綿貫 豊

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/05 16:10
 
アバター
研究者氏名
綿貫 豊
 
ワタヌキ ユタカ
URL
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~s16802/Watanuki2012.html
所属
北海道大学
部署
大学院水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 資源生物学分野
職名
教授
学位
農学博士(北海道大学)

プロフィール

1959年長野生まれ。1987年北海道大学農学博士(カモメ属2種の食性の種間・コロニー間および個体間変異)。1988年より1993年まで国立極地研究所助手。南極昭和基地でアデリーペンギンの調査。1994年北海道大学農学研究科助手、助教授をへて、2003年より同大学水産科学研究院准教授。北海道天売島で長期的海鳥モニタリングを継続するほか、英国、米国、オーストラリアの研究者と共同して、バイオロギング技術を使って海鳥の海上での行動を調べている。海鳥は、餌が豊富な場所をもとめて高速で広範囲を移動し、様々な海洋環境を利用しています。彼等の海洋における行動・生態を探ることで、いままでの方法ではとらえきれない、海洋環境変動と海洋生物の相互作用のメカニズム、漁業や海洋汚染などの人間による海洋生態系へのインパクトを理解することを目指しています。そのため、1)海鳥の採食範囲や採食時間、餌や繁殖成績の変化から気候変化が海洋生態系に与えている影響、2)移動履歴のわかった海鳥個体の体組織中の汚染物質を使った汚染度のマップ化、3)海鳥に装着したカメラの画像から見る漁船と海鳥の相互作用、を調べています。近年、風力発電施設の海鳥に対するリスク評価、マイクロプラスチックを含め海洋汚染が海洋生態系に与えるインパクトを、海鳥を通して探る研究なども展開しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院水産科学研究院  教授
 
2007年4月
 - 
2014年3月
北海道大学 大学院水産科学研究院  准教授
 
2003年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 大学院水産科学院 助教授
 
1997年4月
 - 
2003年3月
北海道大学 農学研究科 助教授
 
1993年10月
 - 
1997年3月
北海道大学 農学研究院 助手
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1978年3月
北海道大学 理類 
 
1978年4月
 - 
1981年3月
北海道大学 農学部 農業生物学科
 
1981年4月
 - 
1983年3月
北海道大学大学院 農学研究科修士課程 
 
1983年4月
 - 
1987年9月
北海道大学大学院 農学研究科博士課程 
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学  北極域研究センター運営委員会委員
 
2014年4月
 - 
現在
北海道  希少野生動植物保護対策検討委員会鳥類専門部会委員
 
2014年4月
 - 
現在
東京大学  大気海洋研究所協議会委員
 
2011年1月
 - 
現在
日本鳥学会  評議員
 
2011年1月
 - 
2013年12月
日本鳥学会  基金運営委員(委員長)
 

