YOSHIDA Masao

J-GLOBAL         Last updated: Dec 20, 2019 at 02:38
 
Avatar
Name
YOSHIDA Masao
E-mail
yoshidakoshigaya.bunkyo.ac.jp
Affiliation
Bunkyo University
Section
Faculty of Education, School Education Course
Job title
Professor
Research funding number
20261373

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1993
 - 
Mar 2010
Hokkaido University of Education Asahikawa Campus
 
Apr 2010
   
 
Bunkyo University
 

Education

 
Apr 1981
 - 
Mar 1983
School Subject Education, the Graduate School of Education, Hyogo University of Teacher Education
 

Published Papers

 
論理整合的・価値整合的意思決定能力育成のための社会科授業モデルとその実践
Journal of Educational Research on Social Studies   (34) 41-50   Mar 1986   [Refereed]
A Study on the "Techniques of Persuasion" Used in the Elementary Social Studies Textbooks
Journal of Educational Research on Social Studies   (38) 42-58   Mar 1990   [Refereed]
A Conversion of Information Industry Learning by Applying Media-Literacy Theory: Aiming at the New Principle for Constructing the Unit Fusing Social Studies and Integrated Studies
Journal of Educational Research on Social Studies   (51) 21-30   Nov 1999   [Refereed]
New Lesson Type of "Learning about Historical Characters" to Enhance the Ability of Planning the Social System
Journal of Educational Research on Social Studies   (58) 1-10   Mar 2003   [Refereed]
The Distribution of School Knowledge in the Social Studies: Supplementary Readers used in Elementary Schools in Hokkaido, 1997
The Journal of Social Studies   (82) 1-12   Nov 1999   [Refereed]

Books etc

 
Let's do 社会科 ―その現在と未来 -
吉田正生 (Part:Editor, まえがき;第1部(1章、2章);第2部(小3~小5の学習指導案);あとがき)
文教大学出版事業部   Apr 2014   ISBN:978-4-904035-73-3
 社会科教育原論と学習指導案を載せた講義用テキストである。
 一般に社会科は、歴史学や地理学の成果を学習し、知識を暗記する教科と思われている。そうした「社会科=暗記教科」イメージをひっくり返し、学生一人ひとりに、自分なりの社会科授業論を持たせることをねらいとし、そのために次のような内容を取り上げた。
 暗記社会科を乗り越えるために、社会科研究者や実践者がこれまで行ってきた努力とその成果を「社会科授業改善動向」と呼び、それを大きく二つに分けた。一つが「楽しい志向の社会科授業改善動向」、いま一...
社会科教授用図書におけるアイヌ民族関係記述の生成と展開
吉田正生
風間書房   Dec 2012   
 本書は、アイヌ民族を取り上げた「教科教育実践」を研究対象とし、隣接の社会諸科学とは異なった社会科教育学固有のアプローチにより、諸実践の特徴・問題点などを明らかにしようとしたものである。ここでいう「教科教育実践」とは、カリキュラム・授業(の創造・実践)、教科書・副読本(の作成)である。
 本研究では、これらのうち中学校社会科教科書(歴史的分野)、そして道内の小学校社会科副読本を取り上げ、それらにおけるアイヌ民族関係記述の実態と変遷、そしてその背景にある生成要因を明らかにしようとしている。実...
英国市民教育の批判的摂取に基づく小中高一貫シチズンシップ教育カリキュラム開発
水山光春、池野範男、中西仁、藤原孝章、吉村功太郎、蔡秋英、李貞姫、古賀荘一郎
2007‐2010科研費研究成果報告書   Mar 2011   
Citizenship Education in Japan
Norio Ikeno, Kazuhiko Iwata, Kazuya Taniguchi, Tomoyuki Kobara,Hirokazu Kimura, Kotari Yoshimura, Takaaki Fujiwara, Mitsuharu Mizuyama, Kazuhiko Kusahara, Kazuhiro Mizoguchi, Soji Katakami, Yoshiharu Toda, Kenji Tanahashi, Bernard Cric John J. Cogan
Continuum International Publishing Group   Mar 2011   ISBN:9781847065612
社会科における「情報ーメディア学習」のカリキュラム開発
上田祐二、黒谷和志、本松章宏、中村雅美、望月俊綱 (Part:Joint Editor)
平成22年度文教協会研究助成金研究成果報告書   Mar 2011