齊藤 誠一

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/01 12:29
 
アバター
研究者氏名
齊藤 誠一
 
サイトウ セイイチ
URL
http://www.arc.hokudai.ac.jp/
所属
北海道大学
部署
北極域研究センター
職名
学術研究員
学位
水産学修士(北海道大学), 水産学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1984年
 日本IBM株式会社東京サイエンティフィックセンター客員研究員
 
1981年4月
 - 
1982年3月
日本学術振興会奨励研究員
 
1984年
 - 
1988年
 財団法人日本気象協会研究所研究員
 
1988年
 - 
1991年
 同情報処理部主任技師
 
1991年
 - 
1993年
 同情報処理部専任主任技師
 
1993年
 - 
1995年
 北海道大学水産学部漁業学科漁業航海学講座助教授
 
1995年
 - 
2000年
 同水産海洋科学科物理海洋学講座助教授
 
2000年
 - 
2005年
 同大学院水産科学研究科資源計測学講座教授
 
2005年
 - 
2013年
同大学院水産科学研究院海洋資源計測学講座教授
 
2013年4月
 - 
2015年3月
同大学院水産科学研究院海洋計測学講座教授
 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学 北極域研究センター センター長・特任教授
 

学歴

 
1971年4月
 - 
1975年3月
北海道大学 水産学部 漁業学科
 
1976年4月
 - 
1978年3月
北海道大学 大学院水産学研究科 漁業学専攻(修士課程)
 
1978年4月
 - 
1981年3月
北海道大学 大学院水産学研究科 漁業学専攻(博士課程)
 

