論文

査読有り
2013年12月5日

小学校社会科「社会参画学習」の授業プラン

社会系教科教育学研究
  • 吉田正生

25
開始ページ
11
終了ページ
20
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
社会系教科教育学会

本論は、平成20年版学習指導要領が強調する社会参画力の育成を図る社会科授業の開発を目的としたものである。従来からある「社会問題科」も社会に働きかける力を持った国民の育成を意識したものであるが、~~ができるようにするためにはどのような知識や技能を教えるべきかという観点からは不十分と思われる。<br />
そこで本論では、社会科は、現在と未来のためのソーシャリゼーションを図る教科であるという立場を取り、社会的アクターの育成を図るにはどうしたらよいかという観点から授業モデルを構築し、教材として「なずなの会」――文教大学性が作っている障碍児のためのボランティア団体――を教材にして、授業プランを開発した。<br />
但し、社会科は認識教科である、実際の行為・活動は特別活動や「総合」の時間で行うものであるという立場をとり、「公‐共‐商‐私」それぞれの圏域のアクターとして何ができるか(すべきでないか)を考えるものにした。