受賞

 
2009年2月
PacificSeabird Group Special Achievement Award
 
2009年3月
日本生態学会 大島賞
 

論文

 
Biotransport of metallic trace elements from marine to terrestrial ecosystems by seabirds.
Shoji A, Elliott KH, Aris-Brosou S, Mizukawa H, Nakayama SMM, Ikenaka Y, M. Ishizuka M, Kuwae T, K. Watanabe, Gonzalez JE, Y. Watanuki Y
Environ Toxicol Chem      2018年   [査読有り]
Global monitoring of persistent organic pollutants (POPs) using seabird preen gland oil.
Yamashita R, Hideshige Takada H, Nakazawa A, Takahashi A, Ito M, Yamamoto T, Watanabe YY, Kokubun N, Sato K, Wanless S, Daunt F, Hyrenbach D, Hester M, Deguchi T, Nishizawa B, Shoji A, Watanuki Y
Arch Environ Contam Toxicol   75 545-556   2018年   [査読有り]
Seabird densities and species and hydrographic features across Amchitka Pass, Aleutian Islands.
Nishizawa B, Ohnishi H, Watanuki Y
Fisheries Science      2018年   [査読有り]
Albatross chicks reveal interactions of adults with artisanal longline fisheries within a short range.
Thiebot J-B, Nishizawa B, Sato F, Tomita N. Watanuki Y
159 935-944   2018年   [査読有り]
Male and female Black-tailed Gulls feed on the same prey species but use different feeding habitats
Kazama K, Nishizawa B, Tsukamoto S, Gonzalez JE, Kazama MT, Watanuki Y
J Ornithol   159 923-934   2018年   [査読有り]
小黒亮・平田和彦・綿貫豊
日本鳥学会誌   67 101-107   2018年   [査読有り]
外洋表層の生態学的・生物学的重要海域特定への海鳥の利用
綿貫豊・山本裕・佐藤真弓・山本誉士・依田憲・高橋晃周
日本生態学会誌   68 81-99   2018年   [査読有り]
Factors affecting the importance of myctophids in the diet of the world’s seabirds.
Watanuki Y, Thiebot J-B
Mar Biol   165    2018年   [査読有り]
Global phenological insensitivity to shifting ocean temperatures among seabirds.
Keogan K, Daunt F, Wanless S, Phillips R, Walling C, Agnew P, Ainley D, Anker-Nilssen T, Ballard G, Barrett R, Barton K, Bech C, Becker PH, Berglund P-A, Bollache L, Bond A, Bouwhuis S, Bradley R, Burr Z, Camphuysen C, Catry P, Chiaradia A, Christensen-Dalsgaard S, Cuthbert R, Dehnhard N, Descamps S, Diamond A, Divoky G, Drummond H, Dugger K, Dunn M, Emmerson L, Erikstad KE, Fort J, Fraser W, Genovart M, Gilg O, Solís J, Granadeiro JP, Grémillet D, Hansen J, Hanssen SA, Harris M, Hedd A, Hinke J, Igual J-M, Jahncke J, Jones I, Kappes P, Lang J, Langset M, Lescroël A, Lorentsen S, Lyver P, Mallory M, Moe B, Montevecchi W, Monticelli D, Mostello C, Newell M, Nicholson L, Nisbet I, Olsson O, Oro D, Pattison V, Poisbleau M, Pyk T, Quintana F, Ramos J, Ramos R, Reiertsen T, Rodríguez C, Ryan P, Sanz-Aguilar A, Schmidt N, Shannon P, Sittler B, Southwell C, Surman C, Svagelj W, Trivelpiece W, Warzybok P, Watanuki Y, Weimerskirch H, Wilson P, Wood A, Phillimore A,Lewis S
Nature Climate Change   8 313-318   2018年   [査読有り]
Rhinoceros Auklet pair-mates migrate independently but synchronize their foraging activity during the pre-laying period.
Kubo A, Takahashi A, Thiebot J-B, Watanuki Y*
Ibis   180 832-845   2018年   [査読有り]

Misc

 
アホウドリ保全の新たな展開
綿貫 豊
生物の科学:遺伝   72 165-170   2018年   [依頼有り]
海洋汚染の生体影響を海鳥で測る
綿貫 豊
エブオブ   66 2-5   2017年   [依頼有り]
海鳥をつかった海洋プラスチックのモニタリングと生体影響評価
綿貫 豊
月刊海洋   49 654-661   2017年
Spatial ecology of marine top predators in the North Pacific: Tools for integrating across data sets and identifying high use areas.
Watanuki Y, Suryan RM, Sasaki H, Yamamoto T, Hazen EL, Renner M, Santra JA, O’Hara PD, Sydeman WJ
PICES Sci Rep   (50) 1-55   2017年
海鳥にとっての津軽海峡:オオミズナギドリの分布
綿貫豊・西沢文吾
水産海洋研究   80 247-248   2016年
オオミズナギドリをつかった海洋汚染モニタリング
山下麗・高田秀重・綿貫豊
月刊海洋   48 439-447   2016年
ウミスズメ科の多様性
綿貫 豊
Strix   32 3-16   2016年
生態系における汚染
綿貫豊・関島恒夫
生態学会誌   66 31-35   2016年
天売島のウトウの餌と繁殖成績の変化から見た日本海:2014年の激変
綿貫 豊
水産海洋研究   79 333-351   2015年   [依頼有り]
海鳥によるプラスチックの飲み込みとその影響
綿貫 豊
海洋と生物   215 596-605   2014年