委員歴

 
2005年10月
 - 
2014年9月
日本学術会議  連携会員
 

受賞

 
2014年3月
水産海洋学会 宇田賞
 

論文

 
Liu, Yang, Sei-Ichi Saitoh, I. Nyoman Radiarta, Tomonori Isada, Toru Hirawake, Hiroyuki Mizuta, and Hajime Yasui
ICES Journal of Marine Science   70(7) 1460-1470   2013年8月   [査読有り]
Sang Heon Lee, Mi Sun Yun, Bo Kyoung Kim, Sei-ichi Saitoh, Chang-Keun Kang, Sung-Ho Kang
Continental Shelf Research   59 28-36   2013年5月   [査読有り]
Sasaki, H., Murase, H., Kiwada, H., Matsuoka, K., Mitani, Y., Saitoh, S.-I.
Fisheries Oceanography   22(6) 496-508   2013年   [査読有り]
Isada, Tomonori, Takahiro Iida, Hongbin Liu, Sei-Ichi Saitoh, Jun Nishioka, Takeshi Nakatsuka, and Koji Suzuki
Journal of Geophysical Research   118 1-19   2013年   [査読有り]
Wang, Jia, Haoguo Hu, Joaquim Goes, Jennifer Miksis-Olds, Colleen Mouw, Eurico D’Sa, Helga Gomes, D. R. Wang, Kohei Mizobata, Sei-ichi Saitoh, and Lin Luo
Journal of Geophysical Research   118 1-14   2013年   [査読有り]
Syamsuddin, M. L., S.-I. Saitoh, T. Hirawake, S. Bachri and A. B. Harto
Fishery Bulliten   111(2) 175-188   2013年   [査読有り]
Hirawake, T., Shinmyo, K., Fujiwara, A., and Saitoh, S.
ICES Journal of Marine Science   69(7) 1194-1204   2012年   [査読有り]
Nakada, S., Y. Ishikawa, T. Awaji, T. In, S. Shima, T. Nakayama, T. Isada, and S. Saitoh
Hydrological Research Letters   6 47-52   2012年   [査読有り]
Harada, N., M. Sato, K. Oguri, K. Hagino, Y. Okazaki, K. Katsuki, Y. Tsuji, K.-H. Shin, O. Tadai, S.-I. Saitoh, H. Narita, S. Konno, R. W. Jordan, Y. Shiraiwa, and J. Grebmeier
Global Biogeochemical Cycles   26    2012年   [査読有り]
Saito, R., A. Yamaguchi, S.-I. Saitoh, K. Kuma, and I. Imai
lankton & Benthos Research   7(2) 96-99   2012年   [査読有り]
Iida, T., K. Mizobata, and S.-I. Saitoh
Continental Shelf Research   34 7-17   2012年   [査読有り]
Nishimura, S., Kuma, K., Ishikawa, S., Omata, A., Saitoh, S.-I.
Journal of Geophysical Research   117(2)    2012年   [査読有り]
五十嵐弘道, 淡路敏之, 蒲地政文, 石川洋一, 杉浦望実, 増田周平, 土居知将, 碓氷典久, 藤井陽介, 豊田隆寛, 日吉善久, 佐々木祐二, 齊藤誠一, 酒井光夫, 加藤慶樹, 佐藤晋一
地球環境研究論文集   19 I.9-I.15   2011年9月
Fujiwara, A., T. Hirawake, K. Suzuki and S.-I. Saitoh
Biogeosciences   8(12) 3567-3580   2011年   [査読有り]
Miyakoshi, Y. and S.-I. Saitoh
Fisheries Science   77 939-944   2011年   [査読有り]
Noguchi Aita, M., K. Tadokoro, N. O. Ogawa, R. Ishii, S. Lan Smith, M. J. Kishi, T. Saino, S.-I. Saitoh and E. Wada
Journal of Plankton Research   33(11) 1629-1642   2011年   [査読有り]
Lipa, B., D. Barrick, S.-I. Saitoh, Y. Ishikawa, T. Awaji, J. Largier and N. Garfield
Remote Sensing   3 1663-1679   2011年   [査読有り]
Tanaka, K., T. Komatsu, Y. Michida, S.-I. Saitoh
Fisheries Oceanography   20(3) 206-218   2011年   [査読有り]
Saitoh, S.-I., R. Mugo, I. N. Radiarta, S. Asaga, F. Takahashi, T. Hirawake, Y. Ishikawa, T. Awaji, T. In and S. Shima
ICES Journal of Marine Science      2011年   [査読有り]
Radiarta, I. N., S.-I. Saitoh, H. Yasui
ICES Journal of Marine Science      2011年   [査読有り]
Saito, R., A. Yamaguchi, S.-I. Saitoh, K. Kuma, and I. Imai
Journal of Plankton Research   33 145-160   2011年   [査読有り]
気候変動に伴う水産資源・海況変動予測技術の革新と実利用化,
五十嵐弘道、淡路敏之、蒲地政文、石川洋一、杉浦望実、増田周平、土居知将、碓氷典久、藤井陽介、豊田隆寛、日吉善久、佐々木祐二、齊藤誠一、酒井光夫、加藤慶樹、佐藤晋一
土木学会論文集G(環境)   67(5) 9-15   2011年
Mugo, R., S.-I. Saitoh, A. Nihira and T. Kuroyama
Fisheries Oceanograph   19 382-396   2010年   [査読有り]
Mizobata, K., K. Shimada, S.-I. Saitoh and J. Wang
Journal of Oceanography   66 405-424   2010年   [査読有り]
Okamoto, S., T. Hirawake, S.-I. Saitoh
Deep-Sea Research II      2010年   [査読有り]
Fukui, Y., S.-I. Saitoh, T. Sawabe
Environmental Microbiology   12(1) 124-133   2010年   [査読有り]
Nihashi, S., K. I. Ohshima, T. Tamura, Y. Fukamachi, and S.-I. Saitoh
Journal of Geophysical Research   114    2009年   [査読有り]
Kitayama, S., K. Kuma, E. Manabe, K. Sugie, H. Takata, Y. Isoda, K. Toya, S.-I. Saitoh, S. Takagi, Y. Kamei, and K. Sakaoka
Geophys. Res.   114    2009年   [査読有り]
Mustapha, M. A., S.-I. Saitoh, and T. Lihan
ICES J. Mar. Sci.   66 1557-1569   2009年   [査読有り]
Wang, J., H. Hu, K. Mizobata, and S.-I. Saitoh
Journal of Geophysical Research   114    2009年   [査読有り]
Vijayan, A.K., Yoshikawa, T., Watanabe, S., Sasaki, H., Matsumoto, K., Saitoh, S., Takeda, S., and Furuya, K.
