KATAOKA Noriyuki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2019 at 02:55
 
Avatar
Name
KATAOKA Noriyuki
Affiliation
Nihon University
Section
College of Engineering, Department of Mechanical Engineering
Job title
Professor
Degree
Master of Engineering(Keio University), Doctor(Engineering)(Tohoku University)

Academic & Professional Experience

 
Oct 1992
 - 
Mar 1997
助手, 東北大学 工学部 機械電子工学科
 
Apr 1997
 - 
Mar 1998
助手, 東北大学大学院工学研究科機械電子工学専攻
 
Apr 1998
 - 
Mar 2007
講師, 川崎医療短期大学 臨床工学科
 
Apr 2004
 - 
Aug 2005
Post Doctoral Fellow, Department of Biomedical Engineering, Georgia Institute of Technology
 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
准教授, 川崎医療福祉大学 医療技術学部 臨床工学科
 

Education

 
Apr 1985
 - 
Mar 1989
機械工学科, 理工学部, 慶應義塾大学
 
Apr 1989
 - 
Mar 1991
生体医工学専攻, 理工学研究科, 慶應義塾大学
 
Mar 1991
 - 
Sep 1992
生体医工学専攻, 理工学研究科, Keio University
 
 
 - 
1989
Department of Mechanical Engineering, Faculty of Science and Engineering, Keio University
 
 
 - 
1992
Department of Biomedical Engineering, Graduate School, Division of Science and Engineering, Keio University
 

Awards & Honors

 
2004
岡山大学医学賞 砂田賞
 
2004
西日本泌尿器科学会 重松賞
 
2002
日本機械学会バイオエンジニアリング部門瀬口賞
 
1999
科学新聞賞研究奨励賞
 
1999
第13回日本ME学会秋季大会若手研究者発表会 大会長賞
 

Published Papers

 
Mechanical Role of Nesprin-1-Mediated Nucleus–Actin Filament Binding in Cyclic Stretch-Induced Fibroblast Elongation
Naoya Sakamoto, Mai Ogawa, Kiyomi Sadamoto, Masaki Takeuchi and Noriyuki Kataoka
Cellular and Molecular Bioengineering   10(4) 327-338   Apr 2017   [Refereed]
単球挙動解析によるエラグ酸の抗動脈硬化作用の細胞工学的検証
片岡則之、長野隆男
川崎医療福祉学会誌   25(2) 269-279   Jan 2016   [Refereed]
Systematic profiling of spatiotemporal tissue and cellular stiffness in the developing brain
M. Iwashita, N. Kataoka, K. Toida, and Y. Kosodo
Development   141(19) 3793-3798   2014   [Refereed]
Increased Passive Stiffness of Cardiomyocytes in the Transverse Direction and Incomplete Relaxation in Hypertrophied Rat Hearts Induced by Chronic β-adrenergic Stimulation
W. S. Yoshikawa, K. Nakamura, D. Miura, J. Shimizu, K. Hashimoto, N. Kataoka, H. Toyota, H. Okuyama, T. MiyoshiI, H. Morita, K. F. Kusano, T. Matsuo, M. Takaki, F. Kajiya, N. Yagi, T. Ohe and H. Ito
Circulation Journal   77(3) 741-748   2013   [Refereed]
Prostaglandin I2 induces apoptosis via upregulation of Fas ligand in pulmonary artery smooth muscle cells from patients with idiopathic pulmonary arterial hypertension
S. Akagi, K. Nakamura, H. Matsubara, K. Fukushima-Kusano, N. Kataoka, T. Oto, K. Miyaji, A. Miura, A. Ogawa, C. Yutani and H. Ito
International Journal of Cardiology   165(3) 499-505   2013   [Refereed]

Misc

 
ナノイメージングからフィジオームへの進化 −血管内皮細胞のナノ/マイクロイメージング
分子心血管病   vol. 4, No. 5, 513-520    2003   [Invited]
フィジオームとバイオレオロジー
日本バイオレオロジー学会誌   vol. 14 No. 4、pp. 107-115    2001   [Invited]
動脈硬化発生過程における内皮機能変化と単球の接着・浸潤
日本バイオレオロジー学会誌   vol. 15, No. 2, pp.6-12    2001   [Invited]
レオロジー因子と心疾患
臨床成人病   vol. 30, No. 2、pp. 227-232    2000   [Invited]
力学刺激と内皮細胞骨格構造の変化
日本バイオレオロジー学会誌   12(4) 29-41   1998   [Invited]

Books etc

 
Vascular Engineering
Noriyuki Kataoka (Part:Joint Work, Chap. 8 Mechanobiology of Endothelial Cells Related to the Formation of Arterial Disease)
Springer   Mar 2016   ISBN:978-4-431-54800-3
臨床工学講座 生体物性・医用材料工学「3章 生体の機械的特性」
医歯薬出版   2010   
2.1.5 細胞生物学的方法、機械工学便覧β8 生体工学
丸善   2007   
第1章 腎臓病の分子生物学 3.ナノ/マイクロテクノロジーからみた内皮細胞と単球のinteraction
「先端医療シリーズ31」 腎臓病 —診断と治療の最前線   2005   
冠循環のバイオメカニクス、第3章ノート:メカノストレスと生体反応(共著)
コロナ社   2001   

Conference Activities & Talks

 
骨芽細胞様株化細胞の石灰化及び分化に及ぼす長期力学刺激負荷の影響
中嶋一雅、小松原和矩、長谷川翔大、下權谷祐児、片岡則之
日本機械学会 第30回バイオフロンティア講演会   20 Jul 2019   日本機械学会
急拡大流路内渦形成部における培養内皮細胞の F-アクチンフィラメント及び形態変化
菅野健太、佐藤圭、古川淳、下權谷祐児、片岡則之
日本機械学会 第30回バイオフロンティア講演会   19 Jul 2019   日本機械学会
繰り返し伸展刺激による繊維芽細胞核の弾性特性変化における核膜タンパク質の役割
香嶋謙志郎,竹内雅貴,片岡則之,坂元尚哉
日本機械学会 第31回バイオエンジニアリング講演会   14 Dec 2018   日本機械学会
3 次元培養モデルを用いた流れ場でのメラノーマ細胞の実時間観察
斎藤雅史、菅野健太、霜田浩貴、竹下彪我、堤浩平、片岡則之
日本機械学会 第31回バイオエンジニアリング講演会   14 Dec 2018   日本機械学会
血管新生解析のための三次元培養モデルの構築
伊藤皓平、菅野健太、齊藤彩乃、滝本瑞穂、鈴木きら楽、片岡則之
日本機械学会 第31回バイオエンジニアリング講演会   14 Dec 2018   日本機械学会

Research Grants & Projects

 
単球の内皮下浸潤過程におけるアクチンおよびPECAM-1ダイナミクス観察
両備てい財団: 
Project Year: 2012 - 2013    Investigator(s): 片岡則之
遊走中の白血球内のアクチンダイナミクス解析
(財)ウエスコ学術振興財団: 
Project Year: 2012 - 2012    Investigator(s): 片岡則之
心筋組織の発達過程における筋線維構築と収縮特性の統合的解析
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): 清水壽一郎
内皮細胞層中の白血球浸潤部位に関するバイオメカニクス的検討
Project Year: Apr 2011 - Mar 2013    Investigator(s): 片岡則之