基本情報

所属
北海道大学 大学院水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 資源生物学分野 教授
学位
農学博士(北海道大学)

J-GLOBAL ID
200901041072145387

外部リンク

1959年長野生まれ。1987年北海道大学農学博士(カモメ属2種の食性の種間・コロニー間および個体間変異)。1988年より1993年まで国立極地研究所助手。南極昭和基地でアデリーペンギンの調査。1994年北海道大学農学研究科助手、助教授をへて、2003年より同大学水産科学研究院准教授。北海道天売島で長期的海鳥モニタリングを継続するほか、英国、米国、オーストラリアの研究者と共同して、バイオロギング技術を使って海鳥の海上での行動を調べている。海鳥は、餌が豊富な場所をもとめて高速で広範囲を移動し、様々な海洋環境を利用しています。彼等の海洋における行動・生態を探ることで、いままでの方法ではとらえきれない、海洋環境変動と海洋生物の相互作用のメカニズム、漁業や海洋汚染などの人間による海洋生態系へのインパクトを理解することを目指しています。そのため、1)海鳥の採食範囲や採食時間、餌や繁殖成績の変化から気候変化が海洋生態系に与えている影響、2)移動履歴のわかった海鳥個体の体組織中の汚染物質を使った汚染度のマップ化、3)海鳥に装着したカメラの画像から見る漁船と海鳥の相互作用、を調べています。近年、風力発電施設の海鳥に対するリスク評価、マイクロプラスチックを含め海洋汚染が海洋生態系に与えるインパクトを、海鳥を通して探る研究なども展開しています。

学歴

  4

論文

  191

MISC

  45

書籍等出版物

  11

共同研究・競争的資金等の研究課題

  16