Journal of Oceanography   65 245-258   2009年   [査読有り]
Radiarta, I. N. and S.-I. Saitoh
Estuarine, Coastal and Shelf Science   79 400-408   2008年   [査読有り]
Buesseler, K.O., Trull, T.W., Steinberg, D.K., Silver, M.W., Siegel, D.A., Saitoh, S.-I., Lamborg, C.H., Lam, P.J., Karl, D.M., Jiao, N.Z., Honda, M.C., Elskens, M., Dehairs, F., Brown, S.L., Boyd, P.W., Bishop, J.K.B., Bidigare, R.R
Deep-sea Research II   55 1522-1539   2008年   [査読有り]
Mizobata, K., S.-I. Saitoh and J. Wang
Deep-sea Research II   55 1717-1728   2008年   [査読有り]
Zainuddin, M. K. Saitoh and S.-I. Saitoh
Fisheries Oceanography   17(2) 61-73   2008年   [査読有り]
Tukimat Lihan, Sei-Ichi Saitoh, Takahiro Iida, Toru Hirawake and Kohji Iida
Estuarine, Coastal and Shelf Science   78 237-249   2008年   [査読有り]
Muzzneena A.M and Sei-Ichi Saitoh
Estuarine, Coastal and Shelf Science   77 577-588   2008年   [査読有り]
宮腰 靖之, 永田 光博, 齊藤 誠一
北海道立水産孵化場研究報告   (61) 1-10   2007年3月
1.オホーツク東部地区を対象として、衛星リモートセンシング(AVHRRセンサー、空間分解能9km、8日間合成)により観測した1991〜2001年春の沿岸水温と同年に放流したサケの回帰率との関係を単回帰分析により解析した。2.サケの回帰率と有意な関係がみられたのは、沿岸水温がサケ幼稚魚の生息に適した水温域(8〜13℃)に達する時期、沿岸水温が適水温域(8〜13℃)を超える時期、5月下旬(5月25日〜6月1日)の平均水温の3つであった。3.オホーツク東部においてサケ稚魚の多くが放流される5月下...
Bio-optical characteristics of the western Arctic Ocean: Implications for ocean color algorithms
Matsuoka, A., Huot, Y., Shimada, K., and Saitoh, S.-I.
Canadian Journal of Remote Sensing   33(6) 503-518   2007年   [査読有り]
A ubiquitous information system for the offshore fisheries activities around Japan
Kiyofuji, H., F. Takahashi, D. Tachikawa, M. Abe, K. Tateyama, M. Hiraki, and S.-I. Saitoh
GIS/Spatial Analysis in Fishery and Aquatic Sciences   3 313-324   2007年   [査読有り]
Predicting potential habitat for albacore tune (Thunnus alalunga) in the north-western North Pacific Ocean using remote sensing and geographic information systems
Zainuddin, M. K. Saitoh and S.-I.Saitoh
GIS/Spatial Analysis in Fishery and Aquatic Sciences   3 241-258   2007年   [査読有り]
Comparison of release timing of hatchery-reared juvenile chum salmon (Oncorhynchus keta) to spring coastal sea surface temperature during high and low survival period
Miyakoshi, Y., S.-I. Saitoh, A. Matsuoka, M. Takada, H. Asami, M. Fujiwara and M. Nagata
GIS/Spatial Analysis in Fishery and Aquatic Sciences   3 227-240   2007年   [査読有り]
Iida, T. and S.-I. Saitoh
Deep-sea Research, Part II   54(23-26) 2657-2671   2007年   [査読有り]
Jin, M., C. Deal, J. Wang, V. Alexander, R. Gradinger, S.-I. Saitoh, T. Iida, Z. Wan, and P. Stabeno
Geophysical Research Letter   34    2007年   [査読有り]
Seki, O., T. Nakatsuka, K. Kawamura, S.-I. Saitoh and M. Wakatsuchi
Marine Chemistry   104 253-265   2007年   [査読有り]
清藤秀理, 甫喜本司, 齊藤誠一
統計数理   54(2) 265-280   2006年12月
Takata, H., K. Kuma, Y. Saitoh, M. Chigira, S. Saitoh, Y. Isoda, S. Takagi and K. Sakaoka
Geophysical Research Letter.   33    2006年   [査読有り]
Mizobata, K., J. Wang, and S.-I. Saitoh
Journal of Geophysical Research   111    2006年   [査読有り]
Hiroshi Murakami, Kosei Sasaoka, Kohtaro Hosoda, Hajime Fukushima, Mitsuhiro Toratani, Robert Frouin, B. Greg Mitchell, Mati Kahru, Pierre-Yves Deschamps, Dennis Clark, Stephanie Flora, Motoaki Kishino, Sei-ichi Saitoh, Ichio Asanuma, Akihiko Tanaka, Hiroaki Sasaki, Katsumi Yokouchi, Yoko Kiyomoto, Hiroaki Saito, Cecile Dupouy, Absornsuda Siripong, Satsuki Matsumura, and Joji Ishizaka
Journal of Oceanography   62(3) 373-393   2006年   [査読有り]
Zainuddin, M., H. Kiyofuji, K. Saitoh and S. Saitoh
Deep-sea Research, Part II   53 419-431   2006年   [査読有り]
Kiyofuji, H., T. Hokimoto and S. Saitoh
IEEE Geoscience and Remote Sensing Letters      2006年   [査読有り]
植物プランクトンの動態と表面温度および光合成有効放射照度と関係について
清藤秀理、齊藤誠一、甫喜本司
統計数理   54(2) 265-280   2006年   [査読有り]
Ohshima, K. I., M. Wakatsuchi and S. Saitoh
Journal of Oceanography   61(5) 845-855   2005年   [査読有り]
Sasaki, H., T. Miyamura, S. Saitoh, and Joji Ishizaka
Estuarine, Coastal and Shelf Science   64 447-458   2005年   [査読有り]
Spatial relationship between Japanese common squid (Todarodes pacificus) fishing ground formation and fishing ports: an analysis using remote sensing and geographical information systems
