FUJITA Kinya

J-GLOBAL         Last updated: Oct 5, 2019 at 22:05
 
Avatar
Name
FUJITA Kinya
URL
http://www.tuat.ac.jp/~kfujita/
Affiliation
Tokyo University of Agriculture and Technology
Section
Institute of Engineering, Division of Advanced Information Technology & Computer Science
Job title
Professor
Degree
Ph.D(Keio University), M.S.(Keio University)
Other affiliation
Tokyo University of Agriculture and TechnologyTokyo University of Agriculture and Technology

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
May 2003
東京農工大学工学部情報コミュニケーション工学科助教授, -
 
Apr 2002
 - 
Mar 2005
メディア教育開発センター共同研究員, -
 
Jun 2003
 - 
Mar 2004
東京農工大学工学部情報コミュニケーション工学科教授, -
 
Apr 1996
 - 
Feb 1997
Division of Neuroscience, University of Alberta
 

Education

 
Apr 1979
 - 
Mar 1983
電気工学科, Faculty of Engineering, Keio University
 
Apr 1983
 - 
Mar 1985
Graduate School, Division of Engineering, Keio University
 
Apr 1985
 - 
Mar 1988
Graduate School, Division of Science and Engineering, Keio University
 

Committee Memberships

 
Mar 2016
   
 
Virtual Reality Society Japan  Board member
 
Mar 2010
 - 
Mar 2014
Virtual Reality Society Japan  Board member
 

Awards & Honors

 
Mar 2013
ボイスチャット中の音声情報に基づく会話活性度推定方法の検討, ヒューマンインタフェース学会論文賞
Winner: 守屋悠里英,田中貴紘,藤田欣也
 
Sep 2011
振動ファントムセンセーションの位置制御による指先への接線力と滑りの代替提示, 日本バーチャルリアリティ学会論文賞, 日本バーチャルリアリティ学会
Winner: 大丘達也,藤田欣也
 
Sep 2009
視点移動映像視聴時の注視と予告の酔いと速度感および注視行動への影響, 日本バーチャルリアリティ学会論文賞, 日本バーチャルリアリティ学会
Winner: 磯部祐輔,藤田欣也
 
Mar 2012
ボイスチャット中の音声情報に基づく会話活性度推定可能性の検討, ヒューマンインタフェース学会研究会賞, ヒューマンインタフェース学会
Winner: 守屋悠里英,田中貴紘,宮島俊光,藤田欣也
 
Sep 2013
日本バーチャルリアリティ学会サイバースペースと仮想都市研究委員会サイバースペース研究賞
Winner: 藤田欣也,安部亮介,田中貴紘,青木和昭
 

Published Papers

 
K. Takashima, H. Yokoyama, and K. Fujita
IEICE Transactions on Information and Systems   E102-D(9) 1808-1818   Sep 2019   [Refereed]
Y. Kobayashi, Y. Fujimoto, and K. Fujita
IEEE ACCESS   7 94084-94096   Jul 2019   [Refereed]
M. Komori, Y. Fujimoto, J. Xu, K. Tasaka, H. Yanagihara, and K. Fujita
Lecture Notes in Computer Science   11566 527-539   Jun 2019   [Refereed]
H. Yokoyama, M. Nakayama, H. Murata, and K. Fujita
IEICE Transactions on Information and Systems   E102-D(2) 331-345   Feb 2019   [Refereed]
Y. Fujimoto, and K. Fujita
IEEE ACCESS   7 12206-12219   Jan 2019   [Refereed]
K.Komuro, Y.Fujimoto and K.Fujita
Lecture Notes in Computer Science   10272 687-699   Jul 2017   [Refereed]
荒川大樹,小粥大敬,藤本雄一郎,藤田欣也
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   22(1) 103-112   Mar 2017   [Refereed]
Y.Kobayashi, T.Tanaka, K.Aoki and K.Fujita
Lecture Notes in Computer Science   9169 370-380   Aug 2015   [Refereed]
H.Iga, T.Tanaka, K.Aoki and K.Fujita
Lecture Notes in Computer Science   9169 350-359   Aug 2015   [Refereed]
R.Nakagawa and K.Fujita
Lecture Notes in Electrical Engineering   277 157-159   Jun 2015   [Refereed]

Misc

 
オフィスにおける集中とコミュニケーションの両立
藤田欣也
ヒューマンインタフェース学会誌   20(2) 52-56   May 2018
離れていても一緒に働ける超臨場感テレワーク
久木元伸如,櫻井広幸,藤田欣也
芸術科学会誌DiVA   40(3) 29-32   Jun 2016
Estimation of Uninterruptibility of Office Workers
Takahiro Tanaka and Kinya Fujita
Trans. IEICE   95(5) 457-460   May 2012

Books etc

 
人工知能学大事典
人工知能学会編 (Part:Contributor)
共立出版   Jul 2017   
手の百科事典
バイオメカニズム学会編 (Part:Editor)
朝倉書店   Jun 2017   ISBN:978-4-254-10267-3

Conference Activities & Talks

 
指先での精密作業のための運動成分を分離した手・指モデル
高橋哲生,近藤恵太,藤本雄一郎,藤田欣也
日本バーチャルリアリティ学会第23回大会   20 Sep 2018   日本バーチャルリアリティ学会
スマートフォンで検出された作業遷移とPC操作情報に基づく作業者の割り込み拒否度推定
小室喬平,藤本雄一郎,藤田欣也
ヒューマンインタフェース学会ヒューマンインターフェースシンポジウム'18   7 Sep 2018   ヒューマンインタフェース学会
独居者宅内での行動遷移に基づく音声情報提示機会の推定にむけた実験的検討
小森光月,藤本雄一郎,徐建鋒,田坂和之,柳原広昌,藤田欣也
ヒューマンインタフェース学会ヒューマンインターフェースシンポジウム'18   6 Sep 2018   ヒューマンインタフェース学会
Cognitive and anticipated properties of the moving object with age [Invited]
M.Takeichi, T.Arai and K.Fujita
European Conference on Visual Perception 2018   28 Aug 2018   ECVP
VR環境における剛体で構成された手の柔らかさの模擬
井口雄介,藤田欣也
日本バーチャルリアリティ学会第20回ハプティクス研究会   14 Mar 2018   日本バーチャルリアリティ学会

Research Grants & Projects

 
過酷事象対応能力向上のための状況適応的システムの実現に関する研究
Project Year: 2016 - 2018
作業状況の予測に基づく知的活動を阻害しない割り込み調停
Project Year: 2014 - 2017
立体映像に触覚を付加するウェアラブルハプティック技術の開発
Project Year: 2014 - 2016
作業を阻害しない情報提示のための室内の知的活動状況の推定
Project Year: 2011 - 2013
ウェアラブル疑似6自由度力覚提示システムの開発
Project Year: 2011 - 2012