(Rule Ecology Dynamics: RED)を提示し, それが経済社会進化の態様記述や政策展開に対して持つ経済学的含意を論じる。まず, 戦略ルール(ミクロ主体の内部ルール)とゲームルール(外なる制度)を経済社会の複製子(If-then ルール)と再定義し, 制度を, ミクロ主体の認識・思考・行動とマクロ的な社会的帰結をメゾレベルで媒介する, ミクロ主体によって共有されたルー...
地域通貨流通実験にみるミクロ・メゾ・マクロ・ループの流れ
進化経済学論集(進化経済学会)   (15) 624-641   2011年
制度生態系の理論モデルとその経済学的インプリケーション
進化経済学論集(進化経済学会)   (15) 605-623   2011年
The Trend of Economic Thinking of Market and Money : What is Hayek's Position of the Issue?
Proceeding of International Workshop "The Limits to Capitalism: Economics and Liberalism Re-examined""   9   2011年
Community Currencies as Integrative Communication Media for Evolutionist Institutional Design
Proceeding of International Conference on Community and Complementary Currencies 2011   89   2011年

書籍等出版物

 
高島 修, 佐々木 融, 柳澤 浩, 丸山 俊, 小林 真一郎, 岩間 剛一, 佐久間 浩司, 深谷 幸司, 金森 俊樹, 唐鎌 大輔, 山本 雅文, 村田 雅志, 西部 忠, 根本 忠宣, 田代 秀敏, 島村 髙嘉, 週刊エコノミスト編集部 (担当:共著)
毎日新聞社   2014年7月   
西部 忠
ミネルヴァ書房   2013年2月   ISBN:4623063194
ハイエク (担当:共訳)
春秋社   2012年6月   ISBN:4393621921

講演・口頭発表等

 
西部 忠
地域経済経営ネットワーク研究センター年報   2012年3月30日   

Works

 
歌志内地域通貨協力
2007年 - 2008年
地域通貨を学ぶ市民フォーラム
2010年

競争的資金等の研究課題

 
自律分散型市場理論
科学研究費補助金
研究期間: 1996年   
地域通貨の理論的・政策的研究
共同研究
研究期間: 1999年   
進化主義的制度設計
研究期間: 2000年   
進化経済学の基礎理論
研究期間: 2001年   
制度生態系の理論
科学研究費補助金
研究期間: 2005年