Kiyofuji, H., K. Kumagai, S. Saitoh, Y. Arai and K. Sakai
Proc. of Second Inter. Symp. On GIS in Fisheries Sciences   339-352   2005年   [査読有り]
磯田 豊, 坂田 陽一郎, 磯野 哲郎, 清水 学[他], 春日 一彦, 灘井 章嗣, 藤井 智史, 齊藤 誠一
北海道大学水産科学研究彙報   55(1) 63-69   2004年8月
Zainuddin, M., K. Saitoh, and S.-I. Saitoh
Geophysical Research Letter   31    2004年   [査読有り]
Mizobata, K. and Saitoh, S.
Journal of Marine Systems   50 101-111   2004年   [査読有り]
Kiyofuji, K. and S. Saitoh
Marine Ecology Progress Series   276 173-186   2004年   [査読有り]
弛緩テンプレート照合による海表面流速場の推定
電子情報通信学会論文誌   Vol.J86-D-II, No.6, pp.846-855    2003年
Mizobata, K., S. Saitoh, T. Miyamura, N. Shiga, K. Imai, Y. Kajiwara and K. Sasaoka
Progress in Oceanography   52 65-75   2002年   [査読有り]
Saitoh, S., T. Iida and K. Sasaoka
Progress in Oceanography   52 131-146   2002年   [査読有り]
Sasaoka, K., S. Saitoh, I. Asanuma, K. Imai, M. Honda, Y. Nojiri and T. Saino
Deep-Sea Res. II   49(24-25) 5557-5576   2002年   [査読有り]
Spatial distribution of pigments concentration around the east Korean Warm Current region derived from satellite data - Satellite observation in May 1980 -
Kim, S.-W., S. Saitoh, D.-S. Kim
J. Korean Fish. Soc.   35(3) 265-272   2002年   [査読有り]
伊藤 涼・長 幸平・下田陽久・坂田俊文・齊藤誠一
写真測量とリモートセンシング、   41 39-46   2002年
清藤 秀理, 米田 国三郎, 甫喜本 司, 齊藤 誠一
北海道大学水産科学研究彙報   52(3) 139-144   2001年12月
Kitauchi, T., Ando, H., Urano, A., Ban, M., Saitoh, S., Tanaka, H., Naito,Y., and H. Ueda
Zoological Science   17 1247-1253   2000年   [査読有り]
夜間可視衛星画像によるスルメイカ漁船分布の動的特性と非定常予測
統計数理研究所共同研究レポート   (123) 77-81   1999年
斎藤 誠一, ESLINGER David, 佐々木 宏明, 志賀 直信, 小達 恒夫, 明井 崇子
水産海洋研究   62(4)    1998年11月
Saino, T., Shang, S., Mino, Y., Suzuki, K., Nomura, H., Saitoh, S., Miyake, H., Masuzawa, T. and Harada, K.
J. Oceanogr.   54 583-592   1998年   [査読有り]
Suzuki, K., Kishino, M., Sasaoka, K., Saitoh, S. and Saino, T.
J. Oceanogr.   54 517-526   1998年   [査読有り]
Saitoh, S., Inagake, D., Sasaoka, K, Ishizaka, J., Nakame, Y. and Saino, T.
J. Oceanogr.   54 495-508   1998年   [査読有り]
Description of the oceanographic conditions and its relation to spring bloom detected by OCTS Images around Kuroshio/Oyashio mixed water region
Inagake, D. and Saitoh, S.
J. Oceanogr.   54 479-494   1998年   [査読有り]
Kawamura, H. and The OCTS team (including Saitoh, S.)
J. Oceanogr.   54 383-399   1998年   [査読有り]
Kishino, M., Ishizaka, J., Saitoh, S., Senga, Y. and Utashima, M.
J. Geophys. Res.   102(D14) 17197-17207   1997年   [査読有り]
Time series of physical and optical Parameters off Shimane,Japan, during Fall of 199300: First observation by moored Optical buoy system for ADEOS data verification,
Ishizaka, J., I. Asanuma, N. Ebuchi, H. Fukushima, H. Kawamura, K. Kawasaki, K. Kishino, M. Kubota, H. Masuko, S. Matsumura, S. Saitoh, Y. Senga, M. Shimanuki, N. Tomii, and M. Utashima,
J. Oceanogr.   53 245-258   1997年   [査読有り]
親潮流入時における噴火湾口部の海洋構造と流れについて
水産海洋研究   61(2) 123-133   1997年
木下 紀正, 飯野 直子, 細山田 三郎, 菊川 浩行, 後藤 あずみ, 斎藤 誠一
学術講演会論文集 = Proceedings of the ... Japanese Conference on Remote Sensing   20 117-120   1996年5月
Saitoh, S., Kishino, K., Kiyofuji, K., Taguchi, S. and Takahashi, M
J. Remote Sensing Soc. Japan   16 172-178   1996年   [査読有り]
Akiyama, H. and Saitoh, S.
J. Oceanogr   49 667-682   1993年   [査読有り]
Isoda, Y. and Saitoh, S.
J. Oceanogr.   49 443-458   1993年   [査読有り]
竹内章司、川村 宏、齊藤誠一、高山陽三、横山隆三
日本リモートセンシング学会誌   13(2) 21-31   1993年
秋山 秀樹, 大野 裕一, 斉藤 誠一
海と空   68(3) p99-112   1992年12月
磯田 豊, 斉藤 誠一, 三原 正裕
海と空   68(3) p113-124   1992年12月
斎藤 誠一
写真測量とリモ-トセンシング   29(2) p13-21   1990年4月
Isoda, Y. and Saitoh, S.
J. Oceanogr. Soc. Japan,   44(2) 52-59   1988年   [査読有り]
Secondary fronts, warm tongues and warm streamers of the Kuroshio Extension system
Kawai, H. and Saitoh, S.
Deep-Sea Res.   35 1487-1507   1986年   [査読有り]
Saitoh, S., Kosaka, S., and Iisaka, J.
Deep-Sea Res.   35 1601-1615   1986年   [査読有り]
Satellite observation of temperature and ocean color distribution in the surface waters of a Kuroshio warm core ring
Saitoh, S., Asanuma, I., Sasaki, Y. and Muneyama, K.
La mer   22 163-166   1984年   [査読有り]

