論文

査読有り
2018年

(アトムプローブ分析における電圧パルスとレーザーパルスの動的な切り替えによる交互電界蒸発システムの製作)

  • 谷口 昌宏
  • ,
  • 西川 治

記述言語
英語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.1002/sia.6559

アトムプローブでのパルス電界蒸発のためのトリガー機構につき新規の制御機構を製作し、それを金属試料につき適用した結果を報告した。通常の装置ではレーザーパルスあるいは電圧パルスのいずれかを用いるが、二種類のパルスを交互に用いる既報の方法に加え、いずれかのパルスでイオンが検出された時点で動的に他方のトリガーに切り替えて測定を行なう新しい機構を実装した。これを用いて金属試料を分析したところ、目的の通り交互の電界蒸発が達成されたこと、その状態でも空間情報が保持されていることなどが確認された。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1002/sia.6559
ID情報
  • DOI : 10.1002/sia.6559

エクスポート
BibTeX RIS