書籍等出版物

 
汚染物質の源を求めて海鳥をトラッキングする バイオロギング2 日本バイオロギング研究会編 動物たちの知られざる世界を探る
綿貫 豊 (担当:共著, 範囲:97-100)
京都通信社   2016年   
海鳥のモニタリング法 生態学フィールド調査法シリーズ 占部城太郎・日浦 勉・辻 和希(編)
綿貫豊・高橋晃周 (担当:共著, 範囲:全て(1-136))
共立出版   2016年   
ペンギンはなぜ飛ばないのか?海を選んだ鳥たちの姿
綿貫 豊
恒星社厚生閣   2013年   
海鳥の行動と生態:その海洋生活への適応
綿貫豊
生物研究社   2010年   
鳥との共存を目指して(日本鳥類保護連盟編)
綿貫豊 (担当:分担執筆, 範囲:3章 3節 漁業)
中央法規   2010年   
動物たちの不思議に迫るバイオロギング(日本バイオロギング研究会編)
綿貫豊 (担当:分担執筆, 範囲:潜水能力の秘密は「はばたき調節」)
京都通信社   2009年   
地球と生命の進化学:新・自然史科学I(沢田健・綿貫豊・西弘嗣・栃内新・馬渡俊輔(編著))
綿貫豊 (担当:共編者, 範囲:ジュラ紀=白亜紀温室世界とその終焉—恐竜から鳥類へ)
北海道大学図書出版会   2008年   
これからの鳥類学 山岸哲、樋口広芳(編)
綿貫 豊 (担当:分担執筆, 範囲:オオセグロカモメはなぜ3卵しか産まないのか:生活史戦略研究の生理的基盤)
裳華房   2002年   
The Status, Ecology, and Conservation of Marine Birds of the North Pacific In: K Vermeer, KT Briggs, KH Morgan, D. Siegel-Causey (eds),
Vermeer K, Irons DB, Velarde E, Watanuki Y (担当:分担執筆, 範囲:Status, conservation, and management of nesting Larus gulls in the North Pacific.)
Canadian Wildlife Service Special Publication, Ottawa.   1993年   
生態学からみた北海道 東正剛、阿部永、辻井達一(編)
綿貫 豊 (担当:分担執筆, 範囲:コシジロウミツバメはなぜ月明りをさけるのか)
北大図書刊行会   1993年   

担当経験のある科目

 

Works

 
小笠原におけるクロアシアホウドリ採食行動
2008年
アラスカプリビロフ島におけるハシブトウミガラスの採食行動の研究
2004年 - 2007年
スコットランドメイ島における潜水性海鳥の潜水中の推進に関する研究
2003年 - 2006年
ルイパスツール大1ヶ月客員教授
2004年
オオミズナギドリの採食繁殖生態
2002年

競争的資金等の研究課題

 
洋上風力発電の建設から主要な海鳥繁殖地を守るセンシテイビテイマップの開発
環境省: 環境省環境研究総合推進費
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 関島恒夫
海洋プラスチックごみ及びその含有化学物質による生態影響評価
環境省: 環境省環境研究総合推進費
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 高田秀重
風力発電施設の建設による鳥衝突のリスク低減を目指した高精度鳥感度Mapの開発
環境省: 環境省環境研究総合推進費
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 関島恒夫
渡りと遺伝的分化に着目したアホウドリの保全単位の解析
文部科学省(日本学術振興会): 科学研究費補助金(挑戦的萌芽)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 綿貫 豊
動物装着ビデオを用いた漁船と海鳥の個体レベルでの相互作用の研究
文部科学省(日本学術振興会): 科学研究費補助金(基盤B海外)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 綿貫 豊
隠れた沿岸海洋ホットスポットを発見する技術の開発
文部科学省(日本学術振興会): 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 綿貫 豊
海鳥類の食性・分布特性の解明
水産庁: 国際資源評価など推進事業
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 綿貫 豊
海鳥を食物網と汚染のトレーサーとした海洋生態系モニタリング
文部科学省(日本学術振興会): 科学研究補助金(基盤A)
研究期間: 2007年4月 - 2013年3月    代表者: 綿貫 豊
外洋性アホウドリ類の混穫軽減を目的としたGPS及び映像を使った行動研究
文部科学省(日本学術振興会): 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 綿貫 豊
加速度のマイクロ計測による潜水性海鳥の最適採食行動の研究
文部科学省(日本学術振興会): 基盤研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 綿貫 豊