Misc

 
齊藤 誠一
写真測量とリモートセンシング   50(5)    2011年11月
佐々木 裕子, 齊藤 誠一, 松岡 耕二, 村瀬 弘人, 木和田 広司
水産海洋研究   75(3) 179-180   2011年8月
齊藤 誠一
日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan   31(2) 235-239   2011年4月
齊藤 誠一, 高橋 文宏
自動車技術   65(2) 84-89   2011年2月
東海正, 西田勤, 齊藤誠一
日本水産学会誌   75(2) 279-281 (J-STAGE)   2009年
溝端浩平, 齊藤誠一, 久万健志, 目黒敏美, 梶原善之, 高木省吾, 亀井佳彦, 坂岡桂一郎
月刊海洋   116-126   2008年11月
山口 慶剛, 齊藤 誠一, 高橋 文宏
電子情報通信学会技術研究報告. SAT, 衛星通信   107(401) 25-27   2007年12月
2004年10月から始まったSバンド衛星デジタル・マルチメディア放送(S-DMB)サービス(サービス名称は「モバHO!」)のデータ情報サービスとして、気象庁、海上保安庁、各県の水産試験場および米国の海洋観測衛星などからの気象情報、海況情報を海上ユーザー向けに提供している.本稿では、気象情報、海況情報を衛星サービスにより海上ユーザーに対し、陸上ユーザーと同レベルの情報量を安価に提供している現状サービスについて報告する.
齊藤 誠一, 高橋 文宏
地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association   16 57-60   2007年10月
甫喜本司, 清藤秀理, 齊藤誠一
統計関連学会連合大会講演報告集   2007 274   2007年9月
齊藤 誠一
水産海洋研究   71(3)    2007年8月
谷津 明彦, 千葉 早苗, 安田 一郎, 齊藤 誠一
水産海洋研究   71(3)    2007年8月
笹岡晃征, 齊藤誠一
東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター研究報告   (32) 20   2007年7月
黒山 忠明, 二平 章, 齊藤 誠一
水産海洋研究   70(3) 205-206   2006年8月
笹岡晃征, 平譯享, 齊藤誠一
月刊海洋   38(6) 425-432   2006年6月
ベーリング海における円石藻類ブルーム時空間変動
月刊海洋   35(6)、429-435     2003年
齊藤 誠一
黒潮の資源海洋研究 = Fisheries biology and oceanography in the Kuroshio   (3) 1-5   2002年2月
漁場環境としての物理環境のモニタリング
月刊海洋   34(11)、762-766    2002年
2002.
人工衛星海色画像から見た黒潮続流と移行域のクロロフィル分布の動態
月刊海洋   号外No.31、203-208    2002年
オホーツク海南西部における春季ブルームの経年変化-衛星マルチセンサーリモートセンシングによるアプローチ
月刊海洋   号外No.30、145-151    2002年
2002.
衛星による植物ブランクトン分布と基礎生産量の観測
月刊海洋   34(3), 182-190    2002年
リモートセンシングと海洋GISの水産への応用
黒潮の資源海洋研究   第3号、1-5    2002年
衛星による植物ブランクトン分布と基礎生産量の観測
月刊海洋   34(3), 182-190    2002年
縁辺海の海洋基礎生産のモニタリング
月刊海洋   34(1):64-69    2002年
齊藤 誠一
東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター研究報告   25    2000年3月
平成11年度共同利用研究集会「海藻現存量調査手法の現状と問題点-リモートセンシング」
飯泉 仁, 小河 久朗, 齋藤 誠一
東京大学海洋研究所大槌臨海研究センタ-研究報告   48-54   2000年
浅沼 市男, 斉藤 誠一
月刊海洋   31(3) 133-139   1999年3月
SeaWiFSデータ利用の現状
月刊海洋   31(3) 133-139   1999年
海色リモートセンシング -現状と今後の課題-
月刊海洋   31:119-123      1999年
川村 宏, 斉藤 誠一
写真測量とリモートセンシング   34(2) 72-80   1995年
斎藤 誠一, 後藤 あずみ, 奥山 和彦
写真測量とリモ-トセンシング   32(3) p10,39-42   1993年6月
総説:海洋学へのCG・GIS技術の効果的利用
月刊海洋   25(4) 187-192   1993年
斉藤 誠一, 後藤 あずみ, 奥山 和彦
写真測量とリモートセンシング   32(3) 39-42   1993年
写真測量とリモートセンシング   29(2) 13-21   1990年
斎藤 誠一
水産海洋研究会報   (39) 115-123   1981年11月

書籍等出版物

 
人工衛星データの水産海洋学への応用の展望
21世紀の漁業と水産海洋研究(恒星社厚生閣)   1988年   
熱赤外リモートセンシングの技術と実際(共著)
鹿島出版会   1986年   
図解リモートセンシング(共著)
日本測量協会   1992年   
雪氷調査法(共著)
北海道大学図書刊行会   1991年   
沿岸の環境圏(共著)
フジ・テクノシステム   1998年   

講演・口頭発表等

 
中田聡史, 石川洋一, 淡路敏之, 広瀬直毅, 小山田耕二, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2013年8月30日   
荒川佳彦, 平譯享, 藤原周, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2013年3月11日   
伊佐田智規, 平譯享, 小林創, 西岡純, 鈴木光次, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2013年3月11日   
西沢文吾, 綿貫豊, 齊藤誠一
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2012年11月15日   
五十嵐弘道, 淡路敏之, 石川洋一, 西川悠, 増田周平, 酒井光夫, 加藤慶樹, 一井太郎, 齊藤誠一
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2012年11月15日   
石川洋一, 淡路敏之, 蛯名政仁, 酒井光夫, 小山田耕二, 齊藤誠一, 蒲地政文
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2012年11月15日   
齊藤誠一, ALABIA Irene D., 五十嵐弘道, 伊藤喜代志
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2012年11月15日   
佐々木裕子, 村瀬弘人, 松岡耕二, 齊藤誠一
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2012年11月15日   
中田聡史, 石川洋一, 淡路敏之, 印貞治, 小山田耕二, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2012年9月1日   
飯田高大, 溝端浩平, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2012年3月13日   
新明克仁, 平譯享, 高尾信太郎, 伊佐田智規, 藤原周, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2012年3月13日   
中田聡史, 石川洋一, 淡路敏之, 印貞治, 中山智治, 島茂樹, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2012年3月13日   
藤原周, 平譯享, 鈴木光次, 今井一郎, 新明克仁, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2012年3月13日   
伊佐田智規, 平譯享, 小林創, 松本慧太郎, 野坂裕一, 鈴木光次, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2012年3月13日   
中田聡史, 石川洋一, 淡路敏之, 印貞治, 中山智治, 島茂樹, 齊藤誠一
日本陸水学会大会講演要旨集   2011年9月22日   
中田聡史, 石川洋一, 淡路敏之, 印貞治, 中山智治, 島茂樹, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2011年9月1日   
藤原周, 平譯享, 鈴木光次, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2011年9月1日   
新明克仁, 平譯享, 高尾信太郎, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2011年3月14日   
新明克仁, 平譯享, 高尾信太郎, 松本慧太郎, 齊藤誠一
Blue Earth要旨集   2011年3月   
石川洋一, 淡路敏之, 蒲地政文, 齊藤誠一, 酒井光夫, 佐藤晋一, 五十嵐弘道
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2011年   
中田聡史, 石川洋一, 淡路敏之, 印貞治, 中山智治, 島茂樹, 齊藤誠一
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2011年   
伊佐田智規, 平譯享, 葛西広海, 小埜恒夫, 渡邉豊, 鈴木光次, 齊藤誠一
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2011年   
佐々木裕子, 関口圭子, 齊藤誠一
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2011年   
五十嵐弘道, 淡路敏之, 石川洋一, 蒲地政文, 碓氷典久, 藤井陽介, 酒井光夫, 加藤慶樹, 齊藤誠一, 佐藤晋一
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2011年   
齊藤誠一, 平譯享, ラディアータ イニョマン
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2011年   
高橋文宏, 齊藤誠一
日本写真測量学会学術講演会発表論文集   2010年10月14日   
齊藤誠一, 深谷新, 高橋文宏, 斎藤克弥, 松村皐月
日本写真測量学会学術講演会発表論文集   2010年10月14日   
岡本俊, 平譯享, 齊藤誠一, 五十嵐弘道, 杉浦望実, 石川洋一, 淡路敏之
日本海洋学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
藤原周, 平譯享, 鈴木光次, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
伊佐田智規, 鈴木光次, 齊藤(服部)愛, 齊藤宏明, 葛西広海, 齊藤誠一, 池田勉
日本海洋学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
高尾信太郎, 平譯享, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
松本慧太郎, 平譯享, 齊藤誠一
極域科学・宙空圏・気水圏・生物・地学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2010年   
佐々木裕子, 齊藤誠一, 松岡耕二, 村瀬弘人, 木和田広司
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2010年   
田中潔, 小松輝久, 道田豊, 齊藤誠一
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2010年   
深谷新, 齊藤誠一
日本水産学会大会講演要旨集   2009年3月27日   
香川奈緒子, 平譯享, 笠松伸江, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年3月23日   
松本慧太郎, 齊藤誠一, 平譯享
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年3月23日   
長谷部茜, 齊藤誠一, 知北和久
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年3月23日   
岡本俊, 平譯享, 齊藤誠一, 五十嵐弘道, 杉浦望実, 石川洋一, 淡路敏之
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年3月23日   
藤原周, 平譯享, 鈴木光次, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年3月23日   
伊佐田智規, 鈴木光次, 服部愛, 齊藤宏明, 葛西広海, 齊藤誠一, 池田勉
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年3月23日   
渡邉英嗣, 羽角博康, 溝端浩平, 島田浩二, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年3月23日   
近藤直樹, 平譯享, 齊藤誠一, 橋濱史典
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年3月23日   
西村将太郎, 久万健志, 松村由起子, 石川聡子, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2009年3月23日   
溝端浩平, 島田浩二, 齊藤誠一, 松岡敦, 藤原周
Blue Earth要旨集   2009年3月   
宮腰靖之, 永田光博, 齊藤誠一
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2009年   
岡本俊, 平譯享, 齊藤誠一, 五十嵐弘道, 杉浦望実, 石川洋一, 淡路敏之
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2009年   
深谷新, 齊藤誠一, 高橋文宏
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2009年   
朝賀紳介, 齊藤誠一, 高橋文宏
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2009年   
齊藤誠一, RADIARTA I Nyoman, 平譯享
日本水産学会北海道支部大会講演要旨集   2009年   
飯田高大, 溝端浩平, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2008年9月8日   
藤井智史, 屋嘉部真知子, 齊藤誠一, 斉藤雅司, 宮村茂, 岩松伸宏
日本海洋学会大会講演要旨集   2008年9月8日   
深谷新, 斎藤克弥, 齊藤誠一
日本水産学会大会講演要旨集   2008年3月27日   
佐々木裕子, 木和田広司, 松岡耕二, 齊藤誠一
日本水産学会大会講演要旨集   2008年3月27日   
高尾信太郎, 平譯享, 齊藤誠一, 堀本奈穂, 石丸隆, 山口征矢
日本海洋学会大会講演要旨集   2008年3月14日   
松岡敦, HUOT Yannick, BABIN Marcel, 島田浩二, 千葉早苗, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2008年3月14日   
藤原周, 平譯享, 鈴木光次, 伊佐田智規, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2008年3月14日   
伊佐田智規, 鈴木光次, LIU Hongbin, 飯田高大, 齊藤誠一, 葛西広海, 西岡純, 中塚武
日本海洋学会大会講演要旨集   2008年3月14日   
溝端浩平, 島田浩二, WOODGATE Rebecca, 齊藤誠一, WANG Jia
日本海洋学会大会講演要旨集   2008年3月14日   
藤原周, 平譯享, 齊藤誠一, 本多牧生, 松本和彦, 鈴木光次, 伊佐田智規
みらいシンポジウム予稿集   2008年3月   
岡本俊, 藤原周, 齊藤誠一, 本多牧生, 松本和彦
みらいシンポジウム予稿集   2008年3月   
高尾信太郎, 平譯享, 齊藤誠一, 堀本奈穂, 石丸隆, 山口征矢
極域気水圏シンポジウムプログラム・講演要旨   2008年   
近藤直樹, 平譯享, 齊藤誠一
極域気水圏シンポジウムプログラム・講演要旨   2008年   
平譯享, 藤原周, 松本慧太郎, 齊藤誠一, 帰山雅秀, 矢部衛
極域気水圏シンポジウムプログラム・講演要旨   2008年   
二橋創平, 大島慶一郎, 田村岳史, 齊藤誠一
日本気象学会大会講演予稿集   2007年9月30日   
平譯享, 齊藤誠一, 塩本明弘
日本海洋学会大会講演要旨集   2007年9月5日   
近藤直樹, 平譯享, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2007年9月5日   
藤原周, 平譯享, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2007年9月5日   
濱原和広, 長雄一, 高柳志朗, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2007年9月5日   
飯田高大, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2007年9月5日   
二橋創平, 大島慶一郎, 田村岳史, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2007年9月5日   
齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2007年3月13日   
岡本俊, BUESSELER Ken, 渡邉修一, 本多牧生, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2007年3月13日   
岡本俊, 齊藤誠一, BUESSELER Ken, 渡邉修一, 本多牧生
みらいシンポジウム予稿集   2007年3月   
二橋創平, 大島慶一郎, 田村岳史, 齊藤誠一
極域気水圏シンポジウムプログラム・講演要旨   2007年   
二橋創平, 田村岳史, 大島慶一郎, 齊藤誠一
日本海洋学会大会講演要旨集   2006年9月5日   

Works

 
航空機MSSによる沿岸前線の観測
1977年
衛星情報の付加価値情報網によるオンラインデータサービスシステムの開発
1985年 - 1987年
ADEOS衛星のための現場観測用係留ブイの開発と予備調査
1993年
衛星水色リモートセンシングにおける生物光学アルゴリズム開発のための現場観測調査
1994年
マルチセンサーリモートセンシグによるベーリング海およびその周辺極域海域における基礎生産量の時空間変動解析
1999年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 帰山 雅秀
本研究では,生態系サービスの恩恵に与る人類が地球生態系に負の影響を及ぼしていることをかんがみ(ミレニアム生態系評価2005),海洋を含む水圏の豊かな生物生産を保証する多様性に富む水圏生態系の保全と人類存続のための資源利用の調和をはかることを目的に,サケ属魚類をキーストン種として亜寒帯水圏生態系の順応的管理と予防原則に基づく生態系ベースのサステナビリティとリスクマネージメントの研究を確立した。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 齊藤 誠一
衛星データ(海色画像や海面水温画像)を用いて台風などの突発的な現象が基礎生産過程に変化をもたらすことを統計的に解析した。台風の強度、速度、通過水深によって、基礎生産の上昇を推定できる経験式をもとめ、エルニーニョ期に上昇傾向があることを明らかにした。さらに数値モデルを用いて台風通過による混合・湧昇などの物理的機構を明らかにした。海洋短波レーダなどの物理データを組み合わせて台風通過後の黒潮流軸変動と基礎生産量の変化についても明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 原田 尚美
近年、ベーリング海東部陸棚域において、円石藻Emiliania huxleyiのブルーム(大増殖)が出現している。本研究ではブルームがいつから発生するようになったのかや、メカニズムの解明を目的とした。その結果、1970年代半ばには既に生じており、優占種であった珪藻も1970年代以降、群集組成が変化していた。また、ブルームは太平洋十年規模振動の温暖期に発生するようになったことも明らかとなった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 平譯 享
2007年および2008年に実施された現場観測と衛星リモートセンシングデータを利用することにより、海氷が最も後退した2007年には,それ以前よりも小型の植物プランクトンが優占していたこと、地球温暖化が進むとシロザケの現在の分布域は著しく狭まり,海氷が減少した北極海などの北方へ移動せざるを得ないこと、海氷の張り出しに対して底棲魚類の種に大きな変動は認められないことが明らかとなった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 久万 健志
南東部ベーリング海海盆域及び陸棚斜面域について、海盆域表層では、栄養塩は豊富に存在しているが、大気からの鉄供給が少ないため基礎生産が低く抑えられている典型的な鉄欠乏型海域である。しかし、陸棚斜面域では長期間植物プランクトンブルームが維持されており、海盆域の栄養塩と陸棚底層の鉄の表層への供給があるためと考えられた。オホーツク海では千島列島海峡における潮汐混合による鉄及び栄養塩の北西部北太平洋へ供給が明らかになり、親潮域での高い基礎生産を支える大きな役割を果たしている。また日本海表層では栄養塩...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 齊藤 誠一
知床世界自然遺産海域の海洋環境と海洋生物のモニタリング手法の開発とフィールド調査を実施した。その結果、知床半島の南北沿岸における基礎生産システムの違いが明らかになった。さらに、知床世界遺産地域に遡上するサケ属魚類の遡上産卵動態とヒグマの行動パターンとの関係を明らかにするとともに,カラフトマスによる海起源物質の陸域生態系への輸送の動態とメカニズムを明らかにした。順応的管理をベースとした資源管理技術による生態系管理方法を検討した結果、知床の沿岸漁業については、漁獲量と漁獲高を用いて、魚種別評価...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 綿貫 豊
18-19年度に収集した、小笠原で繁殖するクロアシアホウドリと亜南極クローゼ諸島で繁殖するワタリアホウドリのGPSトラッキングデータをつかってかれらの索餌行動を詳細に解析した。その結果は次の二つに要約される。1. 地域限定的餌探索 : 小笠原聟島で、育雛中のクロアシアホウドリは聟島から2日以内のトリップで、最大400kmほどまで採食に出かけていた。1秒ごとにデータが取得できた3個体の軌跡のまがりぐあいをFirst Passage Timeをつかって分析した結果、その分散は、20km程度で大...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2004年 - 2008年    代表者: 岸 道郎
日本周辺の黒潮・親潮・対馬暖流の各生態系を対象として, (1) 気候変化に伴う海洋環境と生産力の歴史的変化が生態系構造と機能, 特に低次栄養段階生物の生産, 種多様性, 卓越種交替にどのような影響を与えてきたか(ボトムアップコントロール), (2) 高次生物と漁業活動が各生態系の構造と機能にどのように影響してきたか(トップダウンコントロール), (3) 物理-低次生産-高次生産-資源利用に関する多様なモデルを作成して20世紀以降の海洋生態系の歴史的変遷を評価し, (4) 将来の気候変化と人...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 工藤 勲
わが国を代表する一級河川である十勝川とその流入する十勝河口域から沿岸域にかけて基礎生産過程の理解に必要な化学成分、生物化学パラメータの測定を行った。研究期間中に得られた知見は以下のとおりである。1.十勝川の水量は、4月から雪解けによる増水期を迎え、通常時の10倍程度増加した。この高い水量は、6月下旬まで継続した。河川水中には、植物プランクトンの増殖に必須の窒素、珪素、鉄等の栄養塩を豊富に含んでいた。上流から下流および支流の水質解析より、この栄養塩の起源として、森林、農業・酪農、都市排水など...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 服部 寛
海洋に分布する植物プランクトンは様々な多数の色素を保有しているが、種類により独特な色素を持っている。この固有色素は高速液体クロマトグラフ(HPLC)により個別に分析が可能で、この分析機を用いて西部北太平洋亜寒帯海域における色素分布の季節変化を調べることにより、植物プランクトンの分布と海洋環境の関係を把握し、そして検討することを目的に研究を行った。そのために、東北区水産研究所・北海道区水産研究所が設定した親潮域定点で季節的に得た植物プランクトン試料の色素試料の分析を定期的に行った。得られた試...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 桜井 泰憲
本研究は,スルメイカを対象として,気象の寒冷・温暖レジームシフト,アリューシャン低気圧の発達に影響される冬季季節風の強さ,海面気温などによって変化する本種の再生産・加入海域の表層暖水と季節混合層深度の季節・経年的変化が,再生産-加入過程を通して,どのように資源変動へと影響しているのかを明らかにすることを目的としている.申請年度3年間の成果は以下の通りである.人工授精により得たふ化幼生を用いて,各発育段階の幼生の鉛直方向への遊泳行動を精査した.その結果,発育ステージ31以降の幼生だけが,水温...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 桜井 泰憲
本企画調査では,過去10年間の日本GLOBEC関連研究を総括し,第II期(2004-2009年)に向けた日本GLOBECの組織を再編成して,第II期日本GLOBEC計画の課題の抽出と連携研究の方向を検討した.21世紀における人類の共通理念「持続可能な発展」を目指して,「海洋生態系の総合診断と責任ある資源利用(Diagnosing the Health of Marine Ecosystems for the Responsible Use of Marine Living Resource...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 齊藤 誠一
本研究の目的は、北東太平洋のアラスカ湾循環域では、サケ・マス類、シマガツオ、アカイカを高次の鍵種とし、南東ベーリング海大陸棚周辺海域ではスケトウダラを鍵種として、生態系の低次から高次までの各種生物個体群が、生息域の物理・生物環境の変化にどのように応答しているかを解明することにあった。また、東西の循環生態系における基礎生産システムの違い(鉄による制限)がどのようにそれぞれの生態系を特徴づけているか、船舶による観測と衛星観測を統合して解明することであった。さらに、海洋生物の分布と資源量評価のた...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 綿貫 豊
水深温度記録によるウトウの採食範囲の推定と加速度記録計によるウミガラスとヨーロッパヒメウの潜水行動記録の解析をおこなった。北海道天売島のウトウに水圧温度記録データロガーを装着しその潜水行動と同時に鉛直水温プロファイルを測定し、北海道水産試験場の調査船によって周辺海域の海洋観測を、2002年と2003年6月に実施した。両者の水温プロファイルの一致からウトウの採食場所を推定した。キャリブレーションをおこない、この方法で個体の採食場所をおおまかに解析することが可能であると判断された。2002年に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 齊藤 誠一
「いつ、どこで、どのくらい資源を利用して良いか」予測するためには、宇宙からの海洋計測である衛星リモートセンシングと、計量魚群探知機や光音響探査などの水中リモートセンシング、さらに定量生物採集装置によるダイレクトセンシングなどを組み合わせた、生物生産環境と生物資源の多次元(3次元、4次元)計測に関する新しい分野を開拓していくことが急務である。3周波型計量魚群探知機および曳航式トランスデューサを用いてスルメイカ資源を調査し、リアルタイム型曳航式CTD計により3次元海洋環境をモニタリングする。同...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 桜井 泰憲
短・中長期の気候変化に伴うスルメイカの再生産-加入海域の物理・生物的環境の時空間的変化が,再生産-加入過程を通して,どのように資源変動へと影響するかの解明を目的とし,以下の成果を得た。(1)秋の再生産海域(隠岐諸島周辺海域)をモデル海域として,ROVによる卵塊探査を実施し,2000年11月に,隠岐諸島北方の対馬暖流内において,水深100m前後の混合層下部(水温躍層,以下MLDと略)付近で,スルメイカの卵塊と思われる映像を得ることができた。(2)申請年度(平成12-14年度)に,隠岐諸島周辺...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(B), 特定領域研究)
研究期間: 1999年 - 2002年    代表者: 古谷 研
光生物学的な手法により北東アジア縁辺海の基礎生産力をモニターするための手法に関して以下の成果が得られた。1.太陽光による励起により植物プランクトンから発生するクロロフィル蛍光から基礎生産速度を見積もるアルゴリズムを確立した。これにより測器を一定水深に吊下することで基礎生産力を連続的にモニターすることが可能になった。2.東シナ海および日本海で得られた光生物学的パラメーターの観測結果を用いて、既往の全球基礎生産力アルゴリズムの検証実験を行った。その結果、PBobtの見積が、各モデルにおける基礎...
文部科学省: 科学研究費補助金(地域連携推進研究費)
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 岸浪 建史
・北大で観測された資源環境データの保存・公開のため「Web-XML分散資源環境データベースシステム」をRDBMS,Web,XML,Java技術を統合し開発した.(金井,田中,斎藤,飯田,谷,岸浪)・従来国内サービスが行われていなかった,GMS半球観測データのリアルタイムな数値データ提供が可能な「北大ひまわりサーバー」を開発した.(谷,矢沢,金井)・環境資源データの流通性・再利用性を高めるため,ISO19000準拠のUML/XML/Java3階層資源環境シミュレーション開発方法論を提案し,海...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究, 基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 池田 勉
平成10年度-12年度の夏季に北海道大学水産学部付属練習線おしょろ丸を用いて、アラスカ湾西経165度線、西経145度線、および南東ベーリング海においてのアラスカ大学およびワシントン大学との共同調査研究を実施した。その結果の概要を以下にまとめた。1.CTDによる両海域の物理環境調査および採水による基礎生産の現場測定と衛星情報との照合に関する共同研究では、ベーリング海においてココリス(円石藻類)の大発生に遭遇し、衛星観測に同期した船舶観測を実施し、その分布特性が明らかになった。2.各種プランク...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 齊藤 誠一
本研究の成果を以下にまとめた。1.夜間可視衛星画像の収集・処理とデータベース作成日本海および三陸沖が晴れている夜間OLS可視画像を収集・処理をおこない、1994年から1999年までの6年間の漁船分布データベースを作成した。2.衛星海面温度およびクロロフィルa画像の収集・処理とデータベース作成OLS画像と同様に1994年から1999年まで6年間のNOAA衛星AVHRR海面温度画像を作成した。また、1996年11月から1997年6月まではOCTSクロロフィルa画像、1997年10月から1999...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 桜井 泰憲
本研究は,スルメイカを対象として,それらの資源変動に大きく関わる再生産機構の解明を目的に,産卵前後の雌イカの行動,水槽内での卵塊の挙動,ROVによる卵塊の海中探査,再生産仮説の設定,海洋GISによる好適な再生産海域の季節別・年別抽出を行い,物理環境の経年変化に伴う再生産の成否と資源変動との関係を調べた.成果の概要は,下記の通りである.産卵前後の雌イカの行動:飼育下での産卵前後の観察から,産卵前日には,必ず水槽底に座ることが明らかとなった.実際の産卵海域でも,産卵には海底(陸棚)が必要と思わ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 三宅 秀男
親潮の噴火湾への流入に伴う、水塊および流れ、成層などの海洋構造やその変動と、それに伴う低次生産量の変動過程を、係留系、リモートセンシング、船舶観測の3つの方法を組み合わせて解明した。その成果は以下の通りである。1)1997年の親潮の湾内流入は、層厚が薄く、水温や塩分も高かった。現場でのクロロフイルa量やセジメント・トラップによる沈降有機粒子フラックスから3月中旬の植物ブルームは弱かった。これは、上記のように親潮の本流の流入が弱く、成層(静安定度)が弱かったためであると推定した。2)3月18...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 大谷 清隆
本国際共同研究は、ベーリング海生態系の重要な鍵種であるスケトウダラを含む魚類の再生産機構に関わる生物生産と、大気・海洋変動との応答の解明を目的として、アラスカ大学フェアバンクス校水産・海洋学部との大学間協定に基づく共同研究として実施した。具体的には、平成7年度から9年度までの3年間、北海道大学練習船「おしょろ丸」による7、8月の北洋実習航海を利用して、南東ベーリング海およびセントローレンス島の南側の冷水域であるポリニヤ海域で、海洋環境とプランクトン調査およびトロール試験操業による生物採集を...
文部科学省: 科学研究費補助金(総合研究(A), 基盤研究(A))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 斉藤 誠一
本研究では沿岸から外洋への物質輸送過程のなかで,表層から流出する過程に焦点を絞って,それを黒潮の流路変動という外洋からの強制力に対する応答として捉え,その過程を強制力に対する応答が異なると期待される東京湾,大阪湾,伊勢湾の3つの代表的な湾についてそのメカニズムを明らかにし,流出量を定量的に評価することを目的とした。数値モデリング、現場の海洋観測、衛星観測に関する研究者が「比較沿岸海洋学」を軸に共同研究をおこない新しい海洋学の方向性を見いだそうとした。衛星データを取り込んだ物理モデル